Web音遊人(みゅーじん)

塩谷哲

内なるポリフォニーが導くジャズピアノの展開力/塩谷哲 PIANO CONCERT 2023

弾いているうちに全く別の音楽が思い浮かんでくるのか。ジョン・コルトレーンの曲がいつの間にかパット・メセニーの曲に変わっている。旋律とハーモニーを重視したホモフォニックな演奏ながら、心の内なるポリフォニー(多声音楽)が意外なメドレーをもたらす。2023年1月14日、ヤマハホールで開かれた「塩谷哲 PIANO CONCERT 2023」は、ピアノの響きの美しさと曲の連携で聴き手を魅了し、ジャズの即興性と展開力の奥深さを示した。

塩谷哲は東京藝術大学作曲科に在学中からサルサ・バンドのオルケスタ・デ・ラ・ルスにピアニストとして加入した。同バンドで10年間活躍し、米グラミー賞にもノミネートされた。その間にソロ活動も始め、2023年はソロデビュー30周年。ピアニスト、作・編曲家、プロデューサーとしてクラシックからジャズ、ラテン、ポップスまで幅広い分野を担ってきた実績を反映し、充実したピアノソロ公演となった。

数滴の単音から始まった。「どう進むか自分でも予想がつかない音」と塩谷は言う。主音がつかめず、調性は分からない。だがそこからやがて心地よいハーモニーが広がっていく。変容を重ねるコード進行の中から、旋律らしきものが立ち現れる。もしかしてあの曲か。コルトレーンの『ジャイアント・ステップス』とはっきり分かった瞬間の感動は大きい。しかしそこで終わらない。ハーモニーはさらに変容し続け、いつしか曲はパット・メセニーの『ベター・デイズ・アヘッド』になって展開していった。変奏を経て別の曲につなぐ変曲である。

創作ノートをめくっていくようなライブ作品と言えよう。ステージ上で作曲や編曲が進む過程を聴いて楽しむ感覚だ。「自由なのにも程がある」と塩谷が笑って言うくらいにジャズの可能性を奔放に試す。後半に弾いた中田喜直作曲『雪の降る街を』も同様。イ短調から明るいイ長調へと変わる「ものすごい転調」への思い入れが強いようで、そこから同じイ短調(Aマイナー)のパット・メセニーの『オールウェイズ・アンド・フォーエヴァー』を導いた。グランドピアノ「CFX」の温かく深みのある音色と相まって、旋律とハーモニーの美しさはこのメドレーで最高潮に達した。

最後の演目、塩谷哲作曲『ヒート・オブ・マインド』はクラーベというサルサ風のリズムパターンを刻む。ふと気づいた。サルサにおいてピアノは、多様な打楽器群とともに重要なリズム楽器の役割を果たすが、音階と和音を弾けてしまうだけに、リズムとハーモニー、それに旋律が一体になっている、と。歌のないサルサ風のこの曲で、塩谷のピアノはリズムと一体で旋律を印象付ける。彼はオルケスタ・デ・ラ・ルス時代、歌の旋律をリズムとハーモニーで引き立てながらも、自らのピアノが紡ぎ出すもう一つの旋律を同時にポリフォニックに聴く環境に親しんできたのではないか。

塩谷哲

ジャズやサルサが他者との対話だとしたら、ピアノソロでも一つの曲を弾いているうちに他者の旋律が同時に思い浮かんでくることは大いにありうる。だが塩谷のピアノは一つの旋律を支えるハーモニーの美しさを大切にしている印象だ。「ハーモニー人間」を自任し、自作の『フォレスト』『ア・ブランニューデイ』はどこまでもホモフォニックに美しい。スティーヴィー・ワンダーの『オーヴァージョイド』では、テレビCMでもおなじみの旋律美を極上のハーモニーで盛り立てた。一方で、同時に心の中で鳴り始めるポリフォニーの旋律が時間差で後続し、展開させていくようなメドレー作品の技巧も秀逸だ。自由すぎる時空間の中で塩谷の創作ノートは喜びにあふれ、ジャズへの愛は止まらない。先の読めないスリリングな道がジャズの未来への夢となって続いている。

 

池上輝彦〔いけがみ・てるひこ〕
日本経済新聞社メディアプロデューサー。早稲田大学卒。証券部・産業部記者を経て欧州総局フランクフルト支局長、文化部編集委員、映像報道部シニア・エディターを歴任。音楽レビュー、映像付き音楽連載記事「ビジュアル音楽堂」などを執筆。専門誌での音楽批評、CDライナーノーツの執筆も手掛ける。
日本経済新聞社記者紹介

photo/ Takako Miyachi

本ウェブサイト上に掲載されている文章・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

facebook

twitter

特集

三浦文彰

今月の音遊人

今月の音遊人:三浦文彰さん「音を自由に表現できてこそ音楽になる。自分もそうでありたいですね」

2570views

イサオ・ナカムラ ノリコ・ツカゴシ マリンバデュオ・リサイタル

音楽ライターの眼

現代音楽を楽しく、おもしろくする鍵盤打楽器/イサオ・ナカムラ ノリコ・ツカゴシ マリンバデュオ・リサイタル

210views

reface

楽器探訪 Anothertake

コンパクトなボディに優れた操作性が溶け込んだデザイン

5728views

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンの取り扱いについて

楽器のあれこれQ&A

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンを安心して運ぶには?

106084views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ギタリスト木村大とピアニスト榊原大がトランペットに挑戦!

6990views

ステージマネージャーの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

ステージマネージャーひと筋に、楽員とともにハーモニーを奏で続ける/オーケストラのステージマネージャーの仕事(後編)

17183views

ホール自慢を聞きましょう

歴史ある“不死鳥の街”から新時代の芸術文化を発信/フェニーチェ堺

8042views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

6655views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

13451views

われら音遊人:1年がかりでビッグバンドを結成、河内からラテンの楽しさを発信!

われら音遊人

われら音遊人:1年がかりでビッグバンドを結成、河内からラテンの楽しさを発信!

10511views

山口正介さん

パイドパイパー・ダイアリー

「自転車を漕ぐように」。これが長時間の演奏に耐える秘訣らしい

5877views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24726views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:独特の世界観を表現する姉妹のピアノ連弾ボーカルユニットKitriがフルートに挑戦!

4350views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

13451views

音楽ライターの眼

連載8[多様性とジャズ]ニューオーリンズ・ジャズは“歌わない”ことで白人社会に受け入れられた?

1933views

オトノ仕事人 ボイストレーナー

オトノ仕事人

歌うときは、体全部が楽器となるように/ボイストレーナーの仕事(前編)

23968views

上海ブラスバンド日本支部

われら音遊人

われら音遊人:上海で生まれた縁が続く大家族のようなブラスバンド

1882views

豊かで自然な音と響きを再現するサイレントバイオリン「YSV104」

楽器探訪 Anothertake

アコースティックの豊かで自然な音色に極限まで迫る、サイレントバイオリン™「YSV104」

11593views

東広島芸術文化ホール くらら - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

繊細なピアニシモも隅々まで響く至福の音響空間/東広島芸術文化ホール くらら

12971views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォン教室の新しいクラスメイト、勝手に募集中!

4381views

楽器のあれこれQ&A

いつも清潔にしておきたい!ピアニカのお手入れ、お掃除方法

276583views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

5825views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24726views