ロックの新時代を告げるフェス/2018年3月31日~4月1日、Vans Warped Tour Japan 2018 presented by XFLAG開催

  • ALL
  • ニュース
  • レビュー
  • レッスン
  • プレイ
  • 楽器・オーディオ
  • アーティスト
  • 会員限定企画
Vans Warped Tour Japan 2018 presented by XFLAG
音楽ライターの眼
ロックの新時代を告げるフェス/2018年3月31日~4月1日、Vans Warped Tour Japan 2018 presented by XFLAG開催

「Vans Warped Tour Japan 2018 presented by XFLAG」はひとつの時代の終わりであり、新しい時代の始まりである。

2017年3月に開催された「PUNKSPRING 2017 FINAL」は、2005年に始まった日本最大のパンク・フェスが幕を下ろしたイベントだった。オフスプリング、バッド・レリジョン、NOFX、レス・ザン・ジェイクなど歴代最強といえるラインアップが参戦。ステージ上でフェスへの惜別のメッセージを送るアーティストも多く、大いに盛り上がりながらも一抹の寂しさを感じさせた。

だが、ヘッドライナーのオフスプリングのステージが終わると、スクリーンに”SEE YOU NEXT YEAR!”という文字と、どこかで見たイベントのロゴのシルエットが映し出される。これは北米で毎年行われているVans Warped Tourのロゴではないか……!?と場内は騒然となった。

Warped Tourは北米各都市をサーキットするフェスティバル・ツアーで、1995年からスタート。翌1996年からVansがスポンサーに付き、Vans Warped Tourという名称になった。出演アーティストはパンク/ハードコアを主軸としながら、エミネムやケイティ・ペリー、ビリー・アイドルなども含む多彩な顔ぶれで、隆盛を誇ったフェスティバル・ツアーのブーム(ロラパルーザ、リリス・フェア、オズフェスなど)が終わったあとも多くの音楽ファンから支持されてきた。

日本でも1996年9月に「Warp Japan Tour」と題してソーシャル・ディストーション、シック・オブ・イット・オール、Hi-STANDARD、ブリンク182、ドッグ・イート・ドッグらが出演、今は亡き東京ベイNKホールと大阪、名古屋で開催されていた。フジ・ロック・フェスティバルが始まる前年、まだフェス・カルチャーが開花する前ということもあってか日本には定着しなかったものの、海外フェスをそのまま輸入するという画期的イベントは歴史に残るものだった。

そして2018年、北米版Warped Tourはフェスティバル・ツアー形式での開催がこの年で最後になると発表。サム41、シンプル・プラン、ボウリング・フォー・スープ、ザ・ユーズドなどの参加が決定しているが、 パンクの夏の祭典が終止符を打つことに、アメリカのキッズは悲しみを隠せないでいる。

その代わり!……というわけではないが、2018年3月31日(土)と4月1日(日)に千葉・幕張メッセでWarped Tour Japanが開催されることになった。

31日がKoЯnとリンプ・ビズキット、1日がプロフェッツ・オブ・レイジ(レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン+パブリック・エネミー+サイプレス・ヒルのメンバーからなるスーパーグループ)という、北米版よりもヘヴィ・ロック色が濃いラインアップ。ペニーワイズやゼブラヘッド、スーサイダル・テンデンシーズらPUNKSPRINGに出演してきたバンド、そしてBiSHやBAND-MAID、LOVEBITES、PassCodeらガールズ・バンドも含め、日本ならではの布陣が集結している。出演アーティストの数こそ北米版より少ないものの、超大物ヘッドライナー勢を筆頭に、豪華さは日本が上回るほどだ。

KoЯnとリンプ・ビズキット、1日がプロフェッツ・オブ・レイジ

(写真左)KoЯn(写真右)プロフェッツ・オブ・レイジ

フェスの主催/制作/招聘はサマーソニックやラウド・パーク、PUNKSPRING、POPSPRINGなどでお馴染みのクリエイティブマン。ライヴはもちろん、それらフェス同様、アトラクションや“フェスめし”も楽しめるイベントになるだろう。

Warped Tourは北米では来年以降、単発のイベントとして存続すると噂されているが、フェス名称のTourの部分は残されるという。その理由は、このフェスが世界を股にかけたツアーとして続くことになるからだ。日本の春を彩る新時代のフェスとなるべく、Warped Tour Japanがいよいよスタートを切る。

■Vans Warped Tour Japan 2018 presented by XFLAG

開催日:2018年3月31日(土)~4月1日(日)
場所:幕張メッセ(千葉県)9~11ホール
公演の詳細はこちら

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に850以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

 

ヤマハ 音遊人(みゅーじん)Facebook
Web音遊人の更新情報などをお知らせします。ぜひ「いいね!」をお願いします!
ヤマハ 音遊人(みゅーじん)Facebook

文/ 山崎智之