Web音遊人(みゅーじん)

広田智之&大萩康司

相性抜群!オーボエとギターの共通点とは?/広田智之&大萩康司インタビュー

ソリストとしても活躍中の東京都交響楽団首席オーボエ奏者、広田智之。世界を舞台に多彩なジャンルのアーティストとのコラボで注目を集めるギタリスト、大萩康司。この2人が2015年7月、ヤマハホールでデュオ・コンサートを行う。「オーボエとギター」というユニークな組み合わせの発想はどこから生まれてきたのだろうか。

「オーボエとギターって、確かに組み合わせとしては珍しいかもしれません。でもやってみるとものすごく相性がいいんです。フルートとギターは以前からよく合うと言われていて曲も多いんですが、オーボエとギターのほうが合うんじゃないかな」(広田)
「フルートは木管といっても今はほとんど金属製ですよね。でもオーボエはグラナディラという黒檀の仲間の木ですし、もちろんギターも木でできていて指板は黒檀です。同じ種類の木を使っているから、よく響き合うのかもしれませんね。それとオーボエとギターは発音も似ていると思うんです。弦とリードの違いはありますが、振動した瞬間から音がするので発音のポイントが「点」なんです」(大萩)
「一緒に演奏する楽器によっては、オーボエの音がその楽器の音に包み込まれてしまうのですが、ギターの場合はオーボエの音の消え際の艶やかな輪郭まで表現できる。そこがこの組み合わせのいいところだと思います」(広田)

広田智之&大萩康司

(写真左)ギタリスト 大萩康司さん、(写真右)オーボエ奏者 広田智之さん

ところで、ともにクラシック音楽の第一人者である広田と大萩だが、ポップスもレパートリーとする点も共通している。なぜポップスを?
「ひとつはオーボエが『歌う楽器』であること。クラシックだろうとポピュラーだろうとジャンルに関係なく表現できると思っています。もうひとつは、個人的な理由ですがストレス解消(笑)。オーケストラでソロを吹くのってものすごいプレッシャーなんですね。でもジャンルを変えてポップスで吹くと適度な緊張感を味わいつつ、楽しく演奏できるんです」(広田)

「わかります!僕もジャズギタリストの小沼ようすけさんと2人でコンサートをやりますが、彼が発した音に対し、どう応えるかを考えながら演奏すると、気持ちがすごく開放されます。ジャンルを超えることで自分の新たな側面を見つけることができるし、クラシックに戻ったときにも、それまでと感覚がちょっと変わっている。ポップスを演奏することでクラシックにもいいフィードバックがあるような気がします」(大萩)

コンサート終了後は、アーティストとアフタヌーンパーティーを楽しめる「特別プラン」も用意されている。ステージ上とはまた異なる2人の魅力に触れられるのではないだろうか。

■Elegant Time Concert~上質な時間を貴方に~
広田智之×大萩康司 デュオ・コンサート~Baroque×Beat~

日時:2015年7月24日(金)13:00開演(12:30開場)
場所:ヤマハホール(東京都中央区銀座7-9-14 ヤマハ銀座ビル7F)
料金:【コンサートのみ】4,000円(税込)
【特別プラン】8,500円(税込)※アーティストと楽しむアフタヌーンパーティーとコンサートチケットのセットプラン(40名限定)
曲目:C.P.E.バッハ:オーボエ・ソナタ ト短調/J.S.バッハ:G線上のアリア、アリオーソ/ザ・ビートルズ(J.レノン&P.マッカートニー):デイ・トリッパー、イエスタデイ ほか
公演の詳細はこちら

 

特集

今月の音遊人:仲道郁代さん「多様性こそが音楽の素晴らしさ、私自身もまだまだ変化していきます」

今月の音遊人

今月の音遊人:仲道郁代さん「多様性こそが音楽の素晴らしさ、私自身もまだまだ変化していきます」

5954views

音楽ライターの眼

偉大な音楽家たちによる、ベートーヴェン生誕250年記念アルバム

796views

reface シリーズ

楽器探訪 Anothertake

ひざの上に乗せてその場で音が出せる!新感覚のシンセサイザー「reface」シリーズ

7723views

楽器のあれこれQ&A

ドの音が出ない!?リコーダーを上手に吹くためのアドバイスとお手入れ方法

95386views

おとなの楽器練習記 レ・フレール

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ピアノデュオ『レ・フレール』がトロンボーンに挑戦!

6718views

オトノ仕事人

オーダーメイドで楽譜を作り、作・編曲家から奏者に楽譜を届ける/プロミュージシャン用の楽譜を制作する仕事

6617views

グランツたけた

ホール自慢を聞きましょう

美しい歌声の響くホールで、瀧廉太郎愛にあふれる街が新しい時代を創造/グランツたけた(竹田市総合文化ホール)

2923views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

3056views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

12190views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:仕事もバンドも、常に真剣勝負!

6060views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.7

パイドパイパー・ダイアリー

最初のレッスンで学ぶ、あれこれについて

2650views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

18265views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:独特の世界観を表現する姉妹のピアノ連弾ボーカルユニットKitriがフルートに挑戦!

1344views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

16685views

音楽ライターの眼

2019年11月来日。エレクトリック・ギターの名手ジミー・ヘリングが原点となったギタリスト達を語る

2343views

ホールのクラシック公演を企画して地域の文化に貢献する/音楽学芸員の仕事

オトノ仕事人

アーティストとお客様とをマッチングさせ、コンサートという形で幸福な時間を演出する/音楽学芸員の仕事

7195views

われら音遊人

われら音遊人:オリジナルは30曲以上 大人に向けて奏でるフォークロックバンド

1283views

CLP-600シリーズ

楽器探訪 Anothertake

強弱も連打も思いのままに、グランドピアノに迫る弾き心地の電子ピアノ クラビノーバ「CLP-600シリーズ」

33859views

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、新時代へ発信する刺激的なコンテンツを/東京芸術劇場 コンサートホール

ホール自慢を聞きましょう

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、刺激的なコンテンツを発信/東京芸術劇場 コンサートホール

7487views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.3

パイドパイパー・ダイアリー

人生の最大の謎について、わたしも教室で考えた

3053views

エレクトーンの 取り扱い方法 Web音遊人

楽器のあれこれQ&A

エレクトーンについて、知っておきたいことや気をつけたいこと

15883views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

3454views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

18265views