Web音遊人(みゅーじん)

連載31[ジャズ事始め]渡辺貞夫が自らのジャズとして打ち立てた3本の軸

アメリカ滞在を切り上げた渡辺貞夫が、自らのジャズにとって“本題”としたであろう“ブラジルのボサノヴァとジャズの融合”を打ち出したのが、1966年制作の『ジャズ&ボッサ』。

それから、1969年にレーベルを移籍するまでに、14枚のアルバムを制作している。

『ジャズ&ボッサ』を含めて15作のうち、ボサノヴァを連想させるアルバム・タイトルが付いたものは6作。その他、タイトルにこそボサノヴァの影はないものの収録曲には取り上げた作品を入れると全体の6割となり、この時期の彼のボサノヴァに対する“執着”はかなりのものだったことを示している。

さらに、インド音楽に傾倒していたチャーリー・マリアーノとの共演作(『イベリアン・ワルツ』『ウィ・ガット・ア・ニュー・バッグ』)もあるのだから、レコード会社の方針というバイアスがあったことを差し引いても、彼の視線は“ジャズの本流”に向いていなかったと言わざるを得ない。

つまり、本場=アメリカのジャズを学ぶためにアメリカに行ったはずの彼が、『ジャズ&ボッサ』を皮切りに打ち出した“自分自身のためのジャズ”は、決して“ジャズの本流”と思われていたスウィングやビバップを“上手に真似ること”ではなかったということだ。

1969年の『パストラル』では、ある意味でそれまでのジャズっぽさを感じさせない、“牧歌的”と評されるオリジナル曲で全編を構成し、カヴァーを軸とした自己表現から次のステップへ駒を進めたことを内外に示した。

と、ここまでが(『ジャズ&ボッサ』から)3年。

そして、そのまた3年後の1972年に、TV番組の仕事を兼ねたアフリカ訪問で知ることになった、アフリカのプリミティヴな要素が加わることになる。

以降、渡辺貞夫の活動は、ビバップ(特にチャーリー・パーカー)をリスペクトしたもの、サンバやボサノヴァなどブラジル音楽をリスペクトしたもの、そしてアフリカの民族音楽に傾倒したものという、3本の軸を使ってアルバムやライヴを展開。

その時々の先端的なサウンドを発信するミュージシャンとのコラボレーションも交えながら、基本的には1966年からブレることなく3つの糸を絡めながら新しい柄を織り出しているのが、“渡辺貞夫のジャズ”なのではないか──それが、ボクの“渡辺貞夫”の印象だ。

こうした変化と決断を、彼のインタヴューや著書から探るのはなかなか難しい。ボクもかつて、新作のインタヴューで過去の話を聞こうとしたら、「そういうのはもういいよ……」と、やんわりと断わられた経験がある。前しか向いていない人はそうなのだろうと納得し、その質問は保留することにした。

だが、“渡辺貞夫のジャズ”が席巻して“日本のジャズ”を象徴するようになってしまった以上、評論をするものとして過去を“昔の話”にしておくことはできない。

ということで、次回からは、渡辺貞夫のあとを追うようにバークリー音楽大学へ留学して、現在も第一線で活躍している佐藤允彦の著作をもとに、気になった部分をコラージュしながら、“日本のジャズ”の源流へと遡ってみたい。

「ジャズ事始め」全編 >

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

特集

今月の音遊人 千住真理子さん

今月の音遊人

今月の音遊人:千住真理子さん「いろいろな空間に飛んでいけるのが音楽なのですね」

5643views

音楽ライターの眼

UKパンク・ロックの伝説ザ・ダムドがオリジナル編成で2021年に復活

2407views

STAGEA(ステージア)ELB-02 - Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

見ているだけでわくわくする!弾きたい気持ちにさせるエレクトーン

5542views

楽器のあれこれQ&A

いつも清潔にしておきたい!ピアニカのお手入れ、お掃除方法

145968views

【動画公開中】沖縄民謡アーティスト上間綾乃がバイオリンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】沖縄民謡アーティスト上間綾乃がバイオリンに挑戦!

6412views

重田克美

オトノ仕事人

スポーツやイベントの会場で、選手やお客様のためにいい音環境を作る/音響エンジニアの仕事

5742views

弦楽四重奏を聴くことが人生の糧となるように/第一生命ホール

ホール自慢を聞きましょう

弦楽四重奏を聴くことが人生の糧となるように/第一生命ホール

5409views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

4597views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

21900views

スイング・ビーズ・ジャズ・オーケストラのメンバー

われら音遊人

われら音遊人:震災の年に結成したビッグバンド、ボランティア演奏もおまかせあれ!

3447views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.8 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

初心者も経験者も関係ない、みんなで音を出しているだけで楽しいんです!

3531views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

6728views

今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

5981views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

18760views

ジャズとデュオの新たな関係性を考える

音楽ライターの眼

ジャズとデュオの新たな関係性を考えるvol.10

3321views

楽器博物館の学芸員の仕事 Web音遊人

オトノ仕事人

わかりやすい言葉で、知られざる楽器の魅力を伝えたい/楽器博物館の学芸員の仕事(後編)

5703views

われら音遊人

われら音遊人:みんなの灯をひとつに集め、大きく照らす

3609views

楽器探訪 Anothertake

バンドメンバーになった気分でアンサンブルを楽しめるクラビノーバ「CVP-800シリーズ」

5010views

サントリーホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

クラシック音楽の殿堂として憧れのホールであり続ける/サントリーホール 大ホール

16903views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は人前で演奏してこそ、上達していくものなのだろう

5647views

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

楽器のあれこれQ&A

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

14852views

こどもと楽しむMusicナビ

1DAYフェスであなたもオルガン博士に/サントリーホールでオルガンZANMAI!

852views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

23510views