Web音遊人(みゅーじん)

當真あみ

言葉がなくても、人の感情を揺さぶるのが音楽だと思います。TBS日曜劇場『さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~』/當真あみインタビュー

2021年7月にCMでデビューし、瑞々しい輝きで一躍話題となった當真あみ。数々のドラマや映画、CMなどで活躍する彼女がこの冬挑むのが、2024年1月14日にスタートするTBS日曜劇場『さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~』だ。
多くのシーンで重要な役割を果たすクラシック音楽と圧倒的スケール感が魅力であるこのドラマで、指揮者を目指す17歳の高校生を演じる。3歳でバイオリンを始めたという當真の演奏シーンにも注目したい。

天才指揮者が音楽と家族を再生していくアパッシオナートな物語

『さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~』は、ある事件によって音楽も家族も失った天才指揮者が、情熱をなくした地⽅オーケストラ団員たちに⾳楽の喜びを思い出させ、その⼈⽣までも再⽣させていくアパッシオナート(情熱的)なヒューマンドラマだ。同時に、娘との絆を取り戻していく家族の再⽣の物語でもある。登場人物それぞれにテーマ曲があり、心と音楽がリンクした演奏シーンも大きな見どころだろう。
主人公である天才マエストロ、夏目俊平を演じるのは西島秀俊。父と決別していた夏目の娘、響は芦田愛菜が務める。個性あふれるオーケストラの団員役にも錚々たる俳優陣が顔をそろえるなか、音楽経験ゼロからオーケストラに入る谷崎天音役に抜擢されたのが當真だ。
當真が演じる天音は、夏目と出会い、クラシック音楽にハマり、指揮者への夢を抱くようになる。「指揮者って腕を振っているだけだから、誰にでもできますよね?」とオーケストラ入団を志願するも、楽器経験すらない天音に団員たちはあきれ顔。しかし、天音は、あるきっかけでバイオリンに取り組むことになる。

好きなものがある人、夢を追いかけている人に観てほしい

當真本人は、3歳からバイオリンを始めている。幼稚園からはピアノを習い、物心ついたときには音楽が日常とともにあった。
「私は引っ込み思案なところがあって、バイオリンは好きでしたが発表会など人前で弾くのは苦手でした。いまでもカメラの前で演奏するのはとても緊張します。性格的には元気で明るく、我が道を突き進む天音ちゃんとは逆かもしれません」
現在は、劇中で演奏するある楽曲を特訓中。撮影に向けて東京音楽大学でレッスンを受けたほか、ミュート(弱音機)を使って自宅で練習に励む。いかに天音の感情を表現していくのか期待大だ。

當真あみ
また、本作はヤマハがバイオリンやファゴットなど楽器の貸し出しを行っているほか、東京音楽大学教授がオーケストラを全面監修。オーケストラの演奏部分は東京音楽大学が全面バックアップする。

小学生のときには吹奏楽部に所属し、中学時代は地元のジュニア・オーケストラで活動した経験もある當真は、オーケストラのシーンでは自身も心を震わせた。
「たくさんの音に囲まれながらみんなでひとつの曲をつくるのは、ひとりで弾くよりも何十倍も楽しいものだということをジュニア・オーケストラに入って知りました。ドラマでは、ホールの扉を開けると音楽が聴こえてきて、それに天音が感動するシーンがあるのですが、私も久しぶりにオーケストラの演奏を生で聴いて圧倒され、涙が出そうになりました。個人的にはロッシーニ『ウィリアムテル 序曲』がもっとも印象に残っています。私がジュニア・オーケストラでやった曲もあって、懐かしいと思いながら、そこに混ぜてほしくてうずうずしていました」

當真あみ

随所に名曲が使われているこのドラマを通して、あらためて音楽の魅力を感じたともいう。
「人の心に寄り添い、包み込んでくれる。言葉がなくても、人の感情を揺さぶるのが音楽だと思います。そんな音楽を通して、みんなの心がひとつになっていく作品です。音楽にかかわらず今好きなものがある人、夢を追いかけている人にもぜひ観ていただきたいです。そして、好きなことを諦めないでほしいと思います」
このドラマは、音楽好きはもちろん、あらゆる人にアパッシオナート(情熱的)な何かをもたらしてくれそうだ。

■日曜劇場『さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~』

さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~
放送日時:2024年1月14日(日)から 毎週日曜21:00〜21:54
放送局:TBS
出演者:西島秀俊、芦田愛菜、宮沢氷魚、新木優子、當真あみ/石田ゆり子/津田寛治、満島真之介、玉山鉄二、西田敏行 ほか
脚本:大島里美
音楽:菅野祐悟
音楽監修:広上淳一(東京音楽大学)
ドラマオフィシャルサイトはこちら

オフィシャルTwitter オフィシャルInstagram

photo/ 後藤泰宏
ヘアメイク/SAKURA
スタイリスト/高橋茉優
衣装/ブラウス17,000円(Bibiy. 問い合わせはこちら:support@bibiy.store)

本ウェブサイト上に掲載されている文章・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

facebook

twitter

特集

八代亜紀さん

今月の音遊人

今月の音遊人:八代亜紀さん「人間だって動物だって、音楽がないと生きていけないと思います」

9705views

アレクサンドル・タロー ピアノ・リサイタル

音楽ライターの眼

その夜、《ゴルトベルク変奏曲》はフランス語で”演じられた”/アレクサンドル・タロー ピアノ・リサイタル

5214views

STAGEA(ステージア)ELB-02 - Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

エレクトーンで初めてオーディオファイル録音機能を装備

12760views

バイオリンを始める時に知っておきたいこと

楽器のあれこれQ&A

バイオリンを始める時に知っておきたいこと

8420views

ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

12932views

音楽市場を広げたい、そのために今すべきこと/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽市場を広げたい、そのために今すべきこと/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事(後編)

6921views

しらかわホール

ホール自慢を聞きましょう

豊潤な響きと贅沢な空間が多くの人を魅了する/三井住友海上しらかわホール

13053views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

6361views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

23183views

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

われら音遊人

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

10059views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

5235views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24502views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:独特の世界観を表現する姉妹のピアノ連弾ボーカルユニットKitriがフルートに挑戦!

4255views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

13284views

音楽ライターの眼

早熟の天才ギタリスト、ティボー・ガルシアのアランフェス協奏曲

7370views

ステージマネージャーの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

ステージマネージャーひと筋に、楽員とともにハーモニーを奏で続ける/オーケストラのステージマネージャーの仕事(後編)

17030views

われら音遊人

われら音遊人:ママ友同士で結成し、はや30年!音楽の楽しさをわかちあう

4672views

エレクトーンに新風を吹き込んだ「ステージア」

楽器探訪 Anothertake

エレクトーンに新風を吹き込んだ「ステージア」

22747views

サントリーホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

クラシック音楽の殿堂として憧れのホールであり続ける/サントリーホール 大ホール

21611views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は人前で演奏してこそ、上達していくものなのだろう

7787views

楽器のメンテナンス

楽器のあれこれQ&A

大切に長く使うために、屋外で楽器を使うときに気をつけることは?

48860views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

10313views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9435views