Web音遊人(みゅーじん)

世良公則インタビュー

“あの世良公則”ではなく、“この世良公則”を聴いてほしい/世良公則インタビュー

日本のロック界のパイオニア、世良公則が『あんたのバラード』で鮮烈なデビューを飾ったのは1977年、22歳のときだった。

「当時はストーンズなんかも30代だし、ロックミュージックの現役では一番キャリアがある方でも40歳前。後に20代後半で映画やテレビドラマに出演し、 お芝居の世界でさまざまな年代の役者さんが活躍しているのをみて思ったことは、 音楽も世代を超えてエネルギーやパワーを共有する時代にならなきゃいけないということです 」。そう語る世良はまもなく、当時は“未踏”だった60歳を迎える。アニバーサリーイヤーとなる2015年、常にブラッシュアップを続けてきた世良の“今”を伝えるプロジェクトが次々と発表された。

第1弾として、野村義男とのアコースティック・ユニット「音屋吉右衛門」のライブアルバム『オトコノウタ』をリリース。続く第2弾では、作詞・作曲を奥田民生が手がけ、つるの剛士を相棒に迎えた初のデュオ曲『いつものうた』を発表した。60歳、50歳、40歳の3世代をまたいだプロジェクトにより、世良の思いが実現した形だ。

そして2015年10月14日、第3弾として、いよいよ世良公則監修の史上初のオフィシャルベストアルバム『Premium BEST Songs & Live~いつものうた』が発売される。「ヒット曲、とくにツイストの曲しか知らないけれど、30年来、世良のファンだといってくれる方もいます。最後にライブに足を運んだのは20年、30年前という人も多いと思うんです。今回収録したのは、今、僕がライブでこの歌を届けたい、このメッセージを伝えたいと思っている曲。ヒットではなくてベストということです」。『あんたのバラード』から最新楽曲『いつものうた』までを網羅し、全曲をリマスタリング。世良公則としてはもちろん、GUILD9、音屋吉右衛門、feat. 神本宗幸と、さまざまな形でライブを行う世良だが、それらの魅力が詰まった作品となった。

「“あの世良公則”ではなく、“この世良公則”を聴いてもらえるベスト。“今”の世良を聴いて、ライブに来ていただいたときシンクロするようなものをつくりたかった」。さらに今回のアルバムは、神本宗幸ほかツイストメンバーに、ダグ・アルドリッチ、マーティ・フリードマンら外国人ミュージシャンを加えた「TWIST INTERNATIONAL」による、2003年の伝説の日本武道館ライブを収録した2枚組となっている。初回限定版では、当時、プライベートで世良が撮影していたものを自ら再編集した映像もDVDで初公開される。「今見ても、古いって感じないんですよね。彼らの演奏は、いまだにすごく感動できますし。そのときの自分もとても素直に呼吸していて、ああすればよかったとか、ああしなきゃ、とかがない。もちろん、そのときの僕に何か言いたいかと聞かれたら、“今のオレの方がかっこいいぞ”となるんですが」

世良正則

今後も各地でのライブが目白押しだが、30代後半からはなるべくニュートラルに、そのときどきのあるがままの自分でライブに臨んできた、と世良はいう。自らは水を提供する蛇口でしかなく、オーディエンスはその水をどう飲もうが自由。すべてを聴き手にゆだねる覚悟だ。ステージに立ち、そこに満ちる空気や熱、エネルギーと対峙したとき初めて世良は変化していく。「家に帰ってからもこのフレーズが頭から離れない。ライブに来てくださった方には、そんな瞬間をほんの少しでもいいから持ち帰っていただけたらいいですね」

アルバムで、ライブで。“この世良公則”の音楽は、胸に強く響くに違いない。

■ライブインフォメーション

世良公則ソロ・アコースティックライブ O-kiraku LIVE 2015
 日時:11月14日(土)16:00開演
 会場:東京・シアター1010 

押尾コータロー クリスマス・スペシャルライブ2015(ゲスト出演)
 日時:2015年12月18日(金)18:30開演 
 会場:大阪・サンケイホールブリーゼ

▶ 世良公則 Knock・Knock 2015[音屋吉右衛門/世良公則×野村義男]
 日時:2015年12月20日(日)17:30開演
 会場:東京・よみうり大手町ホール

世良公則 60th Anniversary LIVE「Birth」
 ~タカガウマレタヒ~福岡公演 世良公則×GUILD9
 日時:2016年2月6日(土)19:00開演
 会場:福岡・福岡サンパレス
 出演者:世良公則/GUILD9
 (G.野村義男、Dr.横瀬卓也、B.櫻井哲夫、Key.神本宗幸) 
 ゲスト:つるの剛士、他スペシャルゲストあり

 音屋吉右衛門「さぁ~どこからでもかかってきなさい!!! 2016」
 (世良公則×野村義男)
 日時:2016年3月19日(土)17:00開演
 会場:大阪なんばhatch

■アルバムインフォメーション

『Premium BEST Songs & Live~いつものうた~』
世良公則監修による初のオフィシャルベストアルバム。ツイスト時代の大ヒット曲からソロ時代の代表曲を網羅し選曲した究極盤。
発売元:(株)ドリーミュージック
発売日:2015年10月14日
価格: 5,000円(初回限定盤3枚組、税込)/4,000円(通常盤2枚組、税込)

 

特集

今月の音遊人 岡本真夜さん

今月の音遊人

今月の音遊人:岡本真夜さん「親や友達に言えない思いも、ピアノに聴いてもらっていました」

5592views

音楽ライターの眼

ロシアン・ピアニズムに育まれた異彩を放つイタリア出身の俊英/エマニュエル・リモルディ ピアノ・リサイタル

729views

ピアニカ

楽器探訪 Anothertake

ピアニカを進化させる「クリップ」が誕生

10879views

楽器のあれこれQ&A

エレクトーンについて、知っておきたいことや気をつけたいこと

19311views

桑原あい

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若きジャズピアニスト桑原あいがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

12077views

仁宮裕さん

オトノ仕事人

アーティストの音楽観を映像で表現するミュージックビデオを作る/映像作家の仕事

9920views

ホール自慢を聞きましょう

歴史ある“不死鳥の街”から新時代の芸術文化を発信/フェニーチェ堺

3807views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

6910views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

18465views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:仕事もバンドも、常に真剣勝負!

7445views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

いまやサクソフォンは趣味となったが、最初は映画音楽だった

4637views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

19296views

注目の若手ピアニスト小林愛実がチェロのレッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】注目の若手ピアニスト小林愛実がチェロのレッスンに挑戦!

6360views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

9320views

音楽ライターの眼

連載26[ジャズ事始め]なぜ穐吉敏子も渡辺貞夫もファンキー・ジャズのムーヴメントに染まらなかったのか?

2551views

オトノ仕事人

芸術をとおして社会にイノベーションを起こす/インクルーシブアーツ研究の仕事

3341views

AOSABA

われら音遊人

われら音遊人:大所帯で人も音も自由、そこが面白い!

8489views

楽器探訪 Anothertake

新開発の音響システムが表現力のカナメ。管楽器の可能性を広げる「デジタルサックス」

1094views

人が集まり発信する交流の場として、地域活性化の原動力に/いわき芸術文化交流館アリオス

ホール自慢を聞きましょう

おでかけ?たんけん?ホール独自のプランで人々の厚い信頼を獲得/いわき芸術文化交流館アリオス

4496views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は、いつ買うのが正解なのだろうか?

5976views

ピアノの地震対策

楽器のあれこれQ&A

いざという時のために!ピアノの地震対策は大丈夫ですか?

22275views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

6910views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

23073views