Web音遊人(みゅーじん)

ブリードラブ エレクトリックアコースティックギター「The Organic Pro Collection」

音や材料にこだわりながら手の届きやすい価格帯を実現、ブリードラブ エレクトリックアコースティックギター「The Organic Pro Collection」

アメリカのギターブランド「ブリードラブ」から、中価格帯ながらオール単板のエレクトリックアコースティックギター「The Organic Pro Collection」が4シリーズ15モデルのラインアップで、2023年4月に発売された。SDGsが国際的なキーワードとなっている時代にふさわしい、サステナブルな製品づくりにも迫る。

ハイエンドブランドが挑んだ新たな理念

1990年に設立されたブリードラブは、個性的な材料や洗練されたデザインを追求するハイエンドブランドとして注目を集めてきた。しかし、今回発売された「The Organic Pro Collection」は、新たなブランド理念のもとで生み出されたのだという。
「もともと、サステナブルな製品づくりに取り組んでいるブランドですが、音やデザインにこだわりながらも、妥協のない材料を使用し、それでいてプレーヤーにとって手の届きやすい価格帯で提供できるモデルの開発が始まりました。そして、考案から5年を経て誕生したのが『The Organic Pro Collection』です」と語るのは、ブリードラブの総輸入・販売を手掛けるヤマハミュージックジャパンで輸入ブランドのマーケティングを担当する南園寿一さん。

倒木のみで製造、しかしその音は生き生きとしている

「The Organic Pro Collection」の大きな特徴は、“オーガニック”という言葉を冠した名前に表れている。使用する木材はすべて倒木で、メーカーのオーナーが自ら山に入って木材業者と交渉し、買い付けを行っているそうだ。
「倒木といっても、木材のクオリティは高いですよ。4シリーズのうち、Artista Pro、Performer Pro、Solo Proの3シリーズの表板には、ヨーロピアン・スプルースを単板使用しています。この木材は、バイオリンの表板や高級なピアノの響板などに使われる希少材で、音響特性が非常に優れているんです」(南園さん)

実際に、各シリーズの音色を試聴した。
Artista Proシリーズは、ヨーロピアン・スプルースならではの明るくきらびやかな音色が特徴で、グロスフィニッシュとサンバーストで塗装されたゴージャスな見た目とあいまって、高級感が伝わる一品だ。
Performer Proシリーズは、落ち着いたルックスのイメージ通り、やさしい音色が心地よく、アメリカ生まれのギターながら日本人にも好まれそうなフォーキーでスタンダードなアコースティックギターといえるだろう。

(写真左)Artista Proシリーズ「Artista Pro Concert Burnt Amber CE」(写真右)Performer Proシリーズ「Performer Pro Concerto Aged Toner CE」

(写真左)Artista Proシリーズ「Artista Pro Concert Burnt Amber CE」(写真右)Performer Proシリーズ「Performer Pro Concerto Aged Toner CE」

Solo Proシリーズは、6弦のほかにベース、12弦モデル、ナイロン弦モデルが用意されており、ボディサイドにサウンドホールも設けられた、個性を追求するブリードラブらしいシリーズという印象。ホールを活かした明瞭な音色は、アコースティック編成のアンサンブルであれば立体的で奥行きのある響きを可能にしてくれそうだ。
Wildwood Proシリーズは、このシリーズで唯一、ボディ、ネック全体にアフリカン・マホガニーを採用したモデル。木目を強調したインパクトのある見た目とは対照的に、あたたかく乾いた音色がアメリカらしく、1960~70年代のフォークを彷彿とさせるような演奏にもしっくりくる。

(写真左)Solo Proシリーズの12弦モデル「Solo Pro Concert Edgeburst 12 String CE」(写真右)Wildwood Proシリーズ「Wildwood Pro Concerto Suede CE」

(写真左)Solo Proシリーズの12弦モデル「Solo Pro Concert Edgeburst 12 String CE」(写真右)Wildwood Proシリーズ「Wildwood Pro Concerto Suede CE」

「どのシリーズも個性的な音色でありながら、プレーヤーが必要とする帯域で奏でることができるのが『The Organic Pro Collection』の特性です。また、独自の経験を基にしたブレイシングで“音の最適化”を行っているので、木材の状態による微妙な音の違いなど、ギターの個体差が少なくなるんです」(南園さん)

