Web音遊人(みゅーじん)

木嶋真優

クラシック音楽を深めるとともに、現代に生まれる音を探求。ふたつの“今”を体現するそれぞれのコンサート/木嶋真優インタビュー

学ぶことに妥協するようになったら、音楽家をやめる──。バイオリニスト、木嶋真優はそう断言する。
「音楽家としてはまだまだですが、今37歳になり、毎日学び続けることは本当に大変なことだと感じています。でも、音楽のジャンルを問わず、それをやめずにいたい」
深め、向き合い続けるクラシックと、現代に生まれる音。彼女が心血を注ぐふたつの音楽を、それぞれ体感できるコンサートが開催される。

アルメニアの大地を描く、ハチャトゥリアンの『バイオリン協奏曲』

2024年5月3日(金・祝)に開催される「N響ゴールデン・クラシック2024」。N響が話題のソリストと共演する、毎年チケットが完売となるこのコンサートで、ハチャトゥリアンの『バイオリン協奏曲』を披露する。
木嶋はかつて、アルメニアでハチャトゥリアンを弾いたことがある。その体験は、ハチャトゥリアンを得意とする彼女の演奏の土台となった。
「衝撃的だったのが、オケのみなさんがコンチェルトを暗譜で弾くこと。そして、彼らが演奏するハチャトゥリアンは民族的でどこか土の香りが漂っていて、なるほど!と勉強になることばかりでした。それを体感したからこそ、深掘りするのがとても面白くて。ロシアに行ってロシア音楽を学ぶのと同じで、現地に行って本当によかったです」
N響とは共演を重ねているが、ハチャトゥリアンを演奏するのは初めて。注目の若手指揮者、坂入健司郎とも初の顔合わせとなる。
「荒々しさや土っぽさを残しつつ、荒くなく。そのバランスが難しい。いい意味で日本のクリーンなオーケストラとそれを一緒につくるのは、実は簡単なことではなくて。ですが、今回はより進化した形の演奏をお届けしたいので、私自身とても楽しみにしています」
『バイオリン協奏曲』のなかで、キャッチーでハチャトゥリアンらしいかっこよさがあふれるのは1楽章と3楽章。しかし、彼女は聴きどころとして2楽章をあげた。
「もっとも惹かれるのは2楽章。いろいろなものをこねくり回すことなく、あの土地の壮大さと雄大さをそのまま描いているから。アルメニアの風景が思い浮かぶような演奏ができたら、と考えています」

木嶋真優

今自分が表現したいことを詰め込んだ「MAYUフェス」

2023年、プロジェクト「MAYUフェス」を始動させた。
「自分がやりたいことをやらせていただく企画です」
2022年から行ってきた、弦楽アンサンブルとともにヴィヴァルディの『四季』とピアソラの『ブエノスアイレスの四季』を演奏するコンサート「Seasons 木嶋真優 with String Ensemble」。山下康介の編曲に彼女のアイディアも盛り込んだ『ブエノスアイレスの四季』は、毎回形を変えて披露してきた。
2023年6月の「MAYUフェス」第1弾では、そのふたつの“四季”でクラシックの小品や、ニューヨークで活躍するジャズ・ピアニスト大林武司とのジャズ・セッションなどをサンドイッチした3つのステージを構成した。
2024年8月16日(金)にサントリーホールでの開催が決定した第2弾は、クラシックから映画音楽、ジャズまで、木嶋が現在取り組んでいるジャンルを詰め込んだプログラムになる。今回も出演する大林とは、ブルーノート東京や札幌文化芸術劇場hitaruなどでもコラボレーションしてきた仲。ふたりの、ふたつの音楽がシームレスに響き合い、聴き手を魅了してきた。
「彼とは同い年。私はクラシックでヨーロッパに留学し、彼はアメリカのバークリーでジャズを学んでいたので、真逆の音楽のインスピレーションを受けてきたんです。ジャズのグルーヴ感やリズム感、ハーモニゼーションなどには、“クラシック脳”だけでは決して得られないものがたくさんあります。私はクラシック音楽をずっとやってきて、そのなかでの言語を話すのですが、ジャズの人はそうした枠にとらわれない、自分の言語を話すんですよね。それは音を生み出すときの根本にあるものだし、学ぶことだらけです」
そして、逆もまたしかり、である。コンサートでは、互いに影響し合うふたりがさらなる音楽の可能性をみせてくれるだろう。
一方、彼女が愛する小品の数々もほかにはない編成で、クラシックのファンにもうれしい驚きと新鮮な感動をもたらしてくれるだろう。
「第1弾とは、がらりと変わったものになります。いま表現したいものが、そこにあります」
木嶋は常にアップデートしている。同じコンサートシリーズに何度も足を運ぶファンが多いのも、そのためかもしれない。
彼女が奏でるふたつの“今”を、ぜひコンサートで体感してほしい。

