ジョン・コルトレーン編 vol.7|なぜジャズには“踏み絵”が必要だったのか?

  • ALL
  • ニュース
  • レビュー
  • レッスン
  • プレイ
  • 楽器・オーディオ
  • アーティスト
  • 会員限定企画
ジョン・コルトレーン編 vol.7|なぜジャズには“踏み絵”が必要だったのか?
音楽ライターの眼
ジョン・コルトレーン編 vol.7|なぜジャズには“踏み絵”が必要だったのか?

ジョン・コルトレーンが、すでに成熟していたジャズのどの点に改良の余地があるのかについて触れているインタヴュー記事(「ダウンビート」誌1960年9月号「コルトレーン・オン・コルトレーン」)が残っている。それによれば、彼がそれまでトライしてきたものは「ほとんどがハーモニックの実験」で、「リズムに関してはもっと融通性がほしい」としている。

ハーモニックの実験に関しては、この時期にマイルス・デイヴィスがモードすなわち旋律を利用して、常態化しつつあったコード進行パターンからの脱却を図っていたが、コルトレーンはそれとは別の方法論を探っていたことになる。常態化しつつあったコード進行パターンを打開しなければならなかったのは、ジャズ自身が常態化しつつあったコード進行パターンを利用して発展したという、自己矛盾的な問題をはらんでいる。

ビバップが、レヴューやミュージカル、映画に用いられた音楽からコード進行パターンだけを抜き出して、そのヴァリエーション(変奏曲)としての奇抜さを競ったことが、この問題の根底にあるわけだ。つまり、コード進行パターンをオリジナル曲から借りてくるためにハーモニーに関しては固定化され、その範囲内でメロディ(あるいはフレーズ)のユニークさを競うゲームになっていたジャズに対して、問題提起がなされていたことになる。

コルトレーンがアルバム『ジャイアント・ステップス』でやろうとした問題提起は、収録された「カウントダウン」という曲に最も凝縮されていると言っていいだろう。

めまぐるしくコードが変わっていくこの曲の構成を詳しくみると、16拍のなかで2拍ずつ6回と4拍のコード・チェンジがワン・セットとなり、次に調が変わって同じパターンが繰り返される。ワン・セットの中身は、短2度、4度、短3度、4度、短3度、4度というコード進行だが、このパターンのなかでメロディをつくるのではなく、セット自体の調を変化(進行)させてメロディ自体の自由度を上げようとした、というところがコルトレーンならではのアイデアと言えるだろう。

もちろん、それまでのポピュラー音楽でも曲の途中で転調が行なわれ、Aメロやサビを彩るのは一般的な技法だったが、コルトレーンはそこへスピードとリズム変化(アクセントの変移)を混ぜ込もうとした点で画期的だった。

具体的には、8分音符に休符を組み合わせてワン・セットとしていくのだけれど、ブレイクの場所を変えて、アクセントの位置がコード進行と重ならないようにしている。これによって、コード進行および転調によるメロディの展開と、8分休符のブレイク位置の変化によるアクセントのズレが重なることになり、予定調和を感じさせないメロディを生み出す可能性を示すことができるようになった。

コルトレーンはこの後、3連符+休符を塗り重ねるようにして、コード感の薄いフレーズでも説得力のあるラインを生み出せる方法論を完成させていく。それは『ア・ラヴ・シュープリーム(至上の愛)』(1964年)で結実するのだけれど、さらに彼はコードやリズムにとらわれない“未知なる法則”を探るべく、新たな実験へと突き進むことになる。

一般にフリー・ジャズは、現代音楽の12音技法や総音列技法と混同されることも多いようだが、少なくともコルトレーンがめざしていた“フリー”は、ポピュラー音楽が備えていたコード進行パターンやリズムを否定するのではなく、そこから新たな発見をしようとしたものであることが、彼の足跡を追うことで見えてくる。

そして、彼のその足跡を(プレイヤーであれリスナーであれ)追うことが、旧弊の象徴である「ジャズの踏み絵」を踏むことになり、次なる可能性を得るための“入口”に進む資格を与えられることになるのだろう。

ジョン・コルトレーンの項は、ひとまず打ち止め。

<了>

ジョン・コルトレーン編vol.6|なぜジャズには“踏み絵”が必要だったのか?
ジョン・コルトレーン編vol.5|なぜジャズには“踏み絵”が必要だったのか?
ジョン・コルトレーン編vol.1~vol.4|なぜジャズには“踏み絵”が必要だったのか?

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

 

ヤマハ 音遊人(みゅーじん)Facebook
Web音遊人の更新情報などをお知らせします。ぜひ「いいね!」をお願いします!
ヤマハ 音遊人(みゅーじん)Facebook

文/富澤えいち

ページトップへ戻る