Web音遊人(みゅーじん)

和やかさの中に感じる、ジャズアンサンブルの原点/珠玉のリサイタル&室内楽 中川英二郎×エリック・ミヤシロ×川口千里 Special Jazz Night

互いの音をよく聴いて交感し合う、ジャズアンサンブルの原点を心地よく感じたライヴだった。2021年10月29日、夜の銀座の往来にも笑顔が増えてきた印象。会場のヤマハホールに集うメンバーは、中川英二郎(トロンボーン)、エリック・ミヤシロ(トランペット)、川口千里(ドラム)、川村竜(ベース)、宮本貴奈(ピアノ)。年齢、キャリア、バックーボーンがかなり違う5人だが、自身のバンド活動をしながら客演し合っており、ホームコンサートのような和やかさがあった。プログラムは前半7曲、後半5曲。全般、掛け合いや即興などで、各自の持ち味を存分に発揮する構成だった。ダイジェストで振り返る。

オンタイムで開演。オープニングの『Secret Gate』は、この道30年になる中川の、アルバム『E』の収録曲。ゆっくりと門が開かれるような曲調で、トロンボーンとトランペットが旋律をソロやデュオで受け持つ。合間のドラムソロにピアノが明るいニュアンスを添えたりしながら展開。続くプログラムを期待させる演奏だった。

続く『Skydance』はハイトーン・ヒッターで知られるミヤシロのアルバムタイトル曲。「故郷のハワイは真っ青な海があるステキなところですが、高校時代、吹奏楽少年の僕はちっともモテなくて……」と、作曲の背景を語り出す。要約するとこうだ。モテたくてサーフィンを始めたが、ある日、友達と沖に流され、サメに囲まれて大ピンチ。運よく2頭のイルカがサメを追い払ってくれたので無事に浜に戻れた。ライフセーバーから「イルカは守り神で、似たことがよく起こる」と言われ、改心して音楽に専念した。それを思い出し、イルカが楽しげに空へジャンプしているイメージで作ったという。

トランペットが高らかに響き、トロンボーンが引き継ぐ。イルカが大海原を快遊する。ドラムのハイハットが軽快なピッチで刻みを続け、ピアノの高音アルペジオが海原のきらめきを伝える。ベースの重厚な音が弾けて、イルカが豪快にジャンプ!ハワイの海をよく知る人も知らない人も、そんな光景を思い浮かべながら聴いているようだった。

最年少24歳の川口は、年齢差34の人生の大先輩でもあるミヤシロに、敢えて「ハイトーンではなく、トランペットの穏やかな音色の曲をお願いしたくて」と自身のアルバム『Buena Vista』から『The Phoenix』を選曲。ミヤシロのフリューゲルホルンがメロウな響きで朗々と歌う。絶景を眼下に悠々と舞い飛ぶ不死鳥のよう。恐れを知らないその魂の爆燃音を川村のエネルギッシュなエレキベースが発し続け、終盤のドラムソロでブレイク。金管2人が未来へ虹を架けるようなサウンドで閉じた。

宮本の弾き語りも素晴らしかった。ヴォーカルは2020年のアルバム『Wonderful World』で初披露したのだが、『Lady T’s Steps』『What a Wonderful World』ともムーディーなアルト。米英での20年の活動を物語るナチュラルな発音、ヘレン・メリルを彷彿する息使い、しかも心がほぐれて癒やされる。休憩後の後半では、中川のディキシーランドジャズ風『Life is Beautiful』に詞をつけて歌った。いずれも再聴したくなる歌唱だった。

ラストは、2021年2月に亡くなったジャズ・ピアニストのチック・コリアに敬意を込めて『Spain』。ミヤシロが「彼は前向きで純粋に音楽に向き合い、自作曲も常に今の感性で演奏する人でした」といった言葉を手向けてから開始。フリューゲルホルンがイントロの『アランフェス協奏曲』旋律を厳かに奏で、トロンボーンが深く哀愁を湛え、ツインで吹いたり、コール&レスポンスをしたり……。やがて、主旋律を盛り上げるドラムの手数が増え、この日はずっと裏方に回っていたエレキベースも、ネックのハイポジションまで駆け上がったり低音まで駆け戻ったり、思いを込めた超絶テクで魅了する。そういえば、コリアはいつも聴衆に旋律のスキャットを求め、奏者と心が一つになるまで繰り返した。この日の観客は、天国の彼の冥福を祈りながら静かにコール&レスポンス。心でスキャットを楽しんでいたに違いない。

大いに盛り上がって、アンコールは川口の『Ginza Blues』。銀座の大通りを楽しく練り歩くような明るい曲調。各自ソロをバトンタッチ。ラストに川口のドラムソロが、打ち止め花火の如く華やかに弾けて、21時28分にお開きとなった。

 

原納暢子〔はらのう・のぶこ〕
音楽ジャーナリスト・評論家。奈良女子大学卒業後、新聞社の音楽記者、放送記者をふりだしに「人の心が豊かになる音楽情報」や「文化の底上げにつながる評論」を企画取材、執筆編集し、新聞、雑誌、Web、放送などで発信。近年は演奏会やレクチャーコンサート、音楽旅行のプロデュースも。書籍「200DVD映像で聴くクラシック」「200CDクラシック音楽の聴き方上手」、佐藤しのぶアートグラビア「OPERA ALBUM」ほか。
Lucie 原納暢子

 

photo/ Ayumi Kakamu

本ウェブサイト上に掲載されている文章・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

facebook

twitter

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:May J.さん「言葉で伝わらないことも『音』だったら素直に伝えられる」

6359views

J.S.バッハの《コーヒー讃歌》

音楽ライターの眼

ああ、コーヒーのおいしいこと。1000回の接吻よりすばらしく、マスカット酒より甘い…… J.S.バッハ《コーヒー・カンタータ》の誕生秘話

5363views

楽器探訪 Anothertake

奏者の思いどおりに音色が変化する、豊かな表現力を持ったグランドピアノ「C3X espressivo(エスプレッシーヴォ)」

5709views

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!バイオリンの購入ポイントと練習のコツ

11981views

大人の楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

8546views

弦楽器の調整や修理をする職人インタビュー(前編)

オトノ仕事人

弦楽器の“健康診断”から“治療”、健康アドバイスまで/弦楽器の調整や修理をする職人(前編)

12300views

ザ・シンフォニーホール

ホール自慢を聞きましょう

歴史と伝統、風格を受け継ぐクラシック音楽専用ホール/ザ・シンフォニーホール

15389views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

7553views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

16926views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:人を楽しませたい!それが4人の共通の思い

4378views

山口正介 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

この感覚を体験すると「音楽がやみつきになる」

6292views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

20484views

桑原あい

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若きジャズピアニスト桑原あいがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

12542views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

8803views

音楽ライターの眼

キャリアの最終章に入ったドミンゴが「音楽の力」で聴き手の心を魅了する

2066views

仁宮裕さん

オトノ仕事人

アーティストの音楽観を映像で表現するミュージックビデオを作る/映像作家の仕事

10623views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブル仲間が集う仲よしサークル

6590views

Venova(ヴェノーヴァ)

楽器探訪 Anothertake

やさしい指使いと豊かな音色を両立させた、「分岐管」と「蛇行管」

1views

ホール自慢を聞きましょう

歴史ある“不死鳥の街”から新時代の芸術文化を発信/フェニーチェ堺

4507views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

大人の音楽レッスン、わたし、これでも10年つづけています!

5543views

楽器のあれこれQ&A

サクソフォン講師がアドバイス!ステップアップのコツ

863views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

3418views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

20484views