Web音遊人(みゅーじん)

フリートウッド・マック

1969年、英米ブルースの邂逅。フリートウッド・マック、伝説の“チェス・セッション”を解き明かす書籍刊行

1969年1月4日、英米ブルースの奇跡の邂逅が実現した。

イギリス全土にブリティッシュ・ブルース・ブームを巻き起こしたフリートウッド・マックがシカゴ・ブルースの名門レーベル“チェス・レコーズ”のスタジオを訪れ、本場アメリカのブルースメンとセッションを繰り広げたのだ。

ジョン・メイオールズ・ブルースブレイカーズのメンバー3人が独立する形で1967年に結成されたフリートウッド・マックはピーター・グリーンの神がかったブルース・ギターが人気を呼び、デビュー・アルバム『フリートウッド・マック』(1968)が全英チャート4位というヒットを記録。シングル『ブラック・マジック・ウーマン』『ニード・ユア・ラヴ・ソー・バッド』などもヒットしている。彼らの成功によって数多くのブルース・バンドがイギリス各地から登場。ザ・ビートルズが彼らのファンで、『サン・キング』でオマージュを捧げ、自らの“アップル・レコーズ”に迎えようとした話は有名だ(2021年に公開された『ザ・ビートルズ:Get Back』でも“アビー・ロード・スタジオ”のデスクに彼らのレコードが置かれているのを見ることが出来る)。

地元イギリスを掌中に収めた彼らはアメリカへの進出を図り、1968年6月から7月にかけて初の北米ツアーを行っているが、同年12月から翌1969年1月にかけて早くも2度目の北米ツアーに赴いている。シングル『アルバトロス』が全英チャート1位を奪取したという吉報が届いたのは、異国の空の下だった。

1969年1月、ハードなスケジュールを縫って、彼らは“チェス・レコーズ”のスタジオでセッションを行っている。1960年代前半に数々の伝説的なレコーディングが行われ、ザ・ローリング・ストーンズの曲でも歌われたサウス・ミシガン・アヴェニュー2120番地のビルではなく、数ブロック離れた東21番街に移転していたが、ウィリー・ディクスン、オーティス・スパン、S.P.リアリー、ウォルター”シェイキー”ホートン、J.T.ブラウン、デヴィッド”ハニーボーイ”エドワーズら“チェス”の誇るプレイヤー達、そして謎のギタリスト“ギター・バディ”(バディ・ガイの契約関係による変名)が参加することになった。

残念ながらマディ・ウォーターズやサニー・ボーイ・ウィリアムスン、リトル・ウォルター、ボ・ディドリーなどの人気ブルースメンはツアー中だったり正月休暇中だったりで集まらなかったものの、文句なし実力者揃いのラインアップである。

実際にはこの時点でフリートウッド・マックの脱・ブルース志向が始まっており、ピーターは「あと8か月早くやりたかった」と語ったというが、随所で鋭いフレーズを披露、ブルースへの情熱が健在であることが窺える。

また、当初“チェス”の面々はフリートウッド・マックについて「白人のポップ・バンドにブルースが弾けるか」とナメていたそうだが、いざセッションが始まるとそんな疑念は消えていった。この模様はアルバム『ブルース・ジャム・イン・シカゴVol.1』『同Vol.2』で聴くことが出来る。『エヴリデイ・アイ・ハヴ・ザ・ブルース』『シュガー・ママ』『ホームワーク』などの楽曲から即興ジャムまでのびのびと繰り広げるプレイの応酬は楽しげであるのと同時に、お互いに対するリスペクトが感じられるものだ。

『ブルース・ジャム・イン・シカゴ』は1969年12月にLPが発売となり、半世紀以上にわたり世界中のファンに聴き継がれてきたが、最近になってセッションの模様をドキュメントした書籍『Fleetwood Mac In Chicago 1969: The Legendary Chess Session』が刊行されてファンを驚喜させている。

