Web音遊人(みゅーじん)

【ジャズの“名盤”ってナンだ?】#025 1950年代後半の“空気感”を丸ごと盛り込んだ確信犯的エンタテインメント~ソニー・ロリンズ『ウェイ・アウト・ウエスト』編

#002で紹介した『サキソフォン・コロッサス』に続き、20世紀のモダン・ジャズを象徴するサックス・プレイヤーのひとりであるソニー・ロリンズの作品です。

アルバム・タイトルを直訳すると“最西端”、つまり“西の果て”で、ニューヨークを拠点として躍進を遂げていたソニー・ロリンズが“西”=ウエストコーストへ遠征してアルバムを作りましたという、当初は芸能ニュース的な話題性に乗って売り出そうとした、アイデア先行型企画の作品だったのかもしれないと思わせる要素がふんだんに盛り込まれています。

ところが、そんなふうにアイデア先行だったにもかかわらず、後々まで“名盤”と呼ばれるような内容になってしまったわけで、それを成し遂げたソニー・ロリンズの“凄み”を味わっていただくと同時に、その理由を“解き明かすためのヒント”を探ってみたいと思います。


Way Out West

アルバム概要

1957年3月に米ロサンゼルスのスタジオで収録され、同年にLP盤としてリリースされました。

A面に3曲、B面に3曲の計6曲収録で、現行CDには3つの別テイクが追加され、9曲収録となっています。

メンバーは、テナー・サックスのソニー・ロリンズ、ベースのレイ・ブラウン、ドラムスのシェリー・マンの3名による編成で、いわゆる“ピアノレス・トリオ”ということでも注目を浴びた作品でした。

“名盤”の理由

本作の話題性は、ソニー・ロリンズがウエストコーストに“乗り込んでレコーディングを行なった”ことだけではありませんでした。

前述のように、ジャズの一般的なトリオ編成では異例のピアノレスであったことに加え、ニューヨーク代表のソニー・ロリンズとレイ・ブラウンが、ウエストコースト・ジャズのキーパーソンだったシェリー・マンを迎えての“東西対決”の趣を呈していたこと、収録曲に古い西部劇映画で用いられた楽曲(『俺は老カウボーイ』は1936年公開のミュージカル映画『リズム・オン・ザ・レンジ』の挿入曲、『ワゴン・ホイール』は1934年公開の同タイトル映画の主題曲)が入っていることなどから、話題に事欠かないように仕組まれた企画だったことが透けて見えるのではないでしょうか。

なにが透けて見えるのかというと、アメリカでは1950年代から60年代にかけてテレビの普及とともに第二次西部劇ブームが到来していて、それに便乗しようとしたのではないか、ということです(ちなみに第一次西部劇ブームは前出の映画が公開された1930~40年代で、ジョン・ウェインやゲーリー・クーパーといった銀幕のスターが活躍した時代です)。

いま聴くべきポイント

便乗といえば、本作のジャケットには西部劇の登場人物ばりにコスチュームを整えたソニー・ロリンズと覚しき人物が立っている写真が使用され、ユーモラスな雰囲気を醸し出すものになっています。

これもおそらく、ジャズ=難しい、マニア向けの音楽という印象が強まっていた1950年代にあって、もっと気楽に親しんでもらいたいというレーベルのマーケティング戦略によるところが大きかったのではないかと推察できます。

そうした“お膳立て”を承知のうえでソニー・ロリンズたち3名は、それに迎合することなくジャズ・ミュージシャンとしてのそれぞれの本分を全うし、結果として本作を“名盤”として後世に至るまで残すことになった──というストーリーが“名盤”なわけですね。

また、ソニー・ロリンズは1960年代前半の一時期、髪型をモヒカン刈りにしてアメリカ先住民に対するシンパシーを表明するようなこともしていました。

本作も、白人が主人公であることがデフォルトだった西部劇にアフリカン・アメリカンである自分が“出演”しているかのような見立てにすることで、激化しつつあった公民権運動に対するソニー・ロリンズなりのレジスタンスを示したのではないかと捉えてみると、これまでの評価より“深い”ところになにか隠されていそうな気が……しませんか?

「ジャズの“名盤”ってナンだ?」全編 >

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:富貴晴美さん「“音で遊ぶ人”たちに囲まれたおかげで型にはまることのない音作りができているのです」

4190views

スパークス

音楽ライターの眼

ベテランなのに鮮度の高いロック・バンド、スパークスの魅力に迫る

12331views

赤ラベルが再現!ヤマハギター50周年記念モデル

楽器探訪 Anothertake

赤ラベルが再現!ヤマハギター50周年記念モデル

11355views

知って得する!木製楽器の お手入れ方法

楽器のあれこれQ&A

木製楽器に起こりやすいトラブルは?保管やお手入れで気を付けること

20951views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:若き天才ドラマー川口千里がエレキギターに挑戦!

10956views

鬼久保美帆

オトノ仕事人

音楽番組の方向性や出演者を決定し、全体の指揮を執る総合責任者/音楽番組プロデューサーの仕事

2019views

ホール自慢を聞きましょう

地域に愛される豊かな音楽体験の場として京葉エリアに誕生した室内楽ホール/浦安音楽ホール

10142views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

10532views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

22083views

ギグリーマン

われら音遊人

われら音遊人:誰もが聴いたことがあるヒット曲でライブに来たすべての人を笑顔に

1909views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.7

パイドパイパー・ダイアリー

最初のレッスンで学ぶ、あれこれについて

4549views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9718views

おとなの 楽器練習記 須藤千晴さん

おとなの楽器練習記

【動画公開中】国内外で演奏活動を展開するピアニスト須藤千晴が初めてのギターに挑戦!

7561views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

19067views

音楽ライターの眼

バッハからショパンへ、大人のロマンティシズム/牛田智大 ピアノ・リサイタル

15295views

オトノ仕事人

深く豊かなクラシックの世界への入り口を作る/音楽ジャーナリストの仕事

4277views

われら音遊人:バンド経験ゼロの主婦が集合 家庭を守り、ステージではじける!

われら音遊人

われら音遊人:バンド経験ゼロの主婦が集合 家庭を守り、ステージではじける!

8526views

Disklavier™ ENSPIRE(ディスクラビア エンスパイア)- Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

ピアノのエレガントなフォルムを大切にしたデザイン

6588views

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、新時代へ発信する刺激的なコンテンツを/東京芸術劇場 コンサートホール

ホール自慢を聞きましょう

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、刺激的なコンテンツを発信/東京芸術劇場 コンサートホール

12208views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォン教室の新しいクラスメイト、勝手に募集中!

4428views

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

楽器のあれこれQ&A

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

37966views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

8448views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24846views