Web音遊人(みゅーじん)

【ジャズの“名盤”ってナンだ?】#016 ジャズを大衆化させる戦略が功を奏した“置き土産”~マイルス・デイヴィス『リラクシン』編

ジャズの“名盤”と呼ばれるアルバムを取り上げて、解釈のアップデートをしていこうというこのシリーズ。

16回目にして3回目の登場となるマイルス・デイヴィスのアルバムです。

まぁ、20世紀のジャズの立役者として筆頭の位置にいるのは間違いない人物なので、3回目も当たり前、いやいや今後もこのシリーズに名を連ねること必至だと覚悟しておいてくださいね。

なにをどう覚悟するのかはさておき、今回のセレクションは、#009で取り上げた『クッキン』同様、“マイルスのマラソン・セッション”と呼ばれる伝説のレコーディングによって生まれた1枚なのです。

いや、決して“手抜き”をしているわけではありません。

同じような内容のアルバムなのにそれぞれが“名盤”とされていることも含めて、アプデしていきましょう。


リラクシン/マイルス・デイヴィス

アルバム概要

概要については#009に書いたとおり。

レコード会社との契約の都合上、マイルス・デイヴィスは4枚のアルバムを短期決戦で仕上げなければならなかったという背景がありました。

マイルス・デイヴィスにとって、大手レコード会社への移籍はビッグチャンス。その機会を逃さないためにも円満移籍の条件、すなわち4枚分のレコーディングをまっとうすることは当然なのですが、そのクオリティもまた、重要な査定対象だったはず。

つまり、お茶を濁したような内容の演奏でレコーディングをやっつけたのでは、新天地での評判や展開にもケチがついてしまい、せっかくのチャンスを台無しにしてしまいかねない、ということです。

“名盤”の理由

ということで、マイルス・デイヴィスは当初から、この4枚のいずれか、いや、すべてを、“名盤”と呼ばれても不思議のないクオリティに仕上げて世に送り出すつもりだったのだと、ボクは考えています。

収録は1956年5月11日と10月26日の2日間。ただし、前述のようにアルバム4枚分のレコーディングをこなさなければならなかったので、この2日間のスケジュールは『リラクシン』1枚のためのものではなかったことは押さえておきましょう。

メンバーは、トランペットのマイルス・デイヴィスをリーダーに、テナー・サックスのジョン・コルトレーン、ピアノのレッド・ガーランド、ベースのポール・チェンバース、ドラムスのフィリー・ジョー・ジョーンズによる5人編成。いわゆる“マイルスの第1期黄金クインテット”です。

収録された6曲の構成は、ミュージカル&レヴュー・ナンバーが3曲、スタンダードが1曲、ソニー・ロリンズとディジー・ガレスピーという盟友たちのオリジナルがそれぞれ1曲ずつ。

完全なポピュラー曲のカヴァー集でもなく、ゴリゴリのハード・バップなジャズを聴かせるだけでもないというバランスの良さが、マイルス・デイヴィスならではのセンスと言えるでしょう。

いま聴くべきポイント

レコード会社移籍の“置き土産”として制作された4枚のアルバムのなかでも、充実度が抜きん出ていると評価されてきたのが、この『リラクシン』でした。

なぜ、アルバムリリース(1958年)から65年を経ても評価が高いまま持続しているのでしょうか?

そのヒントは、アルバム収録曲の順序にあると思います。

CDの登場以降、ランダム再生が簡単にできるようになったため、リスナーは必ずしもフルアルバムの曲順どおりに聴く必要がなくなりました。

しかし、アナログ盤の時代、A面とB面の振り分けはもちろん、1曲目と2曲目以降という順番は、アルバムという“作品”全体のメッセージ性にも通じる重要な意味をもたされていました。

『リラクシン』では、もしマイルス・デイヴィスやプレスティッジ・レコードが「ハード・バップのジャズ・ブームに乗っかって売上が上がればいい」ぐらいに考えていたとしたら、この曲順ではなかったと思うのです。

ボクが想像するに、A面1曲目は人気のあったディジー・ガレスピーの『ウッディン・ユー』、次はクインテットの十八番とも言える『オレオ』で、あとはテンポを落としたポピュラーな選曲。つまり、ハード・バップ系のジャズを好む流行に敏感な層に訴求する構成にする、というのが、当時のマーケティング部長の賢明な判断だったんじゃないか──。

しかし、マイルス・デイヴィスがめざしていたのは、ジャズのマニアな層に訴求するだけのものではなく、もっと広く、音楽を理解する可能性のある層が振り向いてくれる内容のものだったはずなのです。

歌心あふれるポピュラーなナンバーをメインに据え、ジャズを聴きやすさと高度な音楽理論とのバランスがとれた一段上の芸術へ押し上げようという“野心”があったからこそ、『リラクシン』はノルマ消化の義務的な内容にならず、65年後のいまも輝きを失わずに“名盤”であり続けているのだ、と思います。

「ジャズの“名盤”ってナンだ?」全編 >

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

facebook

twitter

特集

今月の音遊人 横山剣

今月の音遊人

今月の音遊人:横山剣さん「音楽には、癒やしよりも刺激や興奮を求めているのかも」

8277views

メタリカ

音楽ライターの眼

メタリカの誇るグラミー賞メタル部門最多受賞

503views

Disklavier™ ENSPIRE(ディスクラビア エンスパイア)- Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

限りなく高い精度で鍵盤とハンマーの動きを計測するヤマハ独自の自動演奏ピアノの技術

23021views

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!バイオリンの購入ポイントと練習のコツ

19396views

今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

8491views

楽器博物館の学芸員の仕事 Web音遊人

オトノ仕事人

わかりやすい言葉で、知られざる楽器の魅力を伝えたい/楽器博物館の学芸員の仕事(後編)

8321views

ホール自慢を聞きましょう

歴史ある“不死鳥の街”から新時代の芸術文化を発信/フェニーチェ堺

8187views

こどもと楽しむMusicナビ

1DAYフェスであなたもオルガン博士に/サントリーホールでオルガンZANMAI!

2942views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

23697views

われら音遊人

われら音遊人:オリジナルは30曲以上 大人に向けて奏でるフォークロックバンド

4226views

山口正介 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

この感覚を体験すると「音楽がやみつきになる」

8255views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9744views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:和洋折衷のユニット竜馬四重奏がアルトヴェノーヴァのレッスンを初体験!

4599views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

14574views

KOBUDO-古武道-

音楽ライターの眼

異ジャンルトリオ「KOBUDO―古武道―」のアコースティック・コンサート/チェリスト・古川展生×ピアニスト・妹尾武×尺八奏者・藤原道山

1244views

重田克美

オトノ仕事人

スポーツやイベントの会場で、選手やお客様のためにいい音環境を作る/音響エンジニアの仕事

9227views

ギグリーマン

われら音遊人

われら音遊人:誰もが聴いたことがあるヒット曲でライブに来たすべての人を笑顔に

1927views

reface シリーズ

楽器探訪 Anothertake

ひざの上に乗せてその場で音が出せる!新感覚のシンセサイザー「reface」シリーズ

13111views

HAKUJU HALL(白寿ホール)

ホール自慢を聞きましょう

心身ともにリラックスできる贅沢な音楽空間/Hakuju Hall(ハクジュホール)

22148views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

いまやサクソフォンは趣味となったが、最初は映画音楽だった

6636views

サクソフォンの選び方と扱い方について

楽器のあれこれQ&A

これからはじめる方必見!サクソフォンの選び方と扱い方について

55028views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

6735views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24890views