Web音遊人(みゅーじん)

さらなる高みへ──奏者としての節目と新たな挑戦/小林愛実インタビュー

9歳にして国際的なピアニストとしてデビューした小林愛実。常に注目の存在としてキャリアを歩みながら、妥協することなく自らの音と向き合ってきた彼女の音楽は進化し続けてきた。2013年からフィラデルフィア・カーティス音楽院に留学し、2015年の第17回ショパン国際ピアノコンクール(以下 ショパンコンクール)で日本人唯一のファイナリストになった小林は、2021年(第18回)に第4位入賞。そんな小林が2022年3月に「小林愛実 ピアノ・リサイタル 2022 Beginning of the future」を開催する。
サブタイトルの「Beginning of the future」には、「これから」という意味が込められているという。これはショパンコンクールの凱旋コンサートではなく、ショパンコンクールを経て新たなスタートを切るという想いが込められている。

選曲にも表れた“これから”への強い意志

「ショパンコンクールではとても光栄な賞をいただきましたが、ピアニストとしてこれがゴールというわけではありません。むしろここから始めなくてはいけないと思っています。今回のプログラムにはショパンだけでなくシューマンやシューベルトを入れました。私の新たな部分をお聴きいただけると思います」

プログラムの前半にはシューマンの『アラベスクハ長調 op.18』、シューベルトの『ピアノ・ソナタ第19番 ハ短調』(D958)が並ぶ。曲目からも小林の新しい挑戦に対する意欲が感じられる。
「シューマンは何度か演奏しました。でも、シューベルトについては勉強してきたものの、演奏会で弾くのはほぼ初めて。実は大好きな作曲家で、“いつかやりたい”と思っていたのですが、好きだからこそなかなかできなくて……。ショパンコンクールを終えてひと段落したことで、自分の中でひとつのターニングポイントを迎えられた感じがしたので、これからのことを考え、自分の好きな作曲家や作品を演奏していこうかなと思いました」

新たな扉を開いたシューベルトで、節目のリサイタルに臨む

シューベルトのピアノ・ソナタは全21曲あるが、今回第19番を選んだのはなぜだったのだろうか。
「これはアメリカに留学して最初の年、18歳のときに初めて受けた、シューベルトの後期の3大ソナタのマスタークラスで演奏した曲なんです。それまでシューベルトの作品は即興曲や小さなソナタくらいしか弾いたことのなかった私が急遽受講することになったマスタークラスだったので必死でしたが、弾きながらなぜか不思議と安心感があったんです。そして同時にすごく“好きだな”とも感じていて……。いま、新たなスタートを迎えるにあたって、この18歳のときの体験を思い出したので、このタイミングでぜひ弾いてみたいと。またこの曲はハ短調のソナタですが、シューマンのアラベスクがハ長調なので調のつながりもとても自然なんですよ」

シューベルトはとても好きだと話してくれた小林だが、今回プログラムの最初を飾る、シューマンについてはどう感じているのだろうか。
「シューマンの作品はとても好きですし、相性がいいとも感じています。これからまたいろいろと取り組んでいきたいと思っているところなんです」

ショパンは一区切り。今後は独墺の作曲家と共に

リサイタルの最後を飾るのはショパンの『24の前奏曲』。小林はこの曲をショパンコンクールの第3次予選で演奏しており、多くの人々を魅了したことは記憶に新しい。やはり注目せずにはいられない作品である。
「とても大切な作品ですが、今回のリサイタルで演奏したら、この曲とはしばらくお別れかなと思っています。これからはさらに色々な作曲家の作品に取り組んでいきたいので」

確かにプログラムには小林の“これから”への強い想いと意欲が感じられる。今後は独墺の作品が中心になっていくのだろうか。
「まだはっきりとは決めていませんが、そのようになると思っています。あと、バッハも弾きたいですね。実は、人前で演奏することにどこか怖さを感じていて避けていたんです。でも、やっぱりバッハを弾ける演奏家ってかっこいいですし……(笑)。プログラムに入れていこうと思っています。目標の一つですね。ほかにも、シューベルトなど、いろいろと弾きたいものがあります。録音も視野に入れ、いろいろと練りたいと考えています」

