Web音遊人(みゅーじん)

ロビン・トロワーとマキシ・プリーストが合体。スタイルを超えたアルバム『United State Of Mind』を発表

ロビン・トロワー/マキシ・プリースト/リヴィングストン・ブラウンのアルバム『United State Of Mind』が2021年3月、CDメディアとして海外で発売となった。

1970年代にギター・ヒーローとして成功を収め、“ジミ・ヘンドリックスの再来”と呼ばれてきたロビンは『魂のギター Bridge Of Sighs』(1974)、『ロビン・トロワー・ライヴ!』(1975)などの名盤を発表。本国イギリスやアメリカはもちろん、日本でも支持を得てきた。1977年の来日公演は今や伝説となっており、1995年にはブライアン・フェリーのツアーに同行するなど、ステージ・パフォーマンスでも魅せている。それ以来日本を訪れていないものの、今日でもロック・ファンの間では人気を誇るアーティストだ。

マキシ・プリーストはポップなメロディのレゲエ/ラヴァーズ・ロックで知られるシンガーだ。1997年にテレビドラマ『踊る大捜査線』主題歌として織田裕二とのコラボレーション・シングル『Love Somebody』がヒット、 2012年にL’Arc-en-Cielへのトリビュート・アルバムに参加するなど、日本の音楽リスナーにもすっかりお馴染みのアーティストである。2007年にはUB40の英国ツアーに同行してファンを驚かせ(正式加入には至らなかった)、現時点での最新作『It All Comes Back To Love』(2019)ではシャギー、インナー・サークル、バウンティ・キラーなどの盟友たちと共演、元気いっぱいのヴォーカルを聴かせている。

共にキャリアの長い人気アーティストとはいえ、まったく接点のなかった2人を結びつけたのが、プロデューサーのリヴィングストン・ブラウンだった。彼は1991年、ロビンがロニー・モントローズやヤン・アッカーマンらと共演した“ナイト・オブ・ザ・ギターズII”ツアーにバック・バンドのベーシストとして参加。意気投合して『20thセンチュリー・ブルース』(1994)に参加、その後ツアーにも同行するなど、長い付き合いだ。

リヴィングストンはまた、マキシの『マン・ウィズ・ザ・ファン』(1996)、『コンビネイション』(1999)などにプロデューサーとして関わるなど、両アーティストと深い交流を持ってきた。
ロビンはマキシの音楽を聴いたことがなかったが、リヴィングストンのスタジオにいるときに数曲を聴かせてもらい、気に入ったという。その後、2人はスタジオで偶然出くわして意気投合。共演アルバムに着手した。

新型コロナウィルス流行の前、2018年にレコーディングされたという『United State Of Mind』。ロビンがベーシックな曲作りを行い、それにマキシが自分のアイディアを加えていくというプロセスで作られた作品ということもあり、レゲエ色はほとんどない。全編マキシのソウル・テイスト溢れるヴォーカルがフィーチュアされ、先行リーダー・トラック『United State Of Mind』からメランコリックな『Walking Wounded』、ブルースの新しい解釈といえる『Sunrise Revolution』など、ロビンが味わい深いリード・ギターを弾いている。ロビンとマキシがベテランならではの個性を主張しながら、お互いの新しい色彩を引き出しており、それをリヴィングストンが作品としてまとめ上げ、昇華させている。まさに三位一体の妙味が発揮されているアルバムだ。

なおロビンはマキシのヴォーカルについて、筆者(山﨑)とのインタビューで「彼の声質はビューティフルだ。素晴らしいシンガーだし、一緒にやったら良い作品が作れると確信していた」と語っている。

『United State Of Mind』は2020年10月にデジタル先行で発表され、ロビンとマキシのファンに驚きと喜びで迎えられた。さらにクリスマス・シングル『Santa Claus Is Back In Town』(ハーモニカでポール・ジョーンズがゲスト参加)では本格派のブルースをやってのけている。

