Web音遊人(みゅーじん)

ピンク・フロイドの幻のレア音源・映像が相次いで公開

ピンク・フロイドの“幻”の音源・映像が相次いで発掘されて、話題を呼んでいる。

1967年にデビューしたピンク・フロイドはイギリスを代表するロック・グループのひとつとして君臨してきた。『狂気 The Dark Side Of The Moon』(1973)が全世界で4,500万枚という空前のセールスを記録したのを筆頭に、すべてのアルバムが時代を超えて聴き継がれてきた彼らだが、『対 The Division Bell』(1994)を最後にオリジナル新作アルバムは発表されていない。2014年には『永遠 The Endless River』が発表されたが、『対』のレコーディング・セッションからのアウトテイクに新録音源を加えた作品で、純然たるニュー・アルバムとは一線を画したものだった。

バンドの核だったロジャー・ウォーターズとデヴィッド・ギルモアはそれぞれソロ・アーティストとして活動、ニック・メイスンは初期ピンク・フロイドの曲をプレイするソーサーフル・オブ・シークレッツを結成したが、キーボード奏者のリチャード・ライトは2008年に死去。今後ピンク・フロイドとしての新作が発表される可能性は、ほぼゼロに近いだろう。

だが2021年8月、彼らのファンを驚喜させたのが、『原子心母』(箱根アフロディーテ50周年記念盤)の日本のみでのリリースだった。1970年のアルバム『原子心母』の7インチ紙ジャケット仕様CDに1971年8月6〜7日、“日本のウッドストック”を目指して開催された“箱根アフロディーテ”フェスでのライヴの模様を15分にわたって収録したブルーレイをカップリングした2枚組は、パンフレットやポスター、チケット、チラシなどを復刻して封入した豪華特典のおかげもあり、世界規模で争奪戦が繰り広げられた。

そして2021年12月、ファンをさらに驚かせたのが、Apple Musicなどの配信サブスクリプション・サービスで1971年を中心としたライヴ音源が12タイトル、何の前触れもなく突然公開されたことだった。時に他バンドの出所の怪しい音源が配信されることもあるが、今回はいずれもPink Floyd Music Ltd. under exclusive licence to Sony Music Entertainmentとクレジットされたオフィシャルなものだ。

観客が会場にテープ・レコーダーを持ち込んだとおぼしきライヴも多いが、おおむね音質は良好。1971年といえば『エコーズ』『太陽讃歌』『ユージン、斧に気をつけろ』『原子心母』『エンブリオ』などが演奏された時期で、彼らのインストゥルメンタル・グループとしての凄味を堪能することが出来る。

そんな中で異彩を放っているのが『Lyon 12 June 1971 / Tokyo 16 March 1972』の後半、1972年3月の東京公演を収録したパートだ(タイトルは誤りで、実際は3月6日、東京体育館のライヴ音源)。まだ発売前だった『狂気』をフル演奏、かなりアレンジが異なっており、聴くたびに新しい発見がある。この音源は1972年当時、会場で盗み録りしたテープが関東圏のFMでオンエアされたものが使用されている。DJが「どこの国で行われた、何というグループのコンサートなんでしょうねえ」としらばっくれているが、大らかな時代だったとはいえ、かなり危ない橋を渡っていたのではなかろうか。放送マスターに遡るのではなく、ブートレグ(海賊盤)をソースにしているようで、音質も“それなり”ではあるものの、貴重音源をオフィシャルな形で、容易に聴くことが出来るようになったのは嬉しい限りだ。

ところで何故この時期にそれらの音源が公開されたかというと、著作権の保護期間が終了してパブリック・ドメイン(公有)になってしまうのを避けるためだと推測される。近年では音源の著作権はかつての50年から70年に延長されたが、それが該当するのは“制作されてから50年以内に発表された”音源のみ。よってピンク・フロイドの1971年の音源は2021年内にオフィシャルに発表しておく必要があったわけだ。ちなみにボブ・ディランやザ・ビートルズも初期の未発表音源のパブリック・ドメイン化を避けるため、50年の節目に公式リリースしている。

