Web音遊人(みゅーじん)

多様性の新クラシックへ、先導役はサクソフォン/田中靖人サクソフォン・リサイタル

田中靖人のサクソフォンは、新しいクラシック音楽のインキュベーター(培養器)である。欧州辺境を情熱で焦がすロマの音楽から新大陸のジャズまで、様々なジャンルが包摂され、ダイバーシティー(多様性)が炸裂する。2021年11月7日、ヤマハホールでの「田中靖人サクソフォン・リサイタル」は、クラシックの現代性と多様な可能性をサクソフォンが先導する現場に立ち会う魅惑の体験だった。

クラシックが新しくなるのは、田中のサクソフォン演奏のために作曲家の長生淳が新曲と編曲を長年提供していることにもよる。今回の演目もほとんどが長生の作・編曲だ。「田中さんの演奏に触発されて曲を書いてきた」と長生は話す。無調や十二音技法による難解な現代音楽にこだわらず、美しい旋律を持つ調性音楽で「新クラシック」を切り開いてきた。「お客様に楽しんでもらいたい」という田中ら演奏家の要請に応じてのことだった。

1曲目のアルベニス『イベリア第1集』の『セビーリャの聖体祭』は、長生がピアノ曲をサクソフォンとピアノのデュオ用に編曲したもの。サクソフォンが加わると、オーケストレーションを施したような色彩感と壮大さが醸し出される。田中と共演を重ねてきた白石光隆のピアノが絶妙なリズム感覚で華やかな超絶技巧をみせる。2人の奔放さと爽快なリズムの一致が相まって、原曲よりもラプソディー風の魅力を強めている。テンポを極端に緩めた静謐な終結部では、祭りの崇高な余韻を漂わせた。

長生作曲の『変奏曲』では、ピアノの穏やかなアルペジオに乗ってサクソフォンが美しい旋律を鳴らす。それがリズミカルでポップな表情を見せたり、哀愁を漂わせたりしながら、いつしか超絶技巧の異様な音楽へと変容する。通常音域を超えたサクソフォンの超高音(フラジオ)が最強の音量で引き延ばされ、女声合唱を思わせる。圧巻の変奏だ。

『チゴイネルワイゼン』をもじった長生編曲『チガイノワカルYJ』は、ロマ風音楽のてんこ盛り。田中と白石、バイオリンの大森潤子によるトリオで、大森の情念たっぷりの分厚い音色が胸に刺さる。リスト『ハンガリー狂詩曲第2番』、コダーイ『ハーリ・ヤーノシュ』など民俗色の濃い旋律が飛び出し、違いが分からなくても興奮の渦に巻き込まれる。

現代音楽の開祖シェーンベルクは、十二音技法による自作の革新性を主張するあまり、国民楽派や新古典主義の調性音楽を皮肉る面があった。しかし彼が、俗謡も古典も素材にして多様性の交響曲を書いたマーラーを崇敬していたのは興味深い。マーラーは、クラシカルなスタイルが古今東西の音楽を包摂する可能性を示した。長い歴史に育まれたクラシックの地盤の広大さが分かる。

サクソフォンは1840年代に開発された比較的新しい楽器だ。ジャズやポップスに盛んに使われ、古典のレパートリーは少ない。だが、あえてクラシックの地盤に立脚すれば、古典もジャズも十二音技法さえも含め、「いい音楽をジャンルに関係なく融合し、歴史を作っていく」(田中)ことができる。クラシックの未来がサクソフォンから広がる。

 

池上輝彦〔いけがみ・てるひこ〕
日本経済新聞社メディアプロデューサー。早稲田大学卒。証券部・産業部記者を経て欧州総局フランクフルト支局長、文化部編集委員、映像報道部シニア・エディターを歴任。音楽レビュー、映像付き音楽連載記事「ビジュアル音楽堂」などを執筆。専門誌での音楽批評、CDライナーノーツの執筆も手掛ける。
日本経済新聞社記者紹介

photo/ KOKI NAGAHAMA

facebook

twitter

特集

Chageさん「心から湧き出てくるものを、シンプルに水のように歌いたい」 Web音遊人

今月の音遊人

今月の音遊人:Chageさん「頭ではなく、心から湧き出てくるものを、シンプルに水のように歌いたい」

9017views

【クラシック名曲 ポップにシン・発見】(Phase4)ガーシュウィン「キューバ序曲」、N.Y.サルサへの道 エクトル・ラボー没後30年に聴くダイバーシティ

音楽ライターの眼

【クラシック名曲 ポップにシン・発見】(Phase4)ガーシュウィン「キューバ序曲」、N.Y.サルサへの道/エクトル・ラボー没後30年に聴くダイバーシティ

865views

最新の音響解析技術で低音域のパワフルな音量と響きを実現

楽器探訪 Anothertake

アコースティックギター専用の音響解析技術で低音域のパワフルな音量と響きを実現

8698views

バイオリンを始める時に知っておきたいこと

楽器のあれこれQ&A

バイオリンを始める時に知っておきたいこと

8140views

ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

12444views

出演アーティストの発掘からライブ制作までを一手に担う/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事 (前編)

オトノ仕事人

出演アーティストの発掘からライブ制作までを一手に担う/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事 (前編)

14819views

人が集まり発信する交流の場として、地域活性化の原動力に/いわき芸術文化交流館アリオス

ホール自慢を聞きましょう

おでかけ?たんけん?ホール独自のプランで人々の厚い信頼を獲得/いわき芸術文化交流館アリオス

6264views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

11846views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

8975views

われら音遊人:年齢も職業も超えた仲間が集う 結成30年のビッグバンド

われら音遊人

われら音遊人:年齢も職業も超えた仲間が集う、結成30年のビッグバンド

8035views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.7

パイドパイパー・ダイアリー

最初のレッスンで学ぶ、あれこれについて

4013views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

23337views

バイオリニスト石田泰尚が アルトサクソフォンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】バイオリニスト石田泰尚がアルトサクソフォンに挑戦!

11284views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

20202views

音楽ライターの眼

連載37[ジャズ事始め]留学先から“アメリカならではのジャズ”を持ち帰らなかった佐藤允彦が示したものとは?

1340views

ホールのクラシック公演を企画して地域の文化に貢献する/音楽学芸員の仕事

オトノ仕事人

アーティストとお客様とをマッチングさせ、コンサートという形で幸福な時間を演出する/音楽学芸員の仕事

10563views

5 Gravities

われら音遊人

われら音遊人:5つの個性が引き付け合い、多様な音楽性とグルーヴを生み出す

942views

STAGEA(ステージア)ELB-02 - Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

スタイリッシュなボディにエレクトーンならではの魅力を凝縮!STAGEA(ステージア)「ELB-02」

13006views

秋田ミルハス

ホール自慢を聞きましょう

“秋田”の魅力が満載/あきた芸術劇場ミルハス

3216views

山口正介 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

この感覚を体験すると「音楽がやみつきになる」

7571views

楽器のあれこれQ&A

いまさら聞けない!?エレクトーン初心者が知っておきたいこと

23436views

こどもと楽しむMusicナビ

1DAYフェスであなたもオルガン博士に/サントリーホールでオルガンZANMAI!

2243views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

8544views