Web音遊人(みゅーじん)

2つのニューアルバムを同時リリース!/神保彰インタビュー

ここ数年は元日にアルバム2作品を同時リリース、2021年1月1日には3タイトルを同時発売し、ビッグなお年玉を届け続けてきた神保彰。2022年の年明けを待たず2021年12月22日にリリースされたニューアルバム2作『SORA』『アメアガリ』は、ファンにとって最高のクリスマスプレゼントになったに違いない。

豪華メンバーが彩るAORフィーリングな『SORA』

今回の2作で、神保は1年に合計5作のソロアルバムをリリースしたことになる。それだけでも偉業だが、加えて新作のたび魅力で魅力を塗り替えるのが神保だ。
「今回の作品は、シフトを変えてみようということになりました。そこで出てきたキーワードのひとつがAOR(Adult Oriented Rock)。これまでのアルバムはラテンやファンクがベースでしたが、自分が学生バンドからプロになる過渡期に大きな影響を受けたAORに焦点を当ててみようと思いました」
AORフィーリングにあふれた本作。タイトルチューンの『SORA』は、さわやかで気持ちが晴れ晴れとするような曲に仕上がった。
また、神保にとってAORを代表する一曲であるマイケル・フランクスの1977年の大ヒットチューン『アントニオの歌(Antonio’s Song)』も聴きどころのひとつ。世界最高峰のベーシスト、ネイザン・イーストがベースのみならず、ボーカルも担当している。
「オリジナルアルバムでカバー曲を取り上げるのは、実は今回が初めての試みです。これもシフトを変えてみた一環です」
もうひとつのカバー曲は、パトリース・ラッシェン『Forget Me Nots』(1982年)。
「昔の曲をやりたがらないアーティストも多いですし、ましてやセルフカバーではなく人のアルバムでやるわけです。オファーするのに勇気が要りましたが、快諾してもらえました」
ベースはオリジナルトラックでも弾き、ネイザンとともにロサンゼルスのスタジオシーンを代表するフレディ・ワシントン。ドラム以外は、オリジナルメンバーだ。
ほかにもジェフ・ローバー(ピアノ)ら豪華ミュージシャンがレコーディングに参加している。いずれも神保とは親交が厚い面々であり、長きにわたって最先端を走り続けてきた彼の音楽活動の幅広さと奥深さを、ここにも垣間見ることができる。

“正しくずっこける”がマイブーム

一方のアルバム『アメアガリ』は、自身のドラムとプログラミングによるソロアルバム。革新的チャレンジに満ちた書下ろし11曲が収録されている。“正しくずっこける”がマイブームだといい、本作にもその魅力が詰まっている。
「2000年代に入ってから、ヒップホップの世界では面白い試みがどんどんなされてきたんですね。そういったものは聴いていましたし、面白いと思ってはいたのですが、そのコンセプトを自分の演奏の中に取り入れようとは思っていなかったんです。ところが、ドラマーのレニー“ジ・オックス”リースの演奏動画を見て、衝撃を受けました。ハマらなさ加減が半端ないというか、見事にハマっていない。でも、トータルで見るとめちゃくちゃカッコイイ。それから、本格的に研究するようになりました。気ままにずらしているわけではないんです。必ず法則性があるんですけれど、どういう法則性でずれている感じを出すのか。そういうことがわかってくると非常に面白いんですよ」
“上手くずっこけられた”と1曲目に選んだのが表題曲の『アメアガリ』。デタラメなようでデタラメじゃないギリギリを狙った『シャボンダマ』。本作での推し曲を聞いてみると、「『イノリ』はリズムがヨレヨレで、聴き方によっては下手な人が叩いているみたいな感じなんですけれど。意図してつくった揺れを気持ちいいと感じてもらえたら嬉しいです。『カゼノウタ』は、アップテンポのドラムンベース的なリズムで、面白い感じに仕上がったかな。『カエリミチ』は、地軸が捻じ曲がったようなリズムの面白みを試してみた曲。『コモレビ』はバラードでゆったりした曲なのですが、実はドラムは3倍速でものすごく細かく叩いているんです。ただそういうふうに聞こえないと思うので、ドラマーにしかわからない持ち味がある曲です。あれ?推し曲が全部になってしまいますね(笑)」
お気づきの通り、アルバムタイトルから各曲名まですべてがカタカナ表記であり、これもシフトのひとつ。
「インストゥルメンタルの曲というと、タイトルは英語という刷り込みのようなものがあったんですけれども、シフトを変えてそういった概念を外してみようと。カタカナって世界的に人気があって目になじみのあるフォントだし、カッコイイと思って」