要注意なのは、それらが“公式リリースされた”という既成事実を作るために発表されるため、いつ配信サービスから引っ込められてもおかしくないということだ。ピンク・フロイドのライヴ音源は2022年1月末の時点で聴くことが出来るが、ある日すべてが消えてしまうかも知れない。彼らのファンは今のうちにデジタル・ダウンロード音源を買っておくか、ストリーミングでしっかり耳に焼き付けておくべきだろう。

今後も彼らの未発表トラックが公式リリースされていくかも気になるところだ。『アニマルズ』(1977)収録曲の原型となった『レイヴィング・アンド・ドゥルーリング』『ユーヴ・ゴット・ト・ビー・クレイジー』は『炎〜あなたがここにいてほしい』のデラックス・エディション(2011)に1974年11月、ウェンブリー公演のライヴ・テイクが収録されたが、他のテイクもぜひ公にして欲しい。さらに他アーティストもぜひ、積極的に未発表音源の公開に踏み切ってもらいたい!

なお2022年2月18日には、1994年ツアーのロンドン公演を捉えた映像作品『驚異 PULSE』のリストア(修復)&リエディット(再編集)ヴァージョンも初Blu-ray発売される。

 

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に1,000以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

facebook

twitter

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:上原彩子さん「家族ができてから、忙しいけれど気分的に余裕をもって音楽と向き合えるようになりました」

3670views

音楽ライターの眼

なぜカプースチンは、東西冷戦のソ連でジャズよりもジャズらしい曲を作れたのか?

6643views

v

楽器探訪 Anothertake

弾く人にとっての理想の音を徹底的に追究したサイレントバイオリン™

5392views

楽器のあれこれQ&A

目的別に選ぼう電子ピアノ「クラビノーバ」3シリーズ

1036views

大人の楽器練習機

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:世界的ピアニスト上原彩子がチェロ1日体験レッスン

14295views

テレビや映画の映像を音楽の力で何倍にも輝かせ、人の心を揺さぶる/劇伴作家の仕事

オトノ仕事人

【サインCDプレゼント】テレビや映画の映像を音楽の力で何倍にも輝かせ、人の心を揺さぶる/劇伴作家の仕事

12924views

サントリーホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

クラシック音楽の殿堂として憧れのホールであり続ける/サントリーホール 大ホール

18929views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

5359views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

6705views

われら音遊人:年齢も職業も超えた仲間が集う 結成30年のビッグバンド

われら音遊人

われら音遊人:年齢も職業も超えた仲間が集う、結成30年のビッグバンド

7022views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.3

パイドパイパー・ダイアリー

人生の最大の謎について、わたしも教室で考えた

4322views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

7797views

大人の楽器練習機

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:世界的ピアニスト上原彩子がチェロ1日体験レッスン

14295views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

16531views

音楽ライターの眼

小さなトリオの大きな響き/仲道郁代 ベートーヴェン“ピアノ室内楽”全曲演奏会 Vol.1

455views

オトノ仕事人

最適な音響システムを提案し、理想的な音空間を創る/音響施工プロジェクト・リーダーの仕事

743views

練馬だいこんず

われら音遊人

われら音遊人:好きな音楽を通じて人のためになることをしたい

4861views

STAGEA(ステージア)ELB-02 - Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

エレクトーンで初めてオーディオファイル録音機能を装備

11300views

久留米シティプラザ - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

世界的なマエストロが音響を絶賛!久留米の新たな文化発信施設/久留米シティプラザ ザ・グランドホール

15519views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

もしもあのとき、バイオリンを習っていたら

4805views

楽器のメンテナンス

楽器のあれこれQ&A

大切に長く使うために、屋外で楽器を使うときに気をつけることは?

41166views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

5359views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

25948views