Web音遊人(みゅーじん)

【ジャズの“名盤”ってナンだ?】#030 “ため息”の魅力を際立たせたアレンジャーの作戦勝ち!?~ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウン『ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウン』編

ハスキーな美声が“ニューヨークのため息”と呼ばれ、世界を席巻するジャズ・シンガーの座を手に入れたのは、1929年生まれで現在御年94歳のヘレン・メリル。

そのきっかけとなったのが、25歳のときに制作したデビュー・アルバムである本作でした。

内容は、当時のジャズの最先端スタイルであるハード・バップの最注目株だったトランペット奏者のクリフォード・ブラウンを全面にフィーチャーし、それまでの“歌もの作品”とは一線を画すもので、“名盤”に列せられるようになりました。

立役者ともいえるクリフォード・ブラウンは、本作の前に、“ブルースの女王”として人気を博していたダイナ・ワシントンとの『ダイナ・ワシントン・ウィズ・クリフォード・ブラウン』を1954年8月に、女性ジャズ・ヴォーカルのトップ3に数えられていたサラ・ヴォーンとの『サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン』を同年12月16日と18日にそれぞれレコーディングしており、レコード会社的には、シリーズ第3弾としてアフリカン・アメリカンな女性ジャズ・ヴォーカルの系譜とはちょっと異なるニューカマーを売り出してやろう、という腹積もりだったようなのです。

そのあたりを絡めて、本作が抜きん出て愛されている理由を考えてみましょう。


ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウン

アルバム概要

1954年12月22日と24日に、ニューヨークのスタジオで収録された作品です。

オリジナルはLP盤で、A面4曲、B面3曲の計7曲でリリースされ、CD化のときも同曲数同曲順になっています。

メンバーは、ヴォーカルがヘレン・メリル、トランペットがクリフォード・ブラウン、バリトン・サックス/バス・クラリネット/フルートがダニー・バンク、ピアノがジミー・ジョーンズ、ギターがバリー・ガルブレイス、ベースがミルト・ヒントン、ベース/チェロがオスカー・ペティフォード、ドラムスがボビー・ドナルドソンとオジー・ジョンソン(2名の記述がある楽器は収録日と収録曲が異なり、それぞれ1名で担当)。

収録曲はすべてカヴァー曲です。

“名盤”の理由

“ため息”とは、「気苦労や失望などから、また、感動したときや緊張がとけたときに、思わず出る大きな吐息」(『デジタル大辞林』より)であり、その原因がネガティヴとポジティヴの両極端であるという不思議な生理反応です。

では、ヘレン・メリルの“ため息”は、ネガティヴな原因によるのかポジティヴな原因によるのかと考えると、実は前者だったのではないかと思うのです。

というのも、ジャズのルーツや発展に大きく関係・貢献してきたとされるのがアフリカン・アメリカンですが、その背景には非人道的な奴隷制とそれに由来する差別があり、そうした“憂鬱”を内包していることがジャズのアイデンティティにとって重要であるとされてきました。

それが、1950年代以降の公民権運動の盛り上がりのなかで特にクローズアップされていたことを考えると、ヘレン・メリルの“ため息”にはそのニュアンスがあると評価されていたのだと推論できそうだからです。

前述のダイナ・ワシントンやサラ・ヴォーンにももちろんそのニュアンスはあるものの、彼女たちは圧倒的なパワーとテクニックが先に立つことから、時代の潮流である“憂鬱”を表現するヴォーカリストとして新たなキャラクターが必要とされていたところにピタリと収まったのが、ヘレン・メリルだったのではないか──と。

いま聴くべきポイント

ヘレン・メリルはニューヨーク生まれの白人女性ですが、両親はクロアチア移民であったため、アフリカン・アメリカンの置かれた境遇にも、共感できる環境にあったようです。

そうでなければ、14歳という年齢でジャズクラブのステージに立つようになり、エマーシー・レコードの目に留まってレコーディングの機会をゲットすることはできなかったはずなのですから……。