■N響ゴールデン・クラシック 2024

N響ゴールデン・クラシック 2024
日時:2024年5月3日(金・祝)15:30開演(14:45開場)
会場:東京文化会館 大ホール
出演:坂入健司郎(指揮)、木嶋真優(バイオリン)、NHK交響楽団(管弦楽)
料金(税込):S 8,000円、A 7,000円、B 6,000円、C 5,000円、D 4,000円
詳細はこちら

■MAYUフェス Vol.2

MAYUフェス Vol.2
日時:2024年8月16日(金)16:30開演
会場:サントリーホール 大ホール
出演:木嶋真優(バイオリン)、大林武司(ピアノ)、小川晋平(ベース)、MAYU Fes Ensemble
料金(税込):S 7,500円、A 6,000円、P 4,500円
チケット発売日:2024年3月16日(土)
詳細はこちら

オフィシャルFacebook オフィシャルTwitter オフィシャルInstagram

オフィシャルサイトはこちら

photo/ 宮地たか子

本ウェブサイト上に掲載されている文章・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

facebook

twitter

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:村治佳織さん「自分が出した音によって聴き手の表情が変わったとき、音楽の不思議な力を感じます」

8509views

音楽ライターの眼

歌えて、泣けて、踊れるサウンド。映画『ビー・ジーズ 栄光の軌跡』公開

2040views

reface

楽器探訪 Anothertake

コンパクトなボディに優れた操作性が溶け込んだデザイン

5865views

楽器のあれこれQ&A

目的別に選ぼう電子ピアノ「クラビノーバ」3シリーズ

2698views

ホルンの精鋭、福川伸陽が アコースティックギターの 体験レッスンに挑戦! Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ホルンの精鋭、福川伸陽がアコースティックギターの体験レッスンに挑戦!

10745views

オトノ仕事人

音楽フェスのブッキングや制作をディレクションする/イベントディレクターの仕事

12818views

サラマンカホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

まるでヨーロッパの教会にいるような雰囲気に包まれるクラシック音楽専用ホール/サラマンカホール

20741views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

13620views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

8326views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:人を楽しませたい!それが4人の共通の思い

6412views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

音楽知識ゼロ&50代半ばからスタートしたサクソフォンのレッスン

7720views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9854views

今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

8561views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

8326views

音楽ライターの眼

連載20[ジャズ事始め]ジャズは自分にとってなんなのかを追求した日本人・穐吉敏子の答え

2251views

弦楽器の調整や修理をする職人インタビュー(前編)

オトノ仕事人

見えないところこそ気を付けて心を配る/弦楽器の調整や修理をする職人(後編)

8176views

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

われら音遊人

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

10476views

楽器探訪 Anothertake

世界の一流奏者が愛用するトランペット「Xeno Artist Model」がモデルチェンジ

24644views

サントリーホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

クラシック音楽の殿堂として憧れのホールであり続ける/サントリーホール 大ホール

22228views

山口正介 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

この感覚を体験すると「音楽がやみつきになる」

8309views

バイオリンを始める時に知っておきたいこと

楽器のあれこれQ&A

バイオリンを始める時に知っておきたいこと

8647views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

8553views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

29569views