Web音遊人(みゅーじん)

クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル、“本物の”『ライヴ・アット・ロイヤル・アルバート・ホール』が半世紀を経て初公式リリース

遂に“本物の”『ライヴ・アット・ロイヤル・アルバート・ホール』が公式リリースされる。

クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル(以下CCR)の1970年、英国ロンドン公演を収録したこのアルバムは曰わく付きのものだ。彼らは1967年から1972年のあいだに7枚のスタジオ・アルバムを発表、「プラウド・メアリー」「トラベリン・バンド」「バッド・ムーン・ライジング」「雨を見たかい」「スージーQ」などはアメリカン・ロックの歴史に残る名曲として今なお世界中で愛されている。バンドは短命に終わり、1972年2月にたった一度ジャパン・ツアーを行ったのみだったが、2010年にはヴォーカル兼ギターのジョン・フォガティがフジ・ロック・フェスティバルに出演、CCRナンバーの数々でオールド・ファンを涙させてくれた。

CCRの解散後、1980年に突如リリースされたライヴ・アルバムが『The Royal Albert Hall Concert』だった。1970年4月、英国ロンドンの“ロイヤル・アルバート・ホール”でレコーディングされたという触れ込みの同作は米“ビルボード”誌のチャートで62位というヒットを記録し、日本盤LPも『ライヴ・イン・ロンドン’70』という邦題を付けて発売されたが、その直後になんと実はロンドンではなく1970年1月、カリフォルニア州オークランド公演の音源だったことが判明したのである!

ライヴ作の内容は文句なしの素晴らしいものだし、収録会場は正直そのまま黙っていてもバレなかったと思われるが、リリース元の“ファンタジー・レコーズ”は正直にその事実を公表。既に出回っている初回プレスLPには“WE GOOFED!(ヤラカした!)”と書かれたステッカーを貼り、セカンド・プレスからは『The Concert』と改題して店頭に並べた。なお同作が後に日本でCD化された際には『ザ・コンサート』という邦題が付けられている。

ちなみにロイヤル・アルバート・ホールは6,500人収容の、毎年の“プロムナード・コンサート”で知られるクラシックの殿堂だ。とはいっても1960年代からはポップ/ロックのライヴでも頻繁に使用され、ザ・ビートルズ(1963年)、ザ・ローリング・ストーンズ(1964年)、ボブ・ディラン(1966年)、ジミ・ヘンドリックス、ジャニス・ジョプリン、B.B.キング、ディープ・パープル(いずれも1969年)、レッド・ツェッペリン(1970年)らが公演を行っている。ただ東京の日本武道館と同様に、由緒正しい会場として出演アーティストにとってハクが付くことは事実である。

そんな騒動から40年以上を経て、正真正銘のロイヤル・アルバート・ホールでのライヴを収めた『ライヴ・アット・ロイヤル・アルバート・ホール』がリリースされることになり、ファンを驚喜させている。

ジャケットにロイヤル・アルバート・ホールの写真が誇らしげに使われた本作は、同会場で1970年4月14日・15日の2公演行われたライヴのうち初日のステージを完全収録したもの。「ボーン・オン・ザ・バイヨー」「グリーン・リヴァー」からヒット曲の数々へとダイヴしていく構成は前述の『ザ・コンサート』、あるいは1969年8月17日、伝説の“ウッドストック・フェスティバル”でのライヴを捉えた『ライヴ・アット・ウッドストック』などと共通するもので、迫力に満ちた泥臭いロックのパフォーマンスはロンドンの格式高いコンサート会場をアメリカの湿地帯にしてしまう。演奏曲目はかなり重複するものの、死角なしのベスト・セレクションはどのテイクで聴いても新鮮だ。

さらに本作は50年間眠っていたオリジナル・マスター・テープを、近年のザ・ビートルズ復刻作業でおなじみジャイルズ・マーティンとサム・オーケルがミックス。CCRサウンドに新たな生命を吹き込んでいる。

アルバム『ライヴ・アット・ロイヤル・アルバート・ホール』のリリースを追う形で、ドキュメンタリー映画『Travelin’ Band: Creedence Clearwater Revival at the Royal Albert Hall』も海外で公開される。『ザ・ビートルズ・アンソロジー』(1995-96)を手がけたボブ・スミートンが監督、『キングコング』(1976)『ビッグ・リボウスキ』(1998)のジェフ・ブリッジスがナレーションを務めるこの作品は未発表映像やインタビュー、このロイヤル・アルバート・ホールでのライヴも含む内容になるという。ぜひこちらも日本で劇場公開あるいはソフト化して欲しいところだ。

解散から50年を経て、その音楽は新しい世代のリスナーの心をも揺さぶり続ける。CCRの音楽は何度でもリバイバルを繰り返すのだ。

■アルバム『ライヴ・アット・ロイヤル・アルバート・ホール』


発売元:ユニバーサルミュージック
発売日:2022年9月16日
価格(税込):3,300円
詳細はこちら

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に1,000以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

特集

今月の音遊人:葉加瀬太郎さん

今月の音遊人

今月の音遊人:葉加瀬太郎さん「音楽は自分にとって《究極のひまつぶし》。それは、この世の中でいちばん面白いことだから」

8269views

音楽ライターの眼

連載1[多様性とジャズ]ジャズはなぜ20世紀に求められたのかを“個人主義”という視点で考えてみると……

582views

マーチングドラムの必須条件とは?

楽器探訪 Anothertake

マーチングドラムの必須条件とは?

8716views

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

楽器のあれこれQ&A

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

42236views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若手サクソフォン奏者 住谷美帆がバイオリンに挑戦!

6168views

オトノ仕事人

コンピュータを駆使して、ステージのサウンドをデザインする/ライブマニピュレーターの仕事

900views

しらかわホール

ホール自慢を聞きましょう

豊潤な響きと贅沢な空間が多くの人を魅了する/三井住友海上しらかわホール

9997views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

7270views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

10669views

われら音遊人

われら音遊人:オリジナルは30曲以上 大人に向けて奏でるフォークロックバンド

2825views

パイドパイパー・ダイアリー

こうしてわたしは「演奏が楽しくてしょうがない」 という心境になりました

6849views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

7447views

大人の楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

8856views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

6258views

音楽ライターの眼

連載15[ジャズ事始め]上海=“ジャズの都”のイメージを決定的にした背景には2人の歌姫の存在があった

2353views

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

4781views

われら音遊人

われら音遊人:みんなの灯をひとつに集め、大きく照らす

4080views

Disklavier™ ENSPIRE(ディスクラビア エンスパイア)- Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

限りなく高い精度で鍵盤とハンマーの動きを計測するヤマハ独自の自動演奏ピアノの技術

16805views

東広島芸術文化ホール くらら - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

繊細なピアニシモも隅々まで響く至福の音響空間/東広島芸術文化ホール くらら

10519views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

4304views

楽器のあれこれQ&A

ドの音が出ない!?リコーダーを上手に吹くためのアドバイスとお手入れ方法

138658views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

6678views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

21369views