Web音遊人(みゅーじん)

連載31[ジャズ事始め]渡辺貞夫が自らのジャズとして打ち立てた3本の軸

アメリカ滞在を切り上げた渡辺貞夫が、自らのジャズにとって“本題”としたであろう“ブラジルのボサノヴァとジャズの融合”を打ち出したのが、1966年制作の『ジャズ&ボッサ』。

それから、1969年にレーベルを移籍するまでに、14枚のアルバムを制作している。

『ジャズ&ボッサ』を含めて15作のうち、ボサノヴァを連想させるアルバム・タイトルが付いたものは6作。その他、タイトルにこそボサノヴァの影はないものの収録曲には取り上げた作品を入れると全体の6割となり、この時期の彼のボサノヴァに対する“執着”はかなりのものだったことを示している。

さらに、インド音楽に傾倒していたチャーリー・マリアーノとの共演作(『イベリアン・ワルツ』『ウィ・ガット・ア・ニュー・バッグ』)もあるのだから、レコード会社の方針というバイアスがあったことを差し引いても、彼の視線は“ジャズの本流”に向いていなかったと言わざるを得ない。

つまり、本場=アメリカのジャズを学ぶためにアメリカに行ったはずの彼が、『ジャズ&ボッサ』を皮切りに打ち出した“自分自身のためのジャズ”は、決して“ジャズの本流”と思われていたスウィングやビバップを“上手に真似ること”ではなかったということだ。

1969年の『パストラル』では、ある意味でそれまでのジャズっぽさを感じさせない、“牧歌的”と評されるオリジナル曲で全編を構成し、カヴァーを軸とした自己表現から次のステップへ駒を進めたことを内外に示した。

と、ここまでが(『ジャズ&ボッサ』から)3年。

そして、そのまた3年後の1972年に、TV番組の仕事を兼ねたアフリカ訪問で知ることになった、アフリカのプリミティヴな要素が加わることになる。

以降、渡辺貞夫の活動は、ビバップ(特にチャーリー・パーカー)をリスペクトしたもの、サンバやボサノヴァなどブラジル音楽をリスペクトしたもの、そしてアフリカの民族音楽に傾倒したものという、3本の軸を使ってアルバムやライヴを展開。

その時々の先端的なサウンドを発信するミュージシャンとのコラボレーションも交えながら、基本的には1966年からブレることなく3つの糸を絡めながら新しい柄を織り出しているのが、“渡辺貞夫のジャズ”なのではないか──それが、ボクの“渡辺貞夫”の印象だ。

こうした変化と決断を、彼のインタヴューや著書から探るのはなかなか難しい。ボクもかつて、新作のインタヴューで過去の話を聞こうとしたら、「そういうのはもういいよ……」と、やんわりと断わられた経験がある。前しか向いていない人はそうなのだろうと納得し、その質問は保留することにした。

だが、“渡辺貞夫のジャズ”が席巻して“日本のジャズ”を象徴するようになってしまった以上、評論をするものとして過去を“昔の話”にしておくことはできない。

ということで、次回からは、渡辺貞夫のあとを追うようにバークリー音楽大学へ留学して、現在も第一線で活躍している佐藤允彦の著作をもとに、気になった部分をコラージュしながら、“日本のジャズ”の源流へと遡ってみたい。

「ジャズ事始め」全編 >

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

特集

宮本笑里

今月の音遊人

今月の音遊人:宮本笑里さん「あの一音目を聴いただけで、救われた気持ちになりました」

9133views

音楽ライターの眼

【ジャズの“名盤”ってナンだ?】#000 “100年の歴史”をジャズの録音音源で再考するシリーズ序章

1766views

豊かで自然な音と響きを再現するサイレントバイオリン「YSV104」

楽器探訪 Anothertake

アコースティックの豊かで自然な音色に極限まで迫る、サイレントバイオリン™「YSV104」

11884views

楽器のあれこれQ&A

ピアノ講師がアドバイス!練習の悩みを解決して、上達しよう

4183views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目のピアノデュオ鍵盤男子の二人がチェロに挑戦!

8297views

オトノ仕事人

あらゆるトラブルに対応できる、優れたリペア技術者を世に送り出す/管楽器のリペア技術者を育てる仕事

5864views

水戸市民会館

ホール自慢を聞きましょう

茨城県最大の2,000席を有するホールを備えた、人と文化の交流拠点が誕生/水戸市民会館 グロービスホール(大ホール)

4980views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

13735views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

24027views

5 Gravities

われら音遊人

われら音遊人:5つの個性が引き付け合い、多様な音楽性とグルーヴを生み出す

1771views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は人前で演奏してこそ、上達していくものなのだろう

8093views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

29868views

【動画公開中】沖縄民謡アーティスト上間綾乃がバイオリンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】沖縄民謡アーティスト上間綾乃がバイオリンに挑戦!

9115views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

10045views

【クラシック名曲 ポップにシン・発見】(Phase21)モーツァルト「ピアノ協奏曲第20番ニ短調」とペット・ショップ・ボーイズの16分音符はイントロスペクティヴ

音楽ライターの眼

【クラシック名曲 ポップにシン・発見】(Phase21)モーツァルト「ピアノ協奏曲第20番ニ短調」とペット・ショップ・ボーイズの16分音符はイントロスペクティヴ

711views

江藤裕平

オトノ仕事人

音楽ゲームの要となるリズムノーツをつくる専門家/『太鼓の達人』の譜面制作の仕事

8473views

武豊吹奏楽団

われら音遊人

われら音遊人: 地域の人たちの喜ぶ顔を見るために苦しいときも前に進み続ける

1681views

楽器探訪 Anothertake

26年ぶりにラインアップを一新!「長く持っても疲れにくい」を実現し、フラッグシップモデルが加わったバリトンサクソフォン

3566views

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、新時代へ発信する刺激的なコンテンツを/東京芸術劇場 コンサートホール

ホール自慢を聞きましょう

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、刺激的なコンテンツを発信/東京芸術劇場 コンサートホール

12405views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォン教室の新しいクラスメイト、勝手に募集中!

4523views

楽器のあれこれQ&A

モチベーションがアップ!ピアノを楽しく効率的に練習するコツ

41250views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

9221views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9952views