鬱々とした気分を払拭したい。そんなイメージでつくった『SORA』。早く日常が戻ってきてほしいという願いを込めた『アメアガリ』。
最後に、読者へのメッセージをお願いすると「今はトンネルの中にいますが、続けることで先が見えてくると思うので、みんなでがんばりましょう。それが僕からのメッセージでしょうか。でも、がんばろうと思ってもその気力が出てこないこともありますよね。このアルバムで、少しでも気持ちが軽くなると嬉しいですね。ぜひ聴いていただきたいです。あれ、これじゃあメッセージじゃなくて宣伝ですね(笑)」
停滞しがちな世の中にあって、チャレンジングで新しいサウンドが心を動かしてくれる。

■インフォメーション

アルバム『SORA』/『アメアガリ』

発売元:キングレコード
発売日:2021年12月22日
価格:各3,300円(税込)
詳細はこちら

●ファンと一緒につくる。PYRAMIDアルバム制作プロジェクト

ギタリストの鳥山雄司、ドラマーの神保彰、ピアニストの和泉宏隆により結成されたユニット「PYRAMID」が、新たなアルバムの制作に向けてクラウドファンディングに挑戦。アルバム制作から世の中に届けるまでの過程を一緒に体験いただき、“ファンと共につくる”アルバムを制作します。(2022年3月18日締め切り)
詳細はこちら

オフィシャルFacebook YouTube公式チャンネル オフィシャルTwitter オフィシャルInstagram

photo/ 遠藤慶太郎

本ウェブサイト上に掲載されている文章・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

facebook

twitter

特集

石若駿

今月の音遊人

今月の音遊人:石若駿さん「音楽っていうのは、人の考えとか行動の表れみたいなものだと思う」

290views

音楽ライターの眼

メトロポリタン歌劇場の130年のドラマを詳細に描き出した著作が登場

1988views

Disklavier™ ENSPIRE(ディスクラビア エンスパイア)- Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

限りなく高い精度で鍵盤とハンマーの動きを計測するヤマハ独自の自動演奏ピアノの技術

17520views

ピアノの地震対策

楽器のあれこれQ&A

いざという時のために!ピアノの地震対策は大丈夫ですか?

28386views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:若き天才ドラマー川口千里がエレキギターに挑戦!

8432views

楽器博物館の学芸員の仕事 Web音遊人

オトノ仕事人

楽器のデモンストレーション、解説、管理までをこなすマルチプレイヤー/楽器博物館の学芸員の仕事(前編)

9028views

札幌コンサートホールKitara - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

あたたかみのあるデザインと音響を両立した、北海道を代表する音楽の殿堂/札幌コンサートホールKitara 大ホール

15144views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

5659views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

16250views

スイング・ビーズ・ジャズ・オーケストラのメンバー

われら音遊人

われら音遊人:震災の年に結成したビッグバンド、ボランティア演奏もおまかせあれ!

4203views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

4440views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

25654views

桑原あい

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若きジャズピアニスト桑原あいがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

13245views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

8000views

音楽ライターの眼

ジャズならではのバイアスがクラシックでは意図しえない結果を生む?

2683views

オトノ仕事人

コンサートの音の責任者/サウンドデザイナーの仕事

9154views

われら音遊人

われら音遊人:ママ友同士で結成し、はや30年!音楽の楽しさをわかちあう

3725views

楽器探訪 Anothertake

存在感がありながら他の楽器となじむシンフォニックなサウンドが光る、Xeno(ゼノ)トロンボーンの最上位モデル

3028views

秋田ミルハス

ホール自慢を聞きましょう

“秋田”の魅力が満載/あきた芸術劇場ミルハス

1044views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.3

パイドパイパー・ダイアリー

人生の最大の謎について、わたしも教室で考えた

4193views

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンの取り扱いについて

楽器のあれこれQ&A

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンを安心して運ぶには?

88087views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

8388views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

21721views