当日スタジオで唯一のオフィシャル・フォトグラファーを務めたジェフ・ローウェンサルによる写真と、ロバート・シャフナーによるテキストからなる本書。全160ページのうち、かなりの部分を貴重な写真の数々が占める。これまでアルバムのブックレットや過去の書籍などで見ることが出来たものもあるが、それらを一堂に集め、膨大な未公開ショットを加えながら、この歴史的セッションの全貌をドキュメントしている。“シェイキー”ホートンの熱唱に笑みを浮かべるピーター・グリーン、寄り添うように並んで座ってギターを弾くバディ・ガイとジェレミー・スペンサー、英米ブルースを代表するプロデューサーのマイク・ヴァーノンとウィリー・ディクスンが1枚の写真に収まるなど、現場のリアルな迫力に唸らされる。

テキストもヴァーノンと“チェス”のプロデューサーだったマーシャル・チェスによる序文、当日の詳細な推移、バディ・ガイ、キム・シモンズ(サヴォイ・ブラウン)、エインズリー・ダンバー、リック・ニールセン(チープ・トリック)、クリス・スペディング、マーティン・バー(ジェスロ・タル)、ジョー・ボナマッサなどが初期フリートウッド・マックを語る談話(新規インタビュー&過去記事再録)もそれぞれの視点から見たバンドの音楽が興味深い。

半世紀以上が経って、ピーター・グリーンを筆頭に、多くの参加ミュージシャンが去ってしまった。このセッションの顔ぶれが集結することはもう二度とない。だが、『ブルース・ジャム・イン・シカゴ』と本書によって、1969年のシカゴでの1日は永遠となるのだ。

書籍『Fleetwood Mac In Chicago 1969: The Legendary Chess Session』

Fleetwood Mac In Chicago 1969: The Legendary Chess Session

発売元:Schiffer Pub Ltd
発売日:2022年11月28日
詳細はこちら(海外サイト)

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に1,000以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

facebook

twitter

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:上原彩子さん「家族ができてから、忙しいけれど気分的に余裕をもって音楽と向き合えるようになりました」

5921views

音楽ライターの眼

大人げないロック・バンド、メルヴィンズが新作『ワーキング・ウィズ・ゴッド』を発表

3073views

練習用のバイオリンとして進化する機能と、守り続けるデザイン

楽器探訪 Anothertake

進化する機能と、守り続けるデザイン

4923views

楽器のあれこれQ&A

ドラムの初心者におすすめの練習方法や手が疲れないコツ

10181views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目のピアノデュオ鍵盤男子の二人がチェロに挑戦!

8064views

オペラ劇場の音楽スタッフの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

稽古から本番まで指揮者や歌手をフォローし、オペラの音楽を作り上げる/オペラ劇場の音楽スタッフの仕事(前編)

30435views

人が集まり発信する交流の場として、地域活性化の原動力に/いわき芸術文化交流館アリオス

ホール自慢を聞きましょう

おでかけ?たんけん?ホール独自のプランで人々の厚い信頼を獲得/いわき芸術文化交流館アリオス

7207views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

13342views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

21920views

われら音遊人:年齢も職業も超えた仲間が集う 結成30年のビッグバンド

われら音遊人

われら音遊人:年齢も職業も超えた仲間が集う、結成30年のビッグバンド

9078views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

だから続けられる!サクソフォンレッスン10年目

4677views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

29015views

今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

8402views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

8190views

音楽ライターの眼

連載11[ジャズ事始め]美貌の奇術師率いる天勝一座が運んできたジャズの香りとフィリピン・ルート

2424views

トーマス・ルービッツ

オトノ仕事人

アーティストに寄り添い、ともに楽器の開発やカスタマイズを行うスペシャリスト/金管楽器マイスターの仕事

1120views

AOSABA

われら音遊人

われら音遊人:大所帯で人も音も自由、そこが面白い!

11265views

reface シリーズ

楽器探訪 Anothertake

ひざの上に乗せてその場で音が出せる!新感覚のシンセサイザー「reface」シリーズ

12940views

メニコン シアターAoi

ホール自慢を聞きましょう

五感で“みる”ことの素晴らしさを多くの方と共感したい/メニコン シアターAoi

2274views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.8 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

初心者も経験者も関係ない、みんなで音を出しているだけで楽しいんです!

5053views

楽器のあれこれQ&A

ウクレレを始めてみたい!初心者が知りたいあれこれ5つ

4266views

こどもと楽しむMusicナビ

1DAYフェスであなたもオルガン博士に/サントリーホールでオルガンZANMAI!

2870views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9611views