Web音遊人(みゅーじん)

映画『ランディ・ローズ』〜オジー・オズボーンとの関係が生み出したギターの陰翳

映画『ランディ・ローズ』(原題『Randy Rhoads: Reflections Of A Guitar Icon』)が2022年11月11日(金)より全国ロードショー公開される。

オジー・オズボーンの初期ソロ・キャリアを支えたギタリストとして『ブリザード・オブ・オズ〜血塗られた英雄伝説』(1980)『ダイアリー・オブ・ア・マッドマン』(1981)というヘヴィ・メタル史上最高峰の名盤アルバムに参加しながら、1982年3月19日、25歳の若さで亡くなったランディの人生を辿った映像ドキュメンタリー。その出生からギターへの目覚め、最初のプロ・バンドのクワイエット・ライオット、オジーのバンドでの活躍、飛行機事故での早すぎる死までを1時間半に集約している。

まず重要なのは、本作はオジーと奥方でありマネージャーのシャロン・オズボーンからの協力が得られていない“非公認”作品だということだ。そのため『クレイジー・トレイン』『ミスター・クロウリー』『アイ・ドント・ノウ』などランディの名演を聴くことは出来ないし、オジー&ランディによるライヴ・パフォーマンスの“定番”といえる1981年のTV番組『アフター・アワーズ』からの映像も使われていない。よって、ランディのことをまったく知らない初心者が彼の音楽に触れてみようと突然本作を見ても、その全貌は見えてこない。

とはいっても、そもそもランディ・ローズの映画を見ようという人の大半は既に前述したオジーの2作は聴いているだろうし、万が一聴いたことがないならば、ヘヴィ・メタルの“必聴盤”に触れる絶好のチャンスだ。基本さえ押さえておけば、『ランディ・ローズ』はさまざまな驚きと喜び、そして感動をもたらしてくれる。

本作の見どころといえば、まず貴重なライヴ映像の数々だ。ランディが在籍していた頃の初期クワイエット・ライオットといえば『静かなる暴動 Quiet Riot』(1978)と『暴動に明日はない Quiet Riot II』(1979)が本国アメリカでリリースされず、日本盤LPのみが発売されたが、ほとんどが会場据え付けのカメラあるいは家庭用8ミリカメラとはいえ、これほど多くのライヴ映像が撮影されていたことに驚かされる。1980年、既にオジーのバンドに加入していたランディがクワイエット・ライオットのステージに限定復帰した映像も見ることが可能だ。オジーとのライヴも、客席からの盗み撮りに近い8ミリ映像ながら、歴史的にきわめて貴重なフッテージだ。

そんな“動くランディ”を補うのが、膨大なスチル写真だ。ライヴやバックステージでの写真からプロモーション・ショット、家族やガールフレンドとのプライベート写真まで、有名なものからまったく見たことのないレアなものまでが次々と登場する。

本作のもうひとつのセールスポイントは、ランディと交流のあった家族や友人、ミュージシャン、彼から影響を受けたアーティスト達へのインタビューだ。クワイエット・ライオット時代の盟友ケヴィン・ダブロウ、フランキー・バナリ、ルディ・サーゾ、ケリー・ガルニ、ドリュー・フォーサイスをはじめ、ランディをオジーに紹介したデイナ・ストラム(スローター)、ランディ加入前にオジーが白羽の矢を立てていたゲイリー・ムーア(アーカイヴ映像)、当時のオジーのライヴを見て感銘を受けたと語るダグ・アルドリッチ(ディオ、ホワイトスネイク他)、ランディが亡くなった後任の候補に挙がっていたジョージ・リンチ(ドッケン)、そしてブルース・キューリック(KISS)、ジョエル・ホークストラ(ホワイトスネイク)、ジョン・ドネイ(アンスラックス)、ドウィージル・ザッパらの談話を通じて、ランディのギタリスト像・人間像を浮き彫りにしていく。今回新規に収録されたものではないが、オジーがランディを語るアーカイヴ映像もフィーチュアされており、生前のランディのインタビュー音声も聴くことが出来る。

