Web音遊人(みゅーじん)

連載40[ジャズ事始め]佐藤允彦が“ランドゥーガ”で試みた“民謡”という手つかずの方法論

夏と言えば野外フェス、野外フェスと言えばジャズ──だった時代があった。

1977年から1992年までの主に7月末、“ライブ・アンダー・ザ・スカイ”という大規模な野外フェスがほぼ毎年(1982年のみ中止)、開催されていたからだ。

ボクも発表されるプログラムと出演者を穴が開くほど見比べながら、どの日のチケットを購入するか悩んだものだった。

そのひとつに、1990年の“ランドゥーガ”のステージがあった。

“ランドゥーガ”は、“ライブ・アンダー・ザ・スカイ”出演のオファーを受けた佐藤允彦の呼びかけで結成されたワンタイム・パフォーマンス・バンドだった(実際には2日にわたって2ステージが実施された)。

この2ステージはそのままレコーディングされ、2ヵ月後にはリリースされることが決まっていた。このことは、ジャズフェスにありがちな不確定要素の多いジャムセッションを想定した企画ではなかったことを意味する。

つまり、そのステージをエポックにすることが、佐藤允彦のみならず、出演者たち全員に課せられていたということだ。

出演者は以下のとおり。佐藤允彦(キーボード)、アレックス・アクーニャ(ドラムス)、レイ・アンダーソン(トロンボーン)、ナナ・バスコンセロス(パーカッション)、土方隆行(ギター)、峰厚介(サックス)、岡沢章(ベース)、高田みどり(パーカッション)、梅津和時(サックス)、スペシャルゲスト:ウェイン・ショーター(サックス)。

佐藤允彦は、「(出演オファーに対して)いわゆる普通のジャズをやってもしょうがない。とりあえず野外だし、きめ細かな音楽をやるより、強い音楽をやろうと思った」(アルバム『ランドゥーガ〜セレクト・ライブ・アンダー・ザ・スカイ ’90』添付ブックレットの解説文から引用)と語っている。

その“強い音楽”とは、「民謡をやりたい」という想いとリンクしたものだった。

「ジャズは発生以来さまざまな他分野の音楽から影響を受けたり、表現法をとりいれたりして進化してきた。その範囲は、西ヨーロッパの古典音楽から近代現代音楽、ラテン・アメリカ諸国、ブラジル、インド、アラブ諸国の民族音楽まで、全世界にわたっているのだが、不思議なことに日本(日本の伝統音楽)を発信地とするものがジャズを変革したということをかつて聞いたことがない」(引用:同前)

佐藤允彦はまず、「民族的出自の異なるミュージシャン達が演奏すれば、そこに新たなエネルギー源が生まれるのではないだろうか」(引用:同前)と考え、先述のメンバーを選んでステージに臨むことにした。

そして彼らに渡した譜面は、ジャズにとってほぼ手つかずだった“日本の伝統音楽=民謡”をモチーフにした楽曲だった。

次回は、アルバム『ランドゥーガ〜セレクト・ライブ・アンダー・ザ・スカイ ’90』に収録された7曲について、掘り下げてみたい。

「ジャズ事始め」全編 >

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:今井美樹さん「私にとって音楽は、“聴く”というより“浴びる”もの」

5891views

音楽ライターの眼

チェンバリスト曽根麻矢子、バッハのシリーズを進行中。次回は「イギリス組曲」の登場

2197views

v

楽器探訪 Anothertake

弾く人にとっての理想の音を徹底的に追究したサイレントバイオリン™

6369views

知って得する!木製楽器の お手入れ方法

楽器のあれこれQ&A

木製楽器に起こりやすいトラブルは?保管やお手入れで気を付けること

20797views

脱力系(?)リコーダーグループ栗コーダーカルテットがクラリネットの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】脱力系(?)リコーダーグループ栗コーダーカルテットがクラリネットの体験レッスンに挑戦!

10286views

仁宮裕さん

オトノ仕事人

アーティストの音楽観を映像で表現するミュージックビデオを作る/映像作家の仕事

13631views

水戸市民会館

ホール自慢を聞きましょう

茨城県最大の2,000席を有するホールを備えた、人と文化の交流拠点が誕生/水戸市民会館 グロービスホール(大ホール)

3841views

日生劇場ファミリーフェスティヴァル

こどもと楽しむMusicナビ

夏休みは、ダンス×人形劇やミュージカルなど心躍る舞台にドキドキ、ワクワクしよう!/日生劇場ファミリーフェスティヴァル2022

2708views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

29692views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:バンドサークルのような活動スタイルだから、初心者も経験者も、皆がライブハウスのステージに立てる!

7646views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

5673views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

28967views

ホルンの精鋭、福川伸陽が アコースティックギターの 体験レッスンに挑戦! Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ホルンの精鋭、福川伸陽がアコースティックギターの体験レッスンに挑戦!

10493views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

14400views

音楽ライターの眼

メトロポリタン歌劇場の130年のドラマを詳細に描き出した著作が登場

2490views

オトノ仕事人

コンピュータを駆使して、ステージのサウンドをデザインする/ライブマニピュレーターの仕事

3576views

みどりの森保育園ママさんブラス

われら音遊人

われら音遊人:子育て中のママさんたちの 音楽活動を応援!

6590views

Venova(ヴェノーヴァ)

楽器探訪 Anothertake

やさしい指使いと豊かな音色を両立させた、「分岐管」と「蛇行管」

1views

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、新時代へ発信する刺激的なコンテンツを/東京芸術劇場 コンサートホール

ホール自慢を聞きましょう

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、刺激的なコンテンツを発信/東京芸術劇場 コンサートホール

12102views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

5302views

楽器のあれこれQ&A

きっとためになる!サクソフォンの基礎力と表現力をアップする練習のコツ

17592views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

8333views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24707views