Web音遊人(みゅーじん)

児玉麻里 児玉桃

児玉麻里と桃の姉妹による、輝かしく躍動感あふれるピアノ・デュオ

ピアノは1台でオーケストラのような響きを奏でることができるといわれ、「楽器の王様」と称される。通常はひとりのピアニストが演奏するが、ふたりの奏者が演奏するとその響きは大きく広がり、4手連弾、または2台ピアノによって多種多様な表現が可能になり、まさにオーケストラのような肉厚で壮大な音楽が生まれる。

ピアノ・デュオの醍醐味を披露するコンサート

児玉麻里と桃の姉妹は、ともに国際舞台で活躍するピアニスト。ふだんはソロ活動が多いが、長年にわたりふたりで演奏する活動にも意欲を示す。2023年11月3日には東京の小金井 宮地楽器ホールにて「THE SUPER PREMIUM 児玉麻里&児玉桃ピアノ・デュオ」と題したコンサートを行い、ヤマハCFX2台を使用してデュオの醍醐味を披露する。
「ヤマハCFXには2022年春に出会い、その瞬時に反応する敏感さ、正確さ、そしてどのようなスペースにも対応できる暖かく、広がりのある音色に驚き、魅了されました。感激のあまり、直ちにそのとき予定していたドイツでのブラームスのピアノ作品の録音に使わせていただきたい、とお願いしました。調律の横山俊介さんにも多大なるご尽力をいただき、私にとって特別な録音の思い出です。今回はヤマハCFXでの初めてのピアノ・デュオ演奏を、とても楽しみにしています」と児玉麻里は語る。

音楽家との共演が音楽と人間の幅を広げる

児玉麻里はパリ国立高等音楽院でピアノをタチアナ・ニコラエワ、アルフレッド・ブレンデルなどに学び、数多くのコンクールで優勝、上位入賞を果たしている。音楽院修了後は、ロンドン・フィルとバービカン・センターで共演、ロンドン・デビューを果たし、1995年カーネギー・ホールでニューヨーク・デビューを果たした。1999年ロサンゼルス、2003年東京にて「ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全曲演奏会」に取り組み、高い評価を得た。
録音では『ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集』、ケント・ナガノ指揮『ベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集(第0~5番)』を完成させている。2016年11月には、チャイコフスキー3大バレエ抜粋連弾版を児玉桃とリリースしている。現在は世界各地でさまざまな活動を展開しているが、長年暮らしているアメリカでは音楽祭にも深くかかわっている。
「10年以上前からサンフランシスコで《フォレストヒルミュージカルデイズ》と題した音楽祭の音楽監督を務めていますが、それが数年前イタリアのローマ近郊で《traluceesogno》と題した音楽祭にもなりました。今後はどうなるかいま模索中ですが、そうした場でさまざまな楽器を演奏する音楽家と共演して、室内楽を演奏したいと考えています。いろんな音楽家との共演が音楽と人間の幅を広げてくれます」と語る。

作曲家と作品に対する思いを明快に表現する

一方、児玉桃もパリ国立高等音楽院で学び、1991年ミュンヘン国際コンクールに最年少で最高位に輝いた。J.S.バッハからメシアンを含む現代作品まで幅広いレパートリーを誇り、2013年にはルツェルン音楽祭、ウィグモアホール、東京オペラシティ文化財団の共同委嘱による「細川俊夫:練習曲集」とを各地で初演。現在はドイツのカールスルーエ音楽大学の教授を務めている。児玉桃も偉大なピアニストから多くを学び、メシアン・コンクールでは審査員も務め、創造性に富む録音も残している。
「メシアンは色彩が大切で、リズムも明確であり、ファンタジーあふれる演奏が要求されます。自分の考えをピアノを通してどれだけ聴衆に伝えることができるか。音が多いので、ついそれに気を取られがちですが、作曲家に対する思い、作品に対する思いを明快に表現することに集中し、その気持ちを聴いてくださる方に伝える。それに尽きると思います。これはどんな作品にもいえることですが……」と語る。

