Web音遊人(みゅーじん)

イタリアから“爆走系”ロックンロールの魂を受け継ぐスモール・ジャケッツが登場

マネスキンの国際的ブレイクでにわかに注目されているイタリアのロック。古くからイタリアは音楽大国として知られ、オペラやカンツォーネからエンニオ・モリコーネやニーノ・ロータなどの映画音楽、ゴブリンやP.F.M.、バンコ・デル・ムトゥオ・ソッコルソなどのプログレッシヴ・ロック、ラプソディ・オブ・ファイアやデスSSなどのヘヴィ・メタル、マウリツィオ・ビアンキのようなノイズ/インダストリアル・ミュージックに至るまで、あらゆる音楽が熱心に聴かれてきた。マネスキンの成功も決して驚くものではなく、今後もイタリアからさまざまなアーティストが世界に打って出てくることが予想される。

そんな中で、イタリアン・ロックンロールの旗手として世界各地の音楽シーンから注目されているのがスモール・ジャケッツだ。2021年12月に発表されたアルバム『Just Like This』は8年ぶり、通算5作目となるアルバムだ。ガレージ・ロックンロールと1970年代ハード・ロックが火花を散らしてぶつかり合うサウンドは健在で、長すぎるほどのインターヴァルをまったく感じさせない。オリジナル・メンバーはドラマーのダニー・サヴァナス(かつてポール・チェインのバックを務めたことも)のみだが、新しい血を取り入れたことでフレッシュでイキの良い極上なソングライティングと演奏を実現している。

本作で彼らの音楽に初めて触れたリスナーは、1990年代の“爆走系”ハイ・エナジー・ロックンロールを思い出すのではなかろうか。ヘラコプターズ、ターボネグロ、スーパーサッカーズ、フー・マンチュー、ジーク、ピーター・パン・スピードロックなど、砂ボコリを上げて突っ走る無頼ロックの汗の臭いが、スモール・ジャケッツから漂ってくる。

それもその筈、彼らはそんな“爆走系”の流れから生まれたバンドである。ダニーがバンドを結成したのは2000年、イタリアのチェゼーナでのこと。イタリア各地でライヴを行い、2004年に『Play At High Level』でアルバム・デビューを果たしている。ヘラコプターズやハードコア・スーパースターのイタリア公演でオープニング・アクトを務めるなどして知名度を上げていった彼らは2006年に『Walking The Boogie』を発表。ヘラコプターズのニッケとストリングスが友情ゲスト参加したことが話題を呼んだ。

2009年のサード・アルバム『Cheap Tequila』はマーク・オークがベースとヴォーカルで参加、“爆走系”の総本山といえるスウェーデンのイェーテボリでレコーディングと、バンドの個性が決定された作品だった。全編問答無用のロックンロールが貫かれた同作だが、単に疾走するのに留まることなく、モーターヘッドやステイタス・クオー、モット・ザ・フープルなどを彷彿とさせるオールドスクールなコクと味わいが込められていた。

結成からダニーと共にバンドを支えてきたギタリスト兼ヴォーカリストのルー・シルヴァーが2013年に脱退という事件に見舞われながら、スモール・ジャケッツは活動を続け、2014年には『IV』を発表。クワイアボーイズやダンコ・ジョーンズとの共演も実現している。

それからしばらくアルバムが途絶えた彼らだが、2017年のコンピレーション『Hard Rock Party Vol.2』に提供した『Get Out Of My Way』が絶賛され、そのロックンロール魂が健在であることを証明した。そして2021年、最新作の『Just Like This』がリリースされることになったのだ。

1曲目『Midnight Town』からフル・スロットルのアクセル全開。『Getting Higher』『Breakin’ The Line』など爆走しながらメロディのフックが明確な曲もあり、タイトル通り“ファンキーでクランチー”な『Funky Crunchy Woman』も単なるアクセントに留まることなくハイライトのひとつとなっている。『Get Out Of My Way』が再録されたことも、アルバムをさらにエキサイティングにしている。

1990年代にはエレクトリック・フランケンシュタインのサル・カンゾニエリ監修のハイ・エナジー・ロックンロール・アンソロジー・シリーズ『A Fistful Of Rock’n’Roll』が全13集リリースされ、世界の“爆走系”が一堂に会するなど活況を呈したが、近年あまり勢いが感じられない……と考えていた音楽ファンも少なくないだろう。『Just Like This』はそんなシーンに風穴を開ける、イタリアからのロックンロールの痛烈な一撃だ。シートベルトをして、新時代のロックンロールに備えよう!

 

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に1,000以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

facebook

twitter

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:荻野目洋子さん「引っ込み思案だった私は、音楽でならはじけることができたんです」

7804views

音楽ライターの眼

連載17[ジャズ事始め]上海がアジアにおけるジャズのホット・スポットであった歴史的事実とアジア・ジャズの関係性を解いてみる

3015views

クラビノーバ「CSPシリーズ」

楽器探訪 Anothertake

これまでピアノを諦めていた多くの人を救う楽器。楽譜作成・鍵盤ガイド機能が付いた電子ピアノ/クラビノーバ「CSPシリーズ」

21582views

ヤマハ製アコースティックギター

楽器のあれこれQ&A

目的別に選ぶ、ヤマハ製アコースティックギター

8033views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:独特の世界観を表現する姉妹のピアノ連弾ボーカルユニットKitriがフルートに挑戦!

4545views

オトノ仕事人 ボイストレーナー

オトノ仕事人

思い描く声が出せたときの感動を分かち合いたい/ボイストレーナーの仕事(後編)

9168views

グランツたけた

ホール自慢を聞きましょう

美しい歌声の響くホールで、瀧廉太郎愛にあふれる街が新しい時代を創造/グランツたけた(竹田市総合文化ホール)

7094views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

9230views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

14773views

われら音遊人ー021Hアンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:元クラスメイトだけで結成。あのころも今も、同じ思いを共有!

5017views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.3

パイドパイパー・ダイアリー

人生の最大の謎について、わたしも教室で考えた

5190views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9961views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:独特の世界観を表現する姉妹のピアノ連弾ボーカルユニットKitriがフルートに挑戦!

4545views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

8396views

音楽ライターの眼

連載19[ジャズ事始め]ジャズのフィーリングを体得した穐吉敏子が「フィリピン人のようだ」と褒められたワケ

2828views

コレペティトゥーアのお仕事

オトノ仕事人

高い演奏技術と幅広い知識で歌手の表現力を引き出す/コレペティトゥーアの仕事(前編)

19511views

AOSABA

われら音遊人

われら音遊人:大所帯で人も音も自由、そこが面白い!

11525views

楽器探訪 Anothertake

人気トランペッターのエリック・ミヤシロがヤマハとタッグを組んだ、トランペットのシグネチャーモデル「YTR-8330EM」

4565views

ザ・シンフォニーホール

ホール自慢を聞きましょう

歴史と伝統、風格を受け継ぐクラシック音楽専用ホール/ザ・シンフォニーホール

23955views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

5896views

楽器のあれこれQ&A リコーダー

楽器のあれこれQ&A

リコーダーを長く楽しむためのお手入れ方法

7366views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

13746views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

25155views