パフォーマンス向上の後押しもする

機能面では、ステージで演奏することを念頭においたピックアップシステムにも注目したい。Fishman製の「Flex Plus-T」を採用し、ボリューム、トレブル、ベースのほかに、ハウリングを抑えるフェイズコントロール、さらにはチューナーも搭載。チューナーがONの状態のときは音が自動でミュートになる機能を搭載しており、ステージパフォーマンスのクオリティを高めてくれそうだ。

ブリードラブ エレクトリックアコースティックギター「The Organic Pro Collection」

Fishman製のピックアップシステム「Fishman Flex Plus-T」

「より多くのプレーヤーに楽器を届けるため、持続可能な製品づくりに取り組んでいく。『The Organic Pro Collection』は、そんなブランドの想いが詰まったコレクションです」(南園さん)

かつて“地球にやさしいことは人に厳しい”なんて皮肉がいわれることもあったが、技術が進んだいま、それは難しいことではなくなってきている。むしろ地球にやさしくすることを楽しむ時代に変わりつつあることを、「The Organic Pro Collection」は楽器という形で証明してくれている気がするのだ。


The Organic Pro Collection 概要 | Breedlove(ブリードラブ)

カワムラヒロシ × The Organic Pro Collection | Breedlove(ブリードラブ)

Kai Petite(カイ・ペティート) × The Organic Pro Collection | Breedlove(ブリードラブ)

■ブリードラブ エレクトリックアコースティックギター

カスタムショップで設計されたサウンドを、妥協のない材料を使用し、手に届きやすい価格帯で。
詳細はこちら

特集

今月の音遊人:葉加瀬太郎さん

今月の音遊人

今月の音遊人:葉加瀬太郎さん「音楽は自分にとって《究極のひまつぶし》。それは、この世の中でいちばん面白いことだから」

10722views

音楽ライターの眼

摂氏40度をはるかに超える、“個性の競演”の熱量/イエルーン・ベルワルツ トランペット・リサイタル -竹沢絵里子(ピアノ)とともに-

1210views

reface

楽器探訪 Anothertake

個性が異なる4機種の特徴、その楽しみ方とは?

7108views

エレキベース

楽器のあれこれQ&A

エレキベースを始める前に知りたい5つの基本

1988views

脱力系(?)リコーダーグループ栗コーダーカルテットがクラリネットの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】脱力系(?)リコーダーグループ栗コーダーカルテットがクラリネットの体験レッスンに挑戦!

10181views

オトノ仕事人

オーダーメイドで楽譜を作り、作・編曲家から奏者に楽譜を届ける/プロミュージシャン用の楽譜を制作する仕事

16477views

弦楽四重奏を聴くことが人生の糧となるように/第一生命ホール

ホール自慢を聞きましょう

弦楽四重奏を聴くことが人生の糧となるように/第一生命ホール

8406views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

8757views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

10831views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:人を楽しませたい!それが4人の共通の思い

6191views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

だから続けられる!サクソフォンレッスン10年目

4609views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

28556views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若手サクソフォン奏者 住谷美帆がバイオリンに挑戦!

8510views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

21509views

音楽ライターの眼

連載11[多様性とジャズ]1980年代におけるモダンジャズの“復権”が意味しているものとは?

1261views

オトノ仕事人

プラスマイナス0.05ヘルツまで調整する熟練の技/音叉を作る仕事

27476views

AOSABA

われら音遊人

われら音遊人:大所帯で人も音も自由、そこが面白い!

11108views

ピアニカ

楽器探訪 Anothertake

ピアニカで音楽好きの子どもを育てる

13693views

水戸市民会館

ホール自慢を聞きましょう

茨城県最大の2,000席を有するホールを備えた、人と文化の交流拠点が誕生/水戸市民会館 グロービスホール(大ホール)

3316views

サクソフォン、そろそろ「テイク・ファイブ」に挑戦しようか、なんて思ってはいるのですが

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォンをはじめて10年、目標の「テイク・ファイブ」は近いか、遠いのか……。

7794views

楽器のあれこれQ&A

ドの音が出ない!?リコーダーを上手に吹くためのアドバイスとお手入れ方法

173458views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

6538views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24451views