Web音遊人(みゅーじん)

AFC

音空間を思いのままに──AFCを活用し、新たな音響演出に挑む実験会

1969年からホールや劇場などの音響コンサルティング、音響設計を行ってきたヤマハの空間音響グループ。その豊富な経験と知見によって開発されたAFC(Active Field Control)は、音空間全体をコントロールできる革新的なシステムだ。
2022年7月29日、このAFCシステムを活用した新たな音楽表現の可能性を探る実験会がヤマハ銀座スタジオで開催された。

スタジオがコンサートホールに!音の位置も自在

AFCには「AFC Enhance」と「AFC Image」のふたつの技術がある。
前者の「AFC Enhance」はそれぞれの空間固有の響きを任意にコントロールすることで、ひとつの空間でスピーチからクラシックコンサートまでさまざまな用途に応じた響きを創り出すことができる音場支援システム。一方の「AFC Image」は、音の定位を自在にコントロールする音像制御システムだ。このふたつの技術により、没入する音響空間を創り出すイマーシブオーディオソリューションを提供する。

AFC

空間の響きを最適化する音場支援システム『AFC Enhance』

百聞は“一聴”にしかず、だ。当日、ステージに姿を現したのは第1バイオリン、第2バイオリン、ヴィオラ、チェロの弦楽四重奏の演奏者たち。モーツァルト『アイネ・クライネ・ナハトムジーク』のデモ演奏では、調和のとれた豊かな響きが感じられた。
「AFC Enhanceを使ってもともとこのスタジオが持っている響きを自然に増幅させ、コンサートホールのような響きで聴いていただきました」
そう話すのは、空間音響グループの大木大夢おおぎひろむさん。銀座スタジオに設置された12本のマイクと55台のスピーカーを使い、人工的に空間の響きをつくり出しているという。
「たとえばオルガンなら響きが豊かな空間がいいですし、スピーチであれば明瞭性のために響きをなるべく抑えた空間のほうが聞き取りやすいということがあります。電気音響・信号処理技術を用いて響きの長さや豊かさを変えることで、ひとつの空間でさまざまな演目に対応できるのがAFCです」
また、通常のリバーブとは異なり、演奏音だけでなく会場全体の響きを自在に変えられるのが大きな特徴だとも言う。続いて行われたバイオリンのデモ演奏、そして我々の拍手からもそれを実感することができた。

音の定位を自在にコントロールする音像制御システム「AFC Image」

続いて、「AFC Image」について解説。これは、音の位置を平面的、立体的にリアルタイムで自由に動かすことができ、まるで特定の位置から音が出てくるようにする技術だ。こちらも、会場に設置されたスピーカーをコントロールして実現しているという。また、長年にわたるノウハウをもとに開発された3Dリバーブシステムを搭載することで、リアルな臨場感ある音場をつくり出している。

AFC

デモでは、先ほどの4人の奏者たちがサイレントバイオリン、サイレントヴィオラ、サイレントチェロを使って演奏を行った。
ご存じのようにサイレント楽器は、アンプにつながない状態で弾くと小さな音がするだけ。最初は「AFC Image」オフの状態で演奏、その後オンにして奏者の位置に音を配置すると、明らかに奏者の手元から音が聴こえてくる。さらに、音を後方に動かしたり、3Dリバーブの機能をオンにしたりすることでさまざま動きや響きが追加されることが実感できた。

AFC

AFCのために作曲された弦楽四重奏曲を初披露

さて、ここからが今回の実験会の目玉だ。一般的にイマーシブオーディオシステムは、映画やイベントなどで活用されることが多く、コンサートホールやオペラハウスでは生音が重視される傾向にある。
しかし、AFCを用いて新たな音楽表現ができるのでは……。ヤマハでは2017年からロチェスター工科大学のキム・ソンヨン准教授と共同研究を行い、その可能性を探ってきた。2021年にはジュリアード音楽院に在籍し、作曲家、ピアニスト、マルチメディアピアニストとして活動するオム・シヒョンさんに、研究の一貫としてAFCシステムとクラシック音楽を組み合わせた弦楽四重奏曲の作曲を依頼した。
今回は、AFCのために作曲された『弦楽四重奏曲 第2番「For AFC System」』の初演が4人の奏者によって行われる。本作では、AFCを一種の楽器として捉え、弦楽四重奏と融合することで新たな音楽表現を試みているという。
作品は、展開によって響きが変化し、「AFC Image」による効果音も加わって壮大でドラマチック。まさに新しい風を感じる魅力的なものだった。

