Web音遊人(みゅーじん)

生田絵梨花

多彩な楽曲とピアノの音色、語るような歌唱で彩られたファーストEP『capriccioso』/生田絵梨花インタビュー

人気アイドルグループ在籍中からその高い歌唱力とピアノの実力が話題となっていた生田絵梨花。現在は歌手に俳優、さらに司会者など幅広い活動を展開しており、近年はソロライブでの弾き語りが話題を呼んでいる。そんな生田のアーティストとしての魅力が存分に詰まったファーストEP『capriccioso』(カプリチョーソ)が2024年4月10日にリリースされた。自身の作詞・作曲した作品を含む色とりどりの楽曲で歌唱はもちろん、ほぼ全曲のピアノ演奏も行っている。

コロナ禍をきっかけとした挑戦

生田は幼少期からクラシック音楽を学んでおり、演奏や歌唱にあたっては“楽譜”の存在が当たり前であった。しかし今回はゼロからの創作に挑戦している。
「作詞、作曲はどちらも自分にはできないことだと思っていました。でも、コロナ禍に活動ができなくなって、“私がやりたいことはなんだろう”、“何か役に立てることはないか”と考えたときに浮かんできたのはやはり音楽だったのです。そこで、落ち着いたら自分の作った楽曲を実際にお客さんの前で披露したい、という目標ができ、挑戦することにしました」
しかし未経験から始まった創作は当然簡単なものではなかったという。
「コード、そして作詞の基本を学べる本を買って一から勉強しました。コードをひとつずつ覚えたり、いろいろな言葉を書いては消したり……の日々でしたね。そうしているうちにようやくできたのが『No one compares』でした。この曲は落ち着いた曲調で、“ピアノといえばこういう感じだよね”という雰囲気ですが、次はそこからはみ出したようなものも作りたい、という気持ちもあって『I’m gonna beat you』が生まれました。この曲はもっとピアノや私自身のいろいろな面を見てもらいたい、という想いから書いたものです」
さらに生田はもう一曲完成させた。それが今回のアルバムの最初を飾る『Laundry』である。ジャズのテイストを感じさせる軽快さにあふれ、アルバム全体が放つ色とりどりの雰囲気を象徴するような楽曲である。
「今までやったことのないジャンルに挑戦したいと思って、いろいろな音楽を聴いていたんです。私のソロライブでも色々なアーティストさんの楽曲を歌わせて頂いて、音使いなどたくさんのインスピレーションをいただきましたね。そんなある日、洗濯機を眺めているときに、ふと自分の中にこれまでなかったようなジャジーな音楽があふれてきて。“新しいジャンルの音楽が生まれるかも!”と急いでピアノの前に座り、夢中で弾きました」

生田絵梨花

多彩な選曲によってあふれだす、新しい魅力

アルバムのタイトルは“気ままに”“気まぐれに”を意味する『capriccioso』。自作曲をはじめ、カバーには藤井風に中孝介、IVE。そして柳沢亮太(SUPER BEAVER)による提供楽曲などが並ぶ。男性アーティストの楽曲が多いのが印象的だ。
「不思議なものでライブでもそうなんです。
自分がカバーするとなったときに、キーや雰囲気、視点などが変わり“本来と違う色でお届けできる”というのが潜在的にあったのかもしれません」
一方で、現在のK-POPシーンで注目されている女性アイドルグループの一つであるIVE(アイヴ)の『ELEVEN』も存在感を放っている。
「2023年の紅白歌合戦で特に強く魅了され、自分でも歌いたくなってしまったのです。今回のバンドアレンジはキーボーディストの伊賀拓郎さんが担当してくださり、原曲とは違う雰囲気でありながらも独特な浮遊感は残った、素敵なサウンドになりました」

演奏と歌唱も新境地に

今回のアルバムでは柳沢亮太(SUPER BEAVER)から楽曲提供を受けた『だからね』以外、全て生田本人がピアノも演奏しているが、全曲を通して聴いていると、彼女のピアノの音色の多彩さとビート感、そして歌い方の違いに驚かされる。ジャズやポップスのグルーヴ感を見事に捉えた軽やかな演奏、そして語るような歌唱で、クラシック曲を演奏するとき、そしてミュージカルを歌うときの凛とした演奏や歌唱とはかなり違った印象を受けるのだ。
「クラシックとはもちろん違う“ノリ”が必要なので、アレンジャーやディレクターにアドバイスをもらいながら演奏をしているのですが、自作曲は自分の中から生まれてきたものなので、あまり苦労はしませんでした。ただ、もともとピアノを弾くときに前へ、前へ……という傾向があるのですが、ジャズではむしろ少し遅れるくらいの感覚が必要だったりするので、そのあたりの意識改革を行っています」
歌ではどのようなことを意識していたのだろうか。
「曲によって、それぞれに合った歌い方をかなり考えたのですが、全体を通して言えることは、“距離感”ですね。普段はステージで歌うので、遠くのお客さままで届くように……ということを大切にしてきたのですが、音源はイヤホンを通してなど、近いところで聴くことが多いですよね。なので、“歌う”というよりはつぶやくような感じにしてみたり、息を多めにしてみたり、といった工夫をしました。あとはマイクとの距離や種類もかなりいろいろなパターンを試しています」

