Web音遊人(みゅーじん)

デニス・ソンホ

【チケットプレゼント】静謐でピースフルな世界に誘う、ギタリスト デニス・ソンホの日本初公演。ゲストボーカルに土屋アンナとSanhaが登場

韓国で孤児として生まれ、ベルギーで育てられた過去を持つギタリスト、デニス・ソンホ。心の居場所がない悲しみや、娘が生まれた喜びも、すべての感情をギターに込めるその音楽は、いつだって繊細で優しい。日本で初めてのコンサートを間近に控えた彼に話を聞いた。

ギターの音には、人の心が詰まっている

2020年のアルバム『ISLAND』に収められた『ジムノペディ第1番』のギターの音が、まるでピアノではないかと思うほど透明な響きを持っていたので、その感想を伝えると、「ピアノのように自由な表現が大好きなんです」と彼は答え、「私はピアニストのマルタ・アルゲリッチからたくさんのことを学びました」と付け足した。
クラシック・ギタリスト/作曲家として世界を舞台に活躍するデニス・ソンホは、アルゲリッチがスイスのルガーノで開催した音楽祭にギタリストとして初めて招待されたという輝かしい経歴を持っている。
ニューヨークのカーネギー・ホールやウィーン楽友協会、アムステルダムのコンセルトヘボウなど、これまでにさまざまな舞台に立ってきたが、来る2023年9月30日(土)にヤマハホールで開催されるコンサートが日本初公演となる。当日はストリングスに加え、土屋アンナとSanha(サナ)をボーカリスト、フランスで活躍するプロデューサーのダミアン・リーをゲストに迎え、オリジナル曲を中心に構成される予定だ。
クラシック音楽に軸足を置きつつ、ミニマル・ミュージックや映画音楽にも傾倒する彼のオリジナル曲は、少ない音数で心象風景の移ろいを紡いでいくような繊細さが魅力で、聴いていると心が少しずつ浄化されていくようだ。また、小さな音に対する心遣いは特筆に値する。
「ひとつの音の中に、喜びや悲しみといった人間の多くの感情を詰め込むような、そんな音楽を作りたいのです。ギターの音、特に細かく小さな音というのは、心の音なのだと私は考えています」

加えて、彼の作る曲は、ストリングスが入っていたり、ボーカルが付いていたり、枠にとらわれない自由な作風も特徴で、先の『ISLAND』では、韓国のシンガーソングライター、チョ・ドンヒとの共演曲も収録している。
「楽器でも歌でも、メロディをギターでサポートするのが好きなんです。アルゲリッチからもサポートの大切さを学びましたし、ほかのミュージシャンとのコラボレーションは自分の中でとても大事にしていることのひとつです」

父になったことで、伝えたい希望、元気、勇気、そして根気

出生後1年を経ずに養子に出されたソンホ。ベルギー人の両親にベルギー人として育てられたが、心の中に大きな孤独を抱えることになった。長い間、地理的にも音楽的にも自分の居場所を見つけることができなかった彼に大きな変化をもたらしたのが、2019年に娘が誕生したこと。初めて得た血のつながりに、音楽でも“父親であること”を強く意識するようになったという。
「父という存在には、子どもに“希望”を抱かせ、“元気”“勇気”“根気”を与える役割があると思います。その関係は私のコンサートにおいても同様で、私はオーディエンスに対し、音でさまざまな気持ちを、子どもに対する父親のように伝えていきたい。この思いは、娘が生まれてからよりいっそう強くなりました」
日本での第一弾となる今回のコンサートは、これから始まる物語の序章と位置づけ、「希望(HOPE)」というテーマが掲げられた。そして、日本に住む孤児たちを招待する計画もあるという。
「かつての私と同じような境遇にいる子どもたちに、音楽をとおして手を差し伸べ、明るい未来へと続く道を示してあげられたら、と思います。私が持ち得ることがなかった、温かい気持ちを子どもたちと共有したいし、私たちは決してひとりではないということも知ってもらいたいですね」

デニス・ソンホ

豪華ゲストとともに、幸せを願うコンサート

「ニコライ・ルガンスキーをはじめ、ヤマハホールのコンサート・シリーズには偉大な音楽家がたくさん名を連ねています。そんな舞台に私も立てるなんて、本当に光栄です」
今回のステージには、土屋アンナとSanhaがゲストボーカルとして華を添える。このふたりの参加は音楽ファンにとって気になるところだろう。
「土屋アンナさんには、どちらかというとハードでパワフルな印象を持っている方が多いのではないでしょうか。しかし、私の公演ではバラードを歌っていただく予定です。彼女の新たな一面が見られると思います」
Sanhaは、韓国ではOST(オリジナル・サウンドトラック)界のプリンスと呼ばれる人気シンガーで、ドラマの楽曲を中心に活躍している。
「彼は日本在住ということもあり、ぜひ共演させていただきたいと思いました。高いキーでも力強い声を出せるシンガーなので、そうした魅力が際立つような歌の世界を楽しんでいただけるはずです」

