Web音遊人(みゅーじん)

「限界を超える」ために何をすべきか壁を破るためのヒントをくれる本/川上昌裕インタビュー

「個性や才能は、『引き出す』というよりも、本人の持っているものを『尊重してあげる』だけでいいんです」
こう語るのはピアニストの川上昌裕。世界的ピアニストとなった辻井伸行の指導者として、また作曲家・カプースチンを日本に紹介し、40作品以上の世界初演を行った演奏家として知られている。近年では、魅力あふれるピアニスト紀平凱成きひらかいるの指導にもあたっている。

その川上が、自身がピアニストになるまでの道のり、ピアノ指導者としての姿勢や教え方の工夫、カプースチンとの出会いと楽譜出版に至るやりとりなど、川上にしか著せない体験をつづった『限界を超えるピアノ演奏法』が出版された。これは2012年刊行の『ピアニストは進化する~「限界」を超える奇跡のピアノ指導』を加筆修正し、文庫化されたもの。本書が、より手に取りやすい形となったことの意義はとても大きい。

とくに、指導法を「発明」し、辻井とともに歩んだ日々の記録である第二章からは、生徒と寄り添うことの本質が読み取れる。新曲に取り組むさい、川上はあらかじめ作品を細分化した録音を聴かせ、楽譜を言葉で伝えて譜読みをさせた。大曲になってもそのやり方をコツコツと続け、辻井は次々にマスターしていく。そのなかで「作曲家からのメッセージをつかめるようにすること」を大切に指導した。こうして磨かれた辻井の演奏は「作品の本質をダイレクトに捉えていると思う」と川上は語る。「辻井君は、作曲家が楽譜に書けなかった部分まで演奏していると感じることがありました。作曲家は、自分のなかで鳴っている音楽をすべて楽譜に書き込めたわけではなく、演奏者は楽譜の奥にある音楽を読み取らなければいけません。辻井君と出会って、私自身もそのことに気づかされたのです」

辻井は見事に限界を超えた。個性を自由に羽ばたかせることと指導すべきことのバランスが随所に読み取れる本書。それは、川上自身が「長い時間をかけてつかんだ実践や考え方」であり、だからこそ、説得力をもってすっと読み手の心に落ちるのだろう。結果として、辻井が世界中で愛されるピアニストになり、カプースチンが日本でも人気作曲家のひとりになったことが、ここに書かれたことを証明している。

冒頭の言葉には続きがある。才能や個性がときに失われてしまうのはなぜなのか、という質問への答えだ。「それは、本人の持っているもの全部を、『尊重してあげていないから』でしょうね」
この言葉の重みは、ピアノ以外の指導や家庭での子育て、人材育成といった、すべての場面にも通じるだろう。普遍的なテーマを深く考えるきっかけになる一冊だ。

■インフォメーション

『1冊でわかるポケット教養シリーズ 限界を超えるピアノ演奏法』
発売元:ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス
料金:1,045円(税込)
詳細とご購入はこちら

川上昌裕

川上昌裕〔かわかみ・まさひろ〕
東京音楽大学ピアノ演奏家コース、ウィーン市立音楽芸術大学卒業。ピアニストとしての活動のほか、テレビ・ラジオ出演、講演、公開レッスン、コンクール審査、マスタークラス講師など多方面で活躍中。カプースチン『ピアノ作品全曲録音シリーズ』ほか11枚のアルバムをリリース。著書に『ちょっとピアノ本気でピアノ〜ブログでおなじみ、川上昌裕のレベルアップピアノ術〜』『カプースチン ピアノ音楽の新たな扉を開く』(ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス)などがある。
オフィシャルサイト

facebook

twitter

特集

三浦文彰

今月の音遊人

今月の音遊人:三浦文彰さん「音を自由に表現できてこそ音楽になる。自分もそうでありたいですね」

2588views

音楽ライターの眼

3大テノールを受け継ぐ情熱的な歌声を聴かせたサルヴァトーレ・リチートラを偲ぶ Vol.1

3734views

練習用のバイオリンとして進化する機能と、守り続けるデザイン

楽器探訪 Anothertake

進化する機能と、守り続けるデザイン

4925views

ヤマハ製アコースティックギター

楽器のあれこれQ&A

目的別に選ぶ、ヤマハ製アコースティックギター

5569views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】注目の若手ピアニスト小林愛実がチェロのレッスンに挑戦!

9360views

オトノ仕事人

音楽をやりたい子どもたちの力になりたい/地域音楽コーディネーターの仕事

8372views

ホール自慢を聞きましょう

ウィーンの品格と本格派の音楽を堪能できる大阪の極上空間/いずみホール

6416views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

6459views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

8194views

武豊吹奏楽団

われら音遊人

われら音遊人: 地域の人たちの喜ぶ顔を見るために苦しいときも前に進み続ける

1475views

パイドパイパー・ダイアリー

こうしてわたしは「演奏が楽しくてしょうがない」 という心境になりました

8300views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9621views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ギタリスト木村大とピアニスト榊原大がトランペットに挑戦!

6996views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

21801views

音楽ライターの眼

サマーソニック2019、20周年を記念して3日開催へ。2020年はお休み

8170views

ホールのクラシック公演を企画して地域の文化に貢献する/音楽学芸員の仕事

オトノ仕事人

アーティストとお客様とをマッチングさせ、コンサートという形で幸福な時間を演出する/音楽学芸員の仕事

11361views

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

われら音遊人

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

10242views

“音を使って音楽を作る”音楽の冒険を「ELC-02」で

楽器探訪 Anothertake

音楽を楽しむ気持ちに届ける「ELC-02」のデザインと機能

8328views

弦楽四重奏を聴くことが人生の糧となるように/第一生命ホール

ホール自慢を聞きましょう

弦楽四重奏を聴くことが人生の糧となるように/第一生命ホール

8590views

パイドパイパー・ダイアリー

こうしてわたしは「演奏が楽しくてしょうがない」 という心境になりました

8300views

ヴェノーヴァ

楽器のあれこれQ&A

気軽に始められる新しい管楽器 Venova™(ヴェノーヴァ)の魅力

1600views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

7206views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

29031views