互いの呼吸を飲み込んだ、姉妹ゆえの絶妙のアンサンブル

そんなふたりがラヴェル『マ・メール・ロワ』、チャイコフスキー(アレンスキー編)『バレエ音楽〈くるみ割り人形〉』、ストラヴィンスキー『春の祭典』というプログラムでピアノ・デュオの世界を存分に楽しませてくれる。
『マ・メール・ロワ』は、ラヴェルが『マザー・グース』を題材としてピアノ4手連弾の組曲として作曲したもの。ラヴェルの友人ゴデブスキ夫妻のふたりの子ども、ミミとジャンのために書かれ、妖精や眠りの森の美女などにまつわる幻想的な5曲で構成されている。
チャイコフスキーの『くるみ割り人形』は、少女マリーがクリスマスにもらったくるみ割り人形が王子に変身しておとぎの国へ案内するという、E.T.A.ホフマンの童話をもとにした作品。バレエはその人形がねずみ軍と戦争を開始するところから始まる。人気の高い『花のワルツ』はこんぺい糖の精の侍女たちが踊る華やかなワルツで、ゆるやかな序奏に続いて登場する4本のホルンによる主題は徐々に高揚して頂点に達する。
こうしたオリジナルの響きをふたりはアレンスキー編の2台ピアノ版で表現、バレエの舞台へと聴き手をいざなう。児玉麻里と桃は姉妹ゆえ、互いの呼吸を飲み込み、絶妙のアンサンブルを奏でる。ふたりはロシアの先生に就いて学んだこともあり、ロシア作品の神髄を深く理解している。
ストラヴィンスキーのバレエ音楽『春の祭典』は、ストラヴィンスキーの幻影「輪になってすわる長老たちが死にいたるまで踊る若い娘を見守る異教の儀式」をもとに書かれたスリリングで躍動感あふれる作品。初演当初は問題視されたが、やがて名曲として各地で演奏されるようになり、2台ピアノ版も書かれている。今回はふたりが2台ピアノでストラヴィンスキーの神髄に迫る。その空気を全身に纏い、ピアノ・デュオの愉しみを満喫したい。

■THE SUPER PREMIUM 児玉麻里&児玉桃ピアノ・デュオ

児玉麻里 児玉桃
日時:2023年11月3日(金・祝)14:00開演(13:30開場)
会場:小金井 宮地楽器ホール 大ホール(東京都小金井市)
料金(税込):一般4,000円 U25席2,000円 こがねいメンバーズ一般3,600円
詳細はこちら

facebook

twitter

特集

川井郁子さん

今月の音遊人

今月の音遊人:川井郁子さん「私にとっての“いい音楽”とは、別世界へ気持ちを運んでくれる翼です」

9776views

音楽ライターの眼

連載19[ジャズ事始め]ジャズのフィーリングを体得した穐吉敏子が「フィリピン人のようだ」と褒められたワケ

2544views

豊かで自然な音と響きを再現するサイレントバイオリン「YSV104」

楽器探訪 Anothertake

アコースティックの豊かで自然な音色に極限まで迫る、サイレントバイオリン™「YSV104」

11473views

暖房

楽器のあれこれQ&A

ピアノを最適な状態に保つには?暖房を入れた室内での注意点や対策

53928views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ギタリスト木村大とピアニスト榊原大がトランペットに挑戦!

6882views

オトノ仕事人

あらゆるトラブルに対応できる、優れたリペア技術者を世に送り出す/管楽器のリペア技術者を育てる仕事

5057views

アクトシティ浜松 中ホール

ホール自慢を聞きましょう

生活の中に音楽がある町、浜松市民の音楽拠点となる音楽ホール/アクトシティ浜松 中ホール

13709views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

5093views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

9669views

われら音遊人:「非日常」の充実感が 活動の原動力!

われら音遊人

われら音遊人:「非日常」の充実感が活動の原動力!

7684views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.7

パイドパイパー・ダイアリー

最初のレッスンで学ぶ、あれこれについて

4452views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9438views

おとなの 楽器練習記 須藤千晴さん

おとなの楽器練習記

【動画公開中】国内外で演奏活動を展開するピアニスト須藤千晴が初めてのギターに挑戦!

7404views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

29300views

音楽ライターの眼

没後25年、アイルランドのギター・ヒーロー、ロリー・ギャラガーの魂の炎は燃え続ける

8663views

コレペティトゥーアのお仕事

オトノ仕事人

歌手・演奏者と共に観客を魅了する音楽を作り上げたい/コレペティトゥーアの仕事(後編)

7163views

われら音遊人:バンド経験ゼロの主婦が集合 家庭を守り、ステージではじける!

われら音遊人

われら音遊人:バンド経験ゼロの主婦が集合 家庭を守り、ステージではじける!

8346views

マーチングドラムの必須条件とは?

楽器探訪 Anothertake

マーチングドラムの必須条件とは?

10687views

久留米シティプラザ - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

世界的なマエストロが音響を絶賛!久留米の新たな文化発信施設/久留米シティプラザ ザ・グランドホール

18406views

パイドパイパー・ダイアリー

こうしてわたしは「演奏が楽しくてしょうがない」 という心境になりました

8218views

楽器のあれこれQ&A

ウクレレを始めてみたい!初心者が知りたいあれこれ5つ

4084views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

6362views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

28621views