その生い立ちの影響もあり、平和を願う気持ちが人一倍強いソンホ。曲を作るときも常に“みんなが幸せになれること”をコンセプトに据えているという。あらためて、今回の公演に対する意気込みを聞いた。
「私の音楽をとおして、皆さんが幸せや希望、そして平和へと続いていく道を見つけられるようなコンサートにしたいと思っています。ヤマハホールで皆さんにお会いできることを楽しみにしています」
9月30日のコンサートは、ソンホのギターを中心に、静謐でピースフルな世界がヤマハホールを包み込むに違いない。


【PR映像】クラシック・ギタリストのDenis Sungho(デニス・ソンホ)が9月に初の日本公演を開催!

■デニス・ソンホ JAPAN FIRST CONCERT in YAMAHA HALL

デニス・ソンホ
日時:2023年9月30日(土)19:00開演(18:30開場)
会場:ヤマハホール(東京都中央区銀座7-9-14)
料金:1階席8,000円 2階席10,000円(いずれも税込)
ゲスト:土屋アンナ/Sanha/ダミアン・リー
演奏:大谷舞/古川淑惠/倉持敦
詳細はこちら

■チケットプレゼント

本公演のチケットを抽選で10組20名様にプレゼントします。
ご希望の方は、下記「応募はこちら」ボタンからご応募ください。
※ご応募の際は、ヤマハミュージックメンバーズの会員登録(登録無料)が必要です。
応募締切:2023年9月24日(日)23:59
当選発表:当選者にはメールでご連絡します。公演当日(18:30~19:00)に受付までお越しいただき、お名前をお申し出のうえ、当選メールの画面をお見せください。その場でチケットをお渡しいたします。
応募はこちら

photo/ YOCA(1枚目)

本ウェブサイト上に掲載されている文章・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

facebook

twitter

特集

前橋汀子

今月の音遊人

今月の音遊人:前橋汀子さん「同じ曲を何千回、何万回演奏しても、つねに新しい発見や見え方があるのです」

2548views

音楽ライターの眼

連載16[ジャズ事始め]“上海リヴァイヴァル”を象徴する「上海バンスキング」とアジア・ジャズの序章

3993views

楽器探訪 Anothertake

空間を包み込む豊かな響き「フリューゲルホルン」

3931views

楽器のメンテナンス

楽器のあれこれQ&A

大切に長く使うために、屋外で楽器を使うときに気をつけることは?

50579views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:独特の世界観を表現する姉妹のピアノ連弾ボーカルユニットKitriがフルートに挑戦!

4423views

カッティング・エンジニア

オトノ仕事人

レコードの生命線である音溝を刻む専門家/カッティング・エンジニアの仕事

1886views

ホール自慢を聞きましょう

ウィーンの品格と本格派の音楽を堪能できる大阪の極上空間/いずみホール

6532views

日生劇場ファミリーフェスティヴァル

こどもと楽しむMusicナビ

夏休みは、ダンス×人形劇やミュージカルなど心躍る舞台にドキドキ、ワクワクしよう!/日生劇場ファミリーフェスティヴァル2022

2785views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

9882views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:音楽は和!ひとつになったときの達成感がいい

5699views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

あれから40年、おかげさまで「音」をはずさなくなりました

4475views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24862views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:若き天才ドラマー川口千里がエレキギターに挑戦!

10972views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

8265views

徳永二男、堤剛、練木繁夫

音楽ライターの眼

近年稀にみる名演に、言葉を失う/徳永二男、堤剛、練木繁夫による珠玉のピアノトリオ・コンサートVol.5

4947views

楽器博物館の学芸員の仕事 Web音遊人

オトノ仕事人

楽器のデモンストレーション、解説、管理までをこなすマルチプレイヤー/楽器博物館の学芸員の仕事(前編)

11282views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:仕事もバンドも、常に真剣勝負!

9479views

【楽器探訪 Another Take】人気のカスタムサクソフォンが13年ぶりにモデルチェンジ

楽器探訪 Anothertake

人気のカスタムサクソフォンが13年ぶりにモデルチェンジ

11334views

HAKUJU HALL(白寿ホール)

ホール自慢を聞きましょう

心身ともにリラックスできる贅沢な音楽空間/Hakuju Hall(ハクジュホール)

22109views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は人前で演奏してこそ、上達していくものなのだろう

7957views

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンの取り扱いについて

楽器のあれこれQ&A

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンを安心して運ぶには?

107297views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

10548views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

29292views