Web音遊人(みゅーじん)

ジョージ・ハリオノ

チャイコフスキー国際コンクール第2位の若き天才ピアニストが待望のヤマハホール・デビュー!!/ジョージ・ハリオノ ピアノ・リサイタル

弱冠9歳でソロ・デビューを飾り、12歳でオーケストラと初共演。さらに史上最年少の15歳でフルスカラシップ奨学生として英国王立音楽院に入学し、2023年6月には難関チャイコフスキー国際コンクールで第2位入賞を果たしたイギリスの若き天才ピアニスト、ジョージ・ハリオノのヤマハホール初登場となった注目の公演を聴いた。 

多彩な演目を多彩かつ芯の通った妙技でみごとに弾き分け!

公演は2023年11月11日に行われた。その音色と性能を愛してやまないというヤマハCFXのピアノを用い、アコースティック楽器に最適かつ豊かな響きを追求して造られたヤマハホールで演奏できることに大きな期待を寄せていたハリオノ。この日の公演は、そんな彼の想いが結実し、みごとな大輪の花を咲かせていた。 

ベートーヴェンの『ピアノ・ソナタ 第18番』は、同時期の傑作『交響曲第3番「英雄」』と同じ変ホ長調で書かれた4楽章作品。当時30代の作曲者の力強い創意に溢れた本作を、颯爽と緩急巧みに織り上げるハリオノの姿は、作品の背景に重なるものがあり、チャイコフスキー国際を経て国際的な活躍を本格化させた彼の新たな船出における決意表明のようだった。

チャイコフスキーが最晩年に残した『瞑想曲』では、甘美な憂愁をあえて強調せず、音の粒を縦と横に流麗に重ねながら次の作品へと歌い継いでみせる。

リスト『夕べの調べ』でも、鐘の音を模倣やハープ風の伴奏部分をみごとに表現しつつ、敬虔な美しい旋律を若者らしい瑞々しさで輝かせていた。

だが、同じ作曲者による『ハンガリー狂詩曲第6番』では決然とした開始部分から表情が一転。極めて速いテンポで進み、細かい装飾音なども誠実に処理して華々しいフィナーレを現出する圧巻の名演だった。

ジョージ・ハリオノ

オーケストラのような色彩感で聴き手を魅了し、アンコールは実に6曲!

切れ目のない4楽章形式のように書かれたシューベルト『さすらい人幻想曲』は、極めて演奏難易度が高いことで知られる大作。ここでのハリオノは、演奏が進むにつれて情熱と集中力が増してゆき、技巧的な難所も一点の曇りもない精確さで楽々とクリアしてゆく。さらに、作品の要所に潜むシューベルトらしい慈愛や自由な歌心もきちんと掬い上げていたのが素晴らしかった。

ロシアの指揮者&現代作曲家で、ハリオノの友人でもあるアルカディエフによる『フレイム・ソナタ』は、この日が日本初演。第2次世界大戦中にイギリス軍によって空爆を受けたロシアのカリーニングラードのケーニヒスベルク大聖堂の修復記念(2019年)に書かれたものだが、約13分にわたってその悲劇や祈りのような調べが実にドラマティックに展開されていたと思う。

ストラヴィンスキー『ペトルーシュカからの3楽章』では、「オーケストラの色彩をピアノ1台で表現できるような新たな視点で演奏したい」と事前に語っていた通り、実にきらびやかで、なおかつ品性も高い秀演を披露。特に難易度が高い第3楽章の左手のトリルも完璧で、完売御礼となったこの日の聴き手から万雷の拍手が贈られていた。

ジョージ・ハリオノ

それに感じ入ったに違いないハリオノは、アンコールになんと、ピアソラ『リベルタンゴ』、坂本龍一『メリー・クリスマス・ミスター・ローレンス』、ホロヴィッツ『ピアノのためのカルメン変奏曲』、シューマン/リスト『献呈』、久石譲『Summer』、マンシーニ『ムーンリバー』と6曲も演奏。若き日のエフゲニー・キーシンを彷彿とさせる天才ぶりとバイタリティに今も興奮さめやらぬ、衝撃の午後のひとときだった。

ジョージ・ハリオノ

 

渡辺謙太郎〔わたなべ・けんたろう〕
音楽ジャーナリスト。慶應義塾大学卒業。音楽雑誌の編集を経て、2006年からフリー。『intoxicate』『シンフォニア』『ぴあ』などに執筆。また、世界最大級の音楽祭「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」のクラシックソムリエ、書籍&CDのプロデュース、テレビ&ラジオ番組のアナリストなどとしても活動中。

photo/ Ayumi Kakamu

本ウェブサイト上に掲載されている文章・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

facebook

twitter

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:渡辺香津美さん「ギターに対しては、いつも新鮮な気持ちでいたい 」

5115views

【クラシック名曲 ポップにシン・発見】(Phase2)チャイコフスキー『スラブ行進曲Op.31』 傷病兵救済の慈善演奏会、U2のキーウ地下鉄ライブにつながるか

音楽ライターの眼

【クラシック名曲 ポップにシン・発見】(Phase2)チャイコフスキー『スラブ行進曲Op.31』 傷病兵救済の慈善演奏会、U2のキーウ地下鉄ライブにつながるか

2227views

音楽を楽しむ気持ちに届ける「ELC-02」のデザインと機能

楽器探訪 Anothertake

【動画】「楽しさ」をまるごと運ぼう!「ELC-02」の分解、組み立て手順

18069views

楽器のメンテナンス

楽器のあれこれQ&A

大切に長く使うために、屋外で楽器を使うときに気をつけることは?

52682views

世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

7656views

JTBロイヤルロード銀座

オトノ仕事人

日本では出逢えない海外の音楽体験ツアーを楽しんでいただく/海外への音楽旅行の企画の仕事

6957views

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、新時代へ発信する刺激的なコンテンツを/東京芸術劇場 コンサートホール

ホール自慢を聞きましょう

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、刺激的なコンテンツを発信/東京芸術劇場 コンサートホール

12416views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

6040views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

24052views

5 Gravities

われら音遊人

われら音遊人:5つの個性が引き付け合い、多様な音楽性とグルーヴを生み出す

1781views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォン教室の新しいクラスメイト、勝手に募集中!

4529views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

29925views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若手サクソフォン奏者 住谷美帆がバイオリンに挑戦!

9065views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

22440views

音楽ライターの眼

連載19[多様性とジャズ]我が名を付けたアルバムの革新性とミンガスのリーダーシップ

1021views

カッティング・エンジニア

オトノ仕事人

レコードの生命線である音溝を刻む専門家/カッティング・エンジニアの仕事

2357views

上海ブラスバンド日本支部

われら音遊人

われら音遊人:上海で生まれた縁が続く大家族のようなブラスバンド

2214views

CLP-600シリーズ

楽器探訪 Anothertake

強弱も連打も思いのままに、グランドピアノに迫る弾き心地の電子ピアノ クラビノーバ「CLP-600シリーズ」

44535views

グランツたけた

ホール自慢を聞きましょう

美しい歌声の響くホールで、瀧廉太郎愛にあふれる街が新しい時代を創造/グランツたけた(竹田市総合文化ホール)

7098views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

5902views

ピアノの地震対策

楽器のあれこれQ&A

いざという時のために!ピアノの地震対策は大丈夫ですか?

41738views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

8676views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9965views