サントリーホールでのソロリサイタルはデビューリサイタル以来だという小林。今回のリサイタルは、大変な快挙を成し遂げながら、さらに新たな目標に向かってまっすぐ歩み続ける小林にとって本当に大きな節目となるだろう。常に自身の音に向き合いながら真摯に演奏を届けてくれる彼女の“これから”に、期待せずにはいられない。

■インフォメーション

小林愛実 ピアノ・リサイタル 2022 Beginning of the future

日時:2022年3月17日(木)19:00開演(18:00開場)
会場:サントリーホール
料金:6,000円(税込・全席指定)
曲目:シューマン/アラベスクop.18、シューベルト/ピアノ・ソナタ第19番 D958、ショパン/24の前奏曲 op.28
詳細はこちら

●2022年公演情報

2月23日(水・祝)
小林愛実ピアノリサイタル/市原市市民会館大ホール(千葉県)
2月26日(土)
ピアノ・エトワール・シリーズ Vol.43 小林愛実 ピアノ・リサイタル/彩の国さいたま芸術劇場音楽ホール(埼玉県)
2月28日(月)
東京都交響楽団 第944回定期演奏会Aシリーズ/東京文化会館大ホール(東京都)
5月29日(日)
小林愛実 オール・ショパン・ピアノ・リサイタル 浪切ホール開館20周年事業 第18回ショパン国際ピアノコンクール入賞記念(大阪府)
6月16日(木)
小林愛実 ピアノ・リサイタル 第45回名古屋国際音楽祭/愛知県芸術劇場コンサートホール(愛知県)

オフィシャルサイトはこちら

オフィシャルFacebook オフィシャルTwitter オフィシャルInstagram

photo/ Makoto Nakagawa

本ウェブサイト上に掲載されている文章・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

facebook

twitter

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:由紀さおりさん「言葉の裏側にある思いを表現したい」

4887views

バッハにオマージュを捧げる弦楽器奏者たちの味わい深い録音

音楽ライターの眼

バッハにオマージュを捧げる弦楽器奏者たちの味わい深い録音、おすすめのアルバム5枚

4470views

楽器探訪 Anothertake

新開発の音響システムが表現力のカナメ。管楽器の可能性を広げる「デジタルサックス」

1965views

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!トランペットをうまく鳴らすコツと練習方法

100302views

今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

6859views

仁宮裕さん

オトノ仕事人

アーティストの音楽観を映像で表現するミュージックビデオを作る/映像作家の仕事

11709views

荘銀タクト鶴岡

ホール自慢を聞きましょう

ステージと客席の一体感と、自然で明快な音が味わえるホール/荘銀タクト鶴岡(鶴岡市文化会館)

7835views

こどもと楽しむMusicナビ

1DAYフェスであなたもオルガン博士に/サントリーホールでオルガンZANMAI!

1736views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

16536views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:バンドサークルのような活動スタイルだから、初心者も経験者も、皆がライブハウスのステージに立てる!

6529views

山口正介 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

この感覚を体験すると「音楽がやみつきになる」

7126views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

25952views

コハーン・イシュトヴァーンさん Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ハンガリー出身のクラリネット奏者コハーン・イシュトヴァーンがバイオリンを体験レッスン!

8420views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

9488views

音楽ライターの眼

【ジャズの“名盤”ってナンだ?】#003 新旧ジャズの分水嶺となったハイブリッドな室内楽~『ポートレイト・イン・ジャズ』編

259views

マイク1本から吟味して求められる音に近づける/レコーディングエンジニアの仕事(前編)

オトノ仕事人

マイク1本から吟味して求められる音に近づける/レコーディングエンジニアの仕事(前編)

12224views

われら音遊人ー021Hアンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:元クラスメイトだけで結成。あのころも今も、同じ思いを共有!

3888views

楽器探訪 - ステージア「ELC-02」

楽器探訪 Anothertake

持ち運び可能なエレクトーン「ELC-02」、自由な発想でカジュアルに遊ぶ

26565views

東広島芸術文化ホール くらら - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

繊細なピアニシモも隅々まで響く至福の音響空間/東広島芸術文化ホール くらら

10951views

パイドパイパー・ダイアリー

こうしてわたしは「演奏が楽しくてしょうがない」 という心境になりました

7121views

ピアノの地震対策

楽器のあれこれQ&A

いざという時のために!ピアノの地震対策は大丈夫ですか?

29353views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

7606views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

7802views