また、エマーシー・レコードが打ち出した“ウィズ・クリフォード・ブラウン3部作”のなかで本作が決定的に異なるのは、クインシー・ジョーンズにアレンジとバンドの指揮を託したところでしょう。

クインシー・ジョーンズは、いまでこそ売上世界一のアルバム(=マイケル・ジャクソンとの共同プロデュース作『スリラー』)の記録保持者として知られているものの、本作を制作した当時はバークリー音楽大学を卒業してライオネル・ハンプトン楽団に雇われ、アレンジャーとしてようやく認められ始めたという“駆け出し”のころ。

ヘレン・メリルとはたまたま近所に住んでいて知り合いだったことから起用されたようで、そこには、お互いに転がり込んだチャンスを最大限活かそうとする“野望”があったかもしれない、いや、あったはず、あったに違いないのです。

そんな、絵に描いたようなエンタテインメント業界の立身出世物語のひとコマがあったからこそ、すでに功成り名を遂げていたダイナ・ワシントンやサラ・ヴォーンを追い越すような“名盤”を世に送り出すことができた──というわけです。

それはつまり、ヘレン・メリルの低めの声の艶を際立たせるためにバリトン・サックスを起用した、クインシー・ジョーンズの作戦勝ちということなんだよなぁと、このアルバムをきっかけに“名曲”の仲間入りをすることになった『ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ』を聴くたびに思うのです……。

「ジャズの“名盤”ってナンだ?」全編 >

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:七海ひろきさん「声優の仕事をするようになって、日常の中の音に耳を傾けるようになりました」

12188views

ジャズとロックの関係性

音楽ライターの眼

ジャズ・ギターの革命児がビートルズに出逢うまでのプロローグ

3956views

クラビノーバ「CSPシリーズ」

楽器探訪 Anothertake

これまでピアノを諦めていた多くの人を救う楽器。楽譜作成・鍵盤ガイド機能が付いた電子ピアノ/クラビノーバ「CSPシリーズ」

21580views

トロンボーン

楽器のあれこれQ&A

初心者なら知っておきたい、トロンボーンの種類や選び方のポイント

13278views

バイオリニスト石田泰尚が アルトサクソフォンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】バイオリニスト石田泰尚がアルトサクソフォンに挑戦!

12368views

楽器博物館の学芸員の仕事 Web音遊人

オトノ仕事人

楽器のデモンストレーション、解説、管理までをこなすマルチプレイヤー/楽器博物館の学芸員の仕事(前編)

11520views

サラマンカホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

まるでヨーロッパの教会にいるような雰囲気に包まれるクラシック音楽専用ホール/サラマンカホール

20977views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

7441views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

14768views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:仕事もバンドも、常に真剣勝負!

9602views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

クラス分けもまた楽しみ、レッスン通いスタート

4768views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

25150views

おとなの楽器練習記:岩崎洵奈

おとなの楽器練習記

【動画公開中】将来を嘱望される実力派ピアニスト、岩崎洵奈がアルトサクソフォンに初挑戦!

11580views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

14768views

塩谷哲

音楽ライターの眼

内なるポリフォニーが導くジャズピアノの展開力/塩谷哲 PIANO CONCERT 2023

2139views

オトノ仕事人

コンサートの音の責任者/サウンドデザイナーの仕事

12166views

われら音遊人

われら音遊人:路上イベントで演奏を楽しみ地域活性にも貢献

3233views

Venova(ヴェノーヴァ)

楽器探訪 Anothertake

すぐに音を出せて、自由に演奏できる。管楽器の楽しみを多くの人に

14101views

ホール自慢を聞きましょう

地域に愛される豊かな音楽体験の場として京葉エリアに誕生した室内楽ホール/浦安音楽ホール

10401views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は人前で演奏してこそ、上達していくものなのだろう

8095views

楽器のあれこれQ&A

いつも清潔にしておきたい!ピアニカのお手入れ、お掃除方法

291976views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

9225views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9956views