Web音遊人(みゅーじん)

ココ・モントーヤ

ブルースを次世代に受け継ぐギタリスト、ココ・モントーヤの濃厚過ぎるサウンド

エレクトリック・ブルース・ギターの名手ココ・モントーヤが2023年、ニュー・アルバム『ライティング・オン・ザ・ウォール』を発表する。

エリック・クラプトン、ピーター・グリーン、ミック・テイラーという花形ギタリストたちを擁したジョン・メイオールズ・ブルースブレイカーズは1960年代後半のイギリスにブルース・ブームを巻き起こした。リーダーのジョン・メイオールはバンドを解散させてアメリカに移住、ソロ・アーティストとして活動してきたが、1980年代中盤にブルースブレイカーズの金看板を復活。そのときギタリストとして起用されたのがウォルター・トラウト、そしてココ・モントーヤだった。

ブルースブレイカーズへの加入、そしてソロ・デビュー

ココ(本名ヘンリー・モントーヤ)は1951年、ロサンゼルス生まれ。ビッグ・バンド・ジャズのファンだった両親の影響もあり音楽好きに育った彼はザ・ビートルズをきっかけにポップ/ロックに傾倒、1969年にクリーデンス・クリアウォーター・リヴァイヴァルのライヴを観に行く。そしてヘッドライナー以上に彼の目と耳を捉えたのがオープニング・アクトのアルバート・キングだった。彼はプロ・ミュージシャンを志し、ローカル・バンドで演奏を始める。

1970年代にはアルバート・コリンズのバンドでプレイするなど(当初はドラマーで、途中からギターに転向)、熱心なブルース・ファンにはその名を知られたココだったが、ブルースブレイカーズへの加入によってより幅広いリスナー層に知られるようになった。彼はメイオールの1980年代から1990年代の作品に参加、同じ“シルヴァートーン・レコーズ”からアルバム『Gotta Mind To Travel』(1995)でソロ・デビューも果たしている。

1995年にブルースブレイカーズを“卒業”、ソロ・アーティストとしてのキャリアを開始したココは欧米を精力的にサーキット、アルバムもコンスタントに発表してきた。近年はブルースの名門レーベル“アリゲイター・レコーズ”から作品をリリース、『ライティング・オン・ザ・ウォール』は『Coming In Hot』(2019)以来となる同レーベルからの最新作となる。

ブルースを軸に据えながら、随所でロックのアタックを加味したエレクトリック・ギターとソウルフルなヴォーカル。アルバムの音楽性は、純度200%のココ節ブルースだ。それを“いつもの”ココと言ってしまうのは楽だが、それはいつもの最高レベルのクオリティが保たれているということだ。ココ自身とキーボード奏者のジェフ・パリス、リズム・ギタリストのデイヴ・スティーンらによる曲を中心に1曲目「アイ・ウォズ・ロング」から濃厚なギター・プレイで斬り込んでいく。暑苦しいギターのやりすぎ感に一度ハマったら、他のギタリストが薄味に感じてしまう。

オリジナルはもちろん、カヴァー曲も充実だ。ボビー“ブルー”ブランドで知られる「ユー・ガット・ミー(ホェア・ユー・ウォント・ミー)」で小気味良いビートに乗せたブルース・プレイ、ロニー・マックの「ストップ」での泣きむせぶリード、元フリーのアンディ・フレイザーのソロ作『イン・ユア・アイズ』(1975)からの「ビー・グッド・トゥ・ユアセルフ」のファンキーなノリに至るまで、原曲をフルに生かしながら自分の個性に塗り替えており、どこをどう切ってもココ汁が滴り落ちる仕上がりになっている。この作品に始まったことではないものの、彼の“ブルースの体幹”は揺らぐことのない強固なものだ。

アルバムのゲストとしてロニー・ベイカー・ブルックス(ロニー・ブルックスの息子)とスライド・ギタリストのリー・ロイ・パーネルが参加。プロデューサーのトニー・ブローネイゲルも自らドラマーとして参加、プレイヤーとしてもココを全面バックアップしている。

ココ・モントーヤ

ツアーにアルバムにノンストップ活躍中

2020年こそコロナ禍で自宅待機を余儀なくされたココだが、2021年早々にライヴ復帰を果たし、ほぼノンストップでツアー活動を行ってきた。一体いつアルバムを作る時間があったのか?と首を傾げてしまうものの、間隙を縫ってレコーディングしたのであろう、ステージの熱気を封じ込んだサウンドは、CDを手に取るだけで火傷しそうになる。

2023年も彼のウェブサイトにツアー日程がズラッと列記されている。かつての親分ジョン・メイオールは2022年3月、88歳でツアー撤退を宣言したところ。ブルースを次世代に受け継いでいく伝道者として、ココにバトンが手渡されたといえるだろう。

そんなココも71歳と、決して若い歳ではない。だが、その鮮烈なインパクトを持つギター・サウンドは、さらに若いミュージシャン達をブルースの遙かな道へと導いていくだろう。『ライティング・オン・ザ・ウォール』は21世紀においてもブルースが健在であることを高らかに宣言するアルバムなのだ。

■アルバム『Writing On The Wall』

発売元:BSMF RECORDS
発売日:2023年9月29日
価格:2,750円(税込)
詳細はこちら

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に1,000以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:大塚 愛さん「私にとって音は生き物。すべての音が動いています」

16061views

音楽ライターの眼

連載8[ジャズ事始め]“天下の台所”が呼び込んだ“ジャズで踊る”という最先端の流行

2545views

82Z

楽器探訪 Anothertake

アンバー仕上げが生む新感覚のヴィンテージ/カスタムサクソフォン「82Z」

2136views

購入前に知っておきたい!電子ピアノを選ぶときのポイントとおすすめ

楽器のあれこれQ&A

購入前に知っておきたい!電子ピアノを選ぶときのポイントとおすすめ機種

26674views

世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

7415views

梶望さん

オトノ仕事人

アーティストの宣伝や販売促進など戦略を企画して指揮する/プロモーターの仕事

10867views

ホール自慢を聞きましょう

地域に愛される豊かな音楽体験の場として京葉エリアに誕生した室内楽ホール/浦安音楽ホール

10011views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

6445views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

10961views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブル仲間が集う仲よしサークル

9146views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.3

パイドパイパー・ダイアリー

人生の最大の謎について、わたしも教室で考えた

5035views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

28968views

大人の楽器練習記:バイオリニスト岡部磨知がエレキギターを体験レッスン

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:バイオリニスト岡部磨知がエレキギターを体験レッスン

19072views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

18844views

音楽ライターの眼

AIジャズの嚆矢は20年前の東京ザヴィヌルバッハだったんじゃなかろうか?

3229views

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

5827views

われら音遊人

われら音遊人:オリジナルは30曲以上 大人に向けて奏でるフォークロックバンド

4143views

楽器探訪 Anothertake

新開発の音響システムが表現力のカナメ。管楽器の可能性を広げる「デジタルサックス」

3125views

しらかわホール

ホール自慢を聞きましょう

豊潤な響きと贅沢な空間が多くの人を魅了する/三井住友海上しらかわホール

13261views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.7

パイドパイパー・ダイアリー

最初のレッスンで学ぶ、あれこれについて

4500views

楽器のあれこれQ&A

講師がアドバイス!フルート初心者が知っておきたい5つのポイント

17377views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

8907views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

28968views