AFC
演奏後には、キム准教授とオムさんが登壇し、大きな拍手で迎えられた。
「曲を書き始めるにあたって最初に考えたことは、速いセクションとゆっくりとしたセクションの2つを行き来するということです。速いセクションでは“砂漠”をイメージし、ゆっくりなセクションでは“山”をイメージしました。2つの違うシーンで異なる特徴を持たせており、それぞれを旅していきます。最終的にはSF映画のように空間が結合し、2つの場面が融合します。それを表現するため、曲の最後のシーンでは時計の音やベルの音を効果音として配置しました。AFCのシステムはとてもすばらしく、単なる山のイメージだけではなく、昼と夜の“時間帯”までを想像できるんです。AFCの作り出す山頂のイメージでは天気もよく空も澄んでいて、その場の雰囲気がよく出ており、一音一音の奥まで深く入り込むことができました」
オムさんは作曲にあたってのコンセプトやAFCについてそう話す。一方、キム准教授は演奏会を通じて感じたAFCの可能性についてこう語った。
「全体を通したアイデアとしては、音楽の表現をAFCという新しいテクノロジーを使ってどのように拡大できるかということでした。そこで、今回はオム・シヒョンさんにAFCを前提とした曲を作曲いただきましたが、他のアーティストにとってもAFCはあらゆる芸術の可能性を広げるものだと思います」
クラシック音楽やオペラ、ミュージカル……。AFCが広げる可能性に期待が高まる。

(写真左)ロチェスター工科大学のキム・ソンヨン氏。(写真右)作曲家・オム・シヒョン氏。

■AFC(アクティブフィールドコントロール)

あらゆる空間において、音を自在にコントロールし最適な音環境を創り出すことができるヤマハのイマーシブオーディオソリューションです。
詳細はこちら

プロオーディオインフォメーションセンターへのお問い合わせ

電話番号:0570-050-808
プロオーディオ・インフォメーションセンター

photo/ 宮地たか子

本ウェブサイト上に掲載されている文章・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

facebook

twitter

特集

今月の音遊人 岡本真夜さん

今月の音遊人

今月の音遊人:岡本真夜さん「親や友達に言えない思いも、ピアノに聴いてもらっていました」

6785views

DOWNLOAD JAPAN 2019

音楽ライターの眼

DOWNLOAD JAPAN 2019はスレイヤー最後の日本メタル・フェス出演となるか

7156views

Disklavier™ ENSPIRE(ディスクラビア エンスパイア)- Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

ピアノのエレガントなフォルムを大切にしたデザイン

5610views

楽器のあれこれQ&A

きっとためになる!サクソフォンの基礎力と表現力をアップする練習のコツ

13123views

今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

6635views

オトノ仕事人

子ども向けコンサートを企画し、音楽が好きな子どもを増やす/コンサートプロデューサーの仕事

4751views

グランツたけた

ホール自慢を聞きましょう

美しい歌声の響くホールで、瀧廉太郎愛にあふれる街が新しい時代を創造/グランツたけた(竹田市総合文化ホール)

5077views

こどもと楽しむMusicナビ

1DAYフェスであなたもオルガン博士に/サントリーホールでオルガンZANMAI!

1566views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

6430views

われら音遊人ー021Hアンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:元クラスメイトだけで結成。あのころも今も、同じ思いを共有!

3745views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.8 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

初心者も経験者も関係ない、みんなで音を出しているだけで楽しいんです!

3989views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

21662views

ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

11492views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

16194views

DOWNLOAD JAPAN 2019

音楽ライターの眼

DOWNLOAD JAPAN 2019はスレイヤー最後の日本メタル・フェス出演となるか

7156views

誰でも自由に叩けて、皆と一緒に楽しめるのがドラムサークルの良さ/ドラムサークルファシリテーターの仕事(後編)

オトノ仕事人

リズムに乗せ人々を笑顔に導く/ドラムサークルファシリテーターの仕事(後編)

5462views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:バンドサークルのような活動スタイルだから、初心者も経験者も、皆がライブハウスのステージに立てる!

6374views

赤ラベルが再現!ヤマハギター50周年記念モデル

楽器探訪 Anothertake

赤ラベルが再現!ヤマハギター50周年記念モデル

9905views

サラマンカホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

まるでヨーロッパの教会にいるような雰囲気に包まれるクラシック音楽専用ホール/サラマンカホール

16110views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

すべては、あの日の「無料体験レッスン」から始まった

4233views

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!バイオリンの購入ポイントと練習のコツ

14081views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

5637views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

25611views