そうなると当然、彼らのステージ上での共演を体験したくなるが、アルバムのレコーディングが2018年。ロビンはその後『Coming Closer To The Day』(2019)、マキシも最新作『It All Comes Back To Love』がグラミー賞レゲエ部門にノミネートされるなど、それぞれが順調なソロ・キャリアを続けている。さらに新型コロナウィルスの影響もあり、フルスケールでのツアーは出来ない状況だ。このまま3人でのプロジェクトがフェイドアウトしてしまう可能性も少なくなかったりする。ロビンは1945年生まれの75歳、マキシは1961年生まれの59歳と決して若くないが、ステージ・パフォーマーとしては文句なしの現役だ。コロナ終息まで若干時間がかかるかも知れないが、ロビン/マキシ/リヴィングストンのトリオ編成でのライヴを実現させて欲しいものである。『United State Of Mind』の楽曲はもちろん、ロビンがギターを弾く『クロース・トゥ・ユー』、マキシが歌う『トゥー・ローリング・ストーンド』『デイ・オブ・ジ・イーグル』など、想像するだけで身震いする。

2021年秋にはロビンのソロ新作『No More Worlds To Conquer』も発表される予定で、ソロとしての北米ツアーも告知されている。彼自身も「このアルバムを出して、日本でライヴをやりたい!」と語っており、そちらも実現することを期待したい。

■インフォメーション

アルバム『United State Of Mind』

発売元:Manhaton Records
発売日:2021年3月5日
価格:2,690円(税込)
詳細はこちら

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に1,000以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

特集

神保彰

今月の音遊人

今月の音遊人:神保彰さん「音楽によって、人生に大きな広がりを獲得できたと思います」

12385views

マリア・エステル・グスマン

音楽ライターの眼

ギター界の女王、マリア・エステル・グスマンが待望のスペイン作品を録音

12839views

“音を使って音楽を作る”音楽の冒険を「ELC-02」で

楽器探訪 Anothertake

音楽を楽しむ気持ちに届ける「ELC-02」のデザインと機能

8317views

楽器のあれこれQ&A

いまさら聞けない!?エレクトーン初心者が知っておきたいこと

25774views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】注目の若手ピアニスト小林愛実がチェロのレッスンに挑戦!

9340views

オトノ仕事人

コンピュータを駆使して、ステージのサウンドをデザインする/ライブマニピュレーターの仕事

3577views

弦楽四重奏を聴くことが人生の糧となるように/第一生命ホール

ホール自慢を聞きましょう

弦楽四重奏を聴くことが人生の糧となるように/第一生命ホール

8567views

日生劇場ファミリーフェスティヴァル

こどもと楽しむMusicナビ

夏休みは、ダンス×人形劇やミュージカルなど心躍る舞台にドキドキ、ワクワクしよう!/日生劇場ファミリーフェスティヴァル2022

2708views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

10961views

武豊吹奏楽団

われら音遊人

われら音遊人: 地域の人たちの喜ぶ顔を見るために苦しいときも前に進み続ける

1462views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

もしもあのとき、バイオリンを習っていたら

5452views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9591views

ホルンの精鋭、福川伸陽が アコースティックギターの 体験レッスンに挑戦! Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ホルンの精鋭、福川伸陽がアコースティックギターの体験レッスンに挑戦!

10494views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

14401views

音楽ライターの眼

KISSが2019年12月に来日。最高最後のロックンロール・パーティーが始まる

10025views

オトノ仕事人

歌、芝居、踊りを音楽でひとつに束ねる司令塔/ミュージカル指揮者・音楽監督の仕事

2604views

われら音遊人:年齢も職業も超えた仲間が集う 結成30年のビッグバンド

われら音遊人

われら音遊人:年齢も職業も超えた仲間が集う、結成30年のビッグバンド

9057views

“音を使って音楽を作る”音楽の冒険を「ELC-02」で

楽器探訪 Anothertake

音楽を楽しむ気持ちに届ける「ELC-02」のデザインと機能

8317views

紀尾井ホール

ホール自慢を聞きましょう

専属の室内オーケストラをもつ日本屈指の音楽ホール/紀尾井ホール

13672views

パイドパイパー・ダイアリー

こうしてわたしは「演奏が楽しくてしょうがない」 という心境になりました

8286views

知って得する!木製楽器の お手入れ方法

楽器のあれこれQ&A

木製楽器に起こりやすいトラブルは?保管やお手入れで気を付けること

20797views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

6645views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

28968views