2004年、ランディのハリウッド“ロックウォーク”殿堂入りセレモニーでオジーと共にレミー(モーターヘッド)とイングヴェイ・マルムスティーンが出席していたり、エンド・クレジットで一瞬だけトム・モレロ(レイジ・アゲンスト・ザ・マシーン)がギターを弾いていたり、ちょっとしたカメオ出演も楽しい。

2022年、ランディが亡くなって40年が経つが、彼の音楽は聴き継がれる。長年廃盤だったクワイエット・ライオットの初期2作が遂に正規再発(たぶん)されてファンを喜ばせている一方で、やはりオジーの悪魔的=“黒”とランディのクラシカルで繊細=“白”のイメージの対比が生み出す陰翳が奇跡的なコンビネーションを創り出したことを実感させる。

オジー・オズボーンはランディ死後も活動を続け、新作アルバム『ペイシェント・ナンバー9』を発表したところだ。インタビューではしばしばランディが言及され、オジーの中で今もなお彼が生き続けていることを窺わせる。

映画『ランディ・ローズ』は彼の生きた25年とその音楽のセレブレーションであり、そのギターが輝き続ける存在証明なのである。

■インフォメーション

映画『ランディ・ローズ』


2022年11月11日(金)から新宿シネマカリテ、渋谷シネクイントほか全国ロードショー
詳細はこちら

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に1,000以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

facebook

twitter

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:石川さゆりさん「誰もが“音遊人”であってほしいですし、音楽を自由に遊べる日々や生活環境であればいいなと思います」

6725views

クランベリーズ/ドロレス・オリオーダン追悼。あらゆる枠を超えて愛された音楽

音楽ライターの眼

クランベリーズ/ドロレス・オリオーダン追悼。あらゆる枠を超えて愛された音楽

5448views

Disklavier™ ENSPIRE(ディスクラビア エンスパイア)- Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

限りなく高い精度で鍵盤とハンマーの動きを計測するヤマハ独自の自動演奏ピアノの技術

22597views

楽器のあれこれQ&A

モチベーションがアップ!ピアノを楽しく効率的に練習するコツ

40823views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】注目の若手ピアニスト小林愛実がチェロのレッスンに挑戦!

9332views

オトノ仕事人

子ども向けコンサートを企画し、音楽が好きな子どもを増やす/コンサートプロデューサーの仕事

7829views

HAKUJU HALL(白寿ホール)

ホール自慢を聞きましょう

心身ともにリラックスできる贅沢な音楽空間/Hakuju Hall(ハクジュホール)

21889views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

13304views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

12502views

われら音遊人:バンド経験ゼロの主婦が集合 家庭を守り、ステージではじける!

われら音遊人

われら音遊人:バンド経験ゼロの主婦が集合 家庭を守り、ステージではじける!

8441views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

もしもあのとき、バイオリンを習っていたら

5449views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24691views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:独特の世界観を表現する姉妹のピアノ連弾ボーカルユニットKitriがフルートに挑戦!

4340views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

12502views

音楽ライターの眼

グランドピアノを思わせるはなやかな音色が再現できるハイブリッドピアノ『AvantGrand(アバングランド)』は、さまざまな可能性を秘めている

4436views

出演アーティストの発掘からライブ制作までを一手に担う/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事 (前編)

オトノ仕事人

出演アーティストの発掘からライブ制作までを一手に担う/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事 (前編)

16129views

われら音遊人:バンド経験ゼロの主婦が集合 家庭を守り、ステージではじける!

われら音遊人

われら音遊人:バンド経験ゼロの主婦が集合 家庭を守り、ステージではじける!

8441views

Venova(ヴェノーヴァ)

楽器探訪 Anothertake

スタイリッシュで斬新なデザイン。思わず吹いてみたくなるカジュアル管楽器「Venova(ヴェノーヴァ)」の誕生

9922views

ホール自慢を聞きましょう

ウィーンの品格と本格派の音楽を堪能できる大阪の極上空間/いずみホール

6385views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

いまやサクソフォンは趣味となったが、最初は映画音楽だった

6548views

楽器のあれこれQ&A

エレキギター初心者を脱したい!ステップアップ練習法と2本目購入時のアドバイス

3803views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

13304views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

28927views