多彩な楽曲と音色に彩られたファーストEPは、生田絵梨花というアーティストの卓越した能力、そして新たな可能性に満ちたものとなっている。寄り添い、時に鼓舞してくれるような演奏と歌唱は、多くの人に力を与えてくれることだろう。

■ファーストEP『capriccioso(カプリチョーソ)』

生田絵梨花

発売元:ソニー・ミュージックレーベルズ
発売日:2024年4月10日
CD購入はこちら

<全形態共通収録楽曲>
01.Laundry
02.No one compares
03.I’m gonna beat you!!
04.だからね(Song by 柳沢亮太(SUPER BEAVER))
05.ELEVEN -Japanese ver.- (Original Artist:IVE)
06.ガーデン(Original Artist:藤井風)
07.花(Original Artist:森山直太朗)
08.Laundry(instrumental)
09.No one compares(instrumental)
10.I’m gonna beat you!!(instrumental)
11.だからね(instrumental)
12.ELEVEN -Japanese ver.-(instrumental)
13.花(instrumental)

初回生産限定盤A(CD+BD+アートワークフォトブック):7,700円(税込)
<BD収録内容>
“Erika Ikuta Autumn Live Tour 2023” at 東京国際フォーラム ホールA
01.ビートDEトーヒ
02.I’m gonna beat you!!
03.ルージュの伝言
04.歌うたいのバラッド
05 楓
06.丸の内サディスティック
07.ハレンチ
08.裸の勇者
09.愛し君へ
10.One more time, One more chance
11.SWEET MEMORIES
12.何なんw
13.ELEVEN -Japanese ver.-
14.私は最強
15.ビートDEトーヒ
16.Laundry
17.No one compares

初回生産限定盤B(CD+BD+ライブフォトブック)7,700円(税込)
<BD収録内容>
“Erika Ikuta 2022 winter fun” at KT Zepp Yokohama
01.すてきなホリデイ
02.スターライトパレード
03.何なんw
04.踊り子
05.ふられ気分で ROCK’N’ ROLL
06.A winter fairy is melting a snowman
07.ロマンスの神様
08.白い恋人達
09.自信満々よ
10.銀の龍の背に乗って
11.We Wish You a Merry Christmas
12.I’m gonna beat you!!
13.No one compares

通常盤初回仕様(CD only)3,000円(税込)
※全形態共通初仕様:ポスタープレゼント応募用ハガキ封入
特設サイトはこちら
詳細はこちら

YouTube公式チャンネル オフィシャルTwitter オフィシャルInstagram

photo/ 阿部雄介

本ウェブサイト上に掲載されている文章・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

facebook

twitter

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:家入レオさん「言葉に入りきらない気持ちを相手に伝えてくれるのが音楽です」

7755views

音楽ライターの眼

すでにAIの音楽は小説の世界を飛び出しているという現実

3119views

豊かで自然な音と響きを再現するサイレントバイオリン「YSV104」

楽器探訪 Anothertake

アコースティックの豊かで自然な音色に極限まで迫る、サイレントバイオリン™「YSV104」

11892views

楽器のあれこれQ&A

目指せ上達!アコースティックギター初心者の練習方法とお悩み解決

98670views

おとなの 楽器練習記 須藤千晴さん

おとなの楽器練習記

【動画公開中】国内外で演奏活動を展開するピアニスト須藤千晴が初めてのギターに挑戦!

7707views

鬼久保美帆

オトノ仕事人

音楽番組の方向性や出演者を決定し、全体の指揮を執る総合責任者/音楽番組プロデューサーの仕事

2286views

しらかわホール

ホール自慢を聞きましょう

豊潤な響きと贅沢な空間が多くの人を魅了する/三井住友海上しらかわホール

13603views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

5375views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

8392views

スイング・ビーズ・ジャズ・オーケストラのメンバー

われら音遊人

われら音遊人:震災の年に結成したビッグバンド、ボランティア演奏もおまかせあれ!

5727views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

もしもあのとき、バイオリンを習っていたら

5598views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

25145views

大人の楽器練習記:バイオリニスト岡部磨知がエレキギターを体験レッスン

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:バイオリニスト岡部磨知がエレキギターを体験レッスン

19415views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

12869views

音楽ライターの眼

世界観もさまざまに、4人の名手たちが紡ぐギターの音色に酔いしれる/Acoustic Guitar Festival Special Concert Vol.1

4155views

コレペティトゥーアのお仕事

オトノ仕事人

歌手・演奏者と共に観客を魅了する音楽を作り上げたい/コレペティトゥーアの仕事(後編)

7467views

横浜レンタル倉庫(YRS)

われら音遊人

われら音遊人:目指すはフェス! 楽しみ、楽しませ、さらなる高みへ

1353views

サイレントブラス

楽器探訪 Anothertake

“練習”の枠を超え人とつながる楽しさを「サイレントブラス」

3955views

ホール自慢を聞きましょう

歴史ある“不死鳥の街”から新時代の芸術文化を発信/フェニーチェ堺

8421views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

だから続けられる!サクソフォンレッスン10年目

4837views

楽器のメンテナンス

楽器のあれこれQ&A

大切に長く使うために、屋外で楽器を使うときに気をつけることは?

52573views

日生劇場ファミリーフェスティヴァル

こどもと楽しむMusicナビ

夏休みは、ダンス×人形劇やミュージカルなど心躍る舞台にドキドキ、ワクワクしよう!/日生劇場ファミリーフェスティヴァル2022

2955views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

25145views