Web音遊人(みゅーじん)

徳永二男、堤剛、練木繁夫

スメタナの傑作、G線上の哀歌から流れ出す激情/徳永二男、堤剛、練木繁夫による珠玉のピアノトリオ・コンサート Vol.9

ベドルジフ・スメタナが真に偉大な作曲家であることを実感した。2023年2月11日、ヤマハホールでの「徳永二男、堤剛、練木繁夫による珠玉のピアノトリオ・コンサート Vol.9」。日本クラシック音楽界の至宝3人によるスメタナの『ピアノ三重奏曲ト短調作品15』の驚くべき名演である。徳永のバイオリンがG線上で哀歌を歌い、堰を切ったように激情が流れ始める。スメタナは人気の『モルダウ』を含む連作交響詩『わが祖国』だけではない。傑作が再発見された。

スメタナ唯一の『ピアノ三重奏曲』は、溺愛していた4歳の長女を猩紅熱で失った悲しみの中で書き始められ、長女の死から2か月半後の1855年11月に完成した。スメタナの生涯は不幸続きだ。3人の娘を亡くした後、妻にも先立たれる。後年、聴覚を失うなど、ベートーヴェンと同様、音楽家として最悪の苦難にも直面する。しかし薄幸の人生は石川啄木やゴッホのように彼の作品に私小説的な魅力を与える。近代的自我のドラマだ。「弦楽四重奏曲第1番ホ短調『わが生涯より』」をはじめ数少ない室内楽作品でその傾向が強い。『ピアノ三重奏曲』は彼の最初の金字塔といえる。

第1楽章冒頭、徳永が第1主題のG線上の哀歌を震える低音で歌い上げる。堤の厳正なチェロと、練木のシャープな響きのピアノが加わり、混然一体の激流があふれ出す。悲劇の幕開けだ。変ロ長調の第2主題に基づく凱歌が間歇的に噴き上がるのが印象深い。哀歌と凱歌が交錯し、人生の変転を鮮やかなコントラストで描く演奏は聴き手に衝撃を与える。

展開部のフガートでの対位法は見事だ。バイオリンとピアノが軍楽風を奏でる中、チェロが三連符で低音と高音の間を重厚にうねり歩く。運命と戦う勇猛果敢な響きはベートーヴェンやマーラーの交響曲に通じるが、多勢に無勢の三重奏だけに、一層痛ましくも感動的だ。

第2楽章スケルツォの中間部では、徳永がボヘミア風の旋律を緩急自在にロマンチックに鳴らす。速い曲なのに静かな午後の安らぎを思わせる。最後の第3楽章はト短調から同主調のト長調への転調が鮮やかで、スピード感のある明暗の点滅が魅力的だった。

徳永二男、堤剛、練木繁夫

同曲の前に演奏されたのがモーツァルトの『ピアノ三重奏曲第3番変ロ長調K.502』。練木の軽快なピアノが活躍し、徳永のバイオリンと堤のチェロがピアノに合いの手を入れる。息の合った闊達な三重奏は微笑ましい。最後はシューベルトの『ピアノ三重奏曲第1番変ロ長調D898』。長い曲だけに厳正なテンポ運びで明快な造形をしても良かった。ただ、アンコールで再び第2楽章を演奏した際は、緩やかなテンポのピアノに導かれ、バイオリンとチェロが精緻なアンサンブルを披露した。

2015年より名演を重ねた同シリーズも来年2024年2月10日で第10回となる。ベートーヴェンの「ピアノ三重奏曲第4番『街の歌』」、メンデルスゾーンとブラームスの『ピアノ三重奏曲第1番』を演奏予定。巨匠3人による新たな衝撃と発見を期待したい。

 

池上輝彦〔いけがみ・てるひこ〕
日本経済新聞社メディアプロデューサー。早稲田大学卒。証券部・産業部記者を経て欧州総局フランクフルト支局長、文化部編集委員、映像報道部シニア・エディターを歴任。音楽レビュー、映像付き音楽連載記事「ビジュアル音楽堂」などを執筆。専門誌での音楽批評、CDライナーノーツの執筆も手掛ける。
日本経済新聞社記者紹介

photo/ Ayumi Kakamu

本ウェブサイト上に掲載されている文章・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

facebook

twitter

特集

今月の音遊人 千住真理子さん

今月の音遊人

今月の音遊人:千住真理子さん「いろいろな空間に飛んでいけるのが音楽なのですね」

8234views

音楽ライターの眼

連載15[多様性とジャズ]ジャズのアイドルたちへのオマージュにあふれた『ミンガス・アー・アム』収録曲

1075views

【楽器探訪 Another Take】人気のカスタムサクソフォンが13年ぶりにモデルチェンジ

楽器探訪 Anothertake

人気のカスタムサクソフォンが13年ぶりにモデルチェンジ

11336views

楽器のあれこれQ&A

きっとためになる!サクソフォンの基礎力と表現力をアップする練習のコツ

17924views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若手サクソフォン奏者 住谷美帆がバイオリンに挑戦!

8878views

打楽器の即興演奏を楽しむドラムサークルの普及に努める/ドラムサークルファシリテーターの仕事(前編)

オトノ仕事人

一期一会の音楽を生み出すガイド役/ドラムサークルファシリテーターの仕事(前編)

14804views

東広島芸術文化ホール くらら - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

繊細なピアニシモも隅々まで響く至福の音響空間/東広島芸術文化ホール くらら

13091views

こどもと楽しむMusicナビ

1DAYフェスであなたもオルガン博士に/サントリーホールでオルガンZANMAI!

2937views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

12657views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブル仲間が集う仲よしサークル

9279views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

いまやサクソフォンは趣味となったが、最初は映画音楽だった

6629views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24867views

脱力系(?)リコーダーグループ栗コーダーカルテットがクラリネットの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】脱力系(?)リコーダーグループ栗コーダーカルテットがクラリネットの体験レッスンに挑戦!

10390views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

9884views

反田恭平 - Web音遊人

音楽ライターの眼

ユニークな個性が演奏に反映し、聴き手の心をわしづかみにする反田恭平のピアニズム

10947views

出演アーティストの発掘からライブ制作までを一手に担う/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事 (前編)

オトノ仕事人

出演アーティストの発掘からライブ制作までを一手に担う/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事 (前編)

16425views

われら音遊人

われら音遊人:路上イベントで演奏を楽しみ地域活性にも貢献

3065views

マーチングドラム

楽器探訪 Anothertake

これからのマーチングドラム ~楽器の進化の可能性~

11718views

ホール自慢を聞きましょう

地域に愛される豊かな音楽体験の場として京葉エリアに誕生した室内楽ホール/浦安音楽ホール

10163views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォン教室の新しいクラスメイト、勝手に募集中!

4435views

楽器のあれこれQ&A リコーダー

楽器のあれこれQ&A

リコーダーを長く楽しむためのお手入れ方法

6123views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

6544views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

29314views