Web音遊人(みゅーじん)

連載1[ジャズ事始め]ジャズの生い立ちには“文化”を知る手がかりが秘められている

ジャズがどのように生まれたのかを音楽理論的に遡ることができるのであれば、その根源へとたどっていくのは意味があるかもしれない。

しかし、事象としてのジャズの起源を特定するには、それはあまりにも曖昧で、ノイズが多すぎるから、個人的にはそれほど興味を焚き付けるものではなかった。

20世紀初頭に活躍したピアニスト/バンドリーダー/作曲家のジェリー・ロール・モートン(1890年ニューオーリンズ生まれのピアニスト、バンドリーダー、作曲家)は、自らの名刺に“ジャズとスウィングの創始者”と記していたというが、もちろん彼がピンポイントにジャズとスウィングという音楽ジャンルを創始したワケではない。彼が生まれたころにはすでにニューオーリンズでジャズやスウィングと呼ばれることになるスタイルの音楽が演奏されていた(はず)。

JAZZの語源をエヴィデンスから言及すれば、1913年にシカゴの新聞が、トロンボーン奏者トム・ブラウンのニューオーリンズ・ツアーのエピソードとして「JASSというナウい音楽が演奏されていた」と紹介したことが嚆矢こうし(※1)とされる。
(※1)ものごとの始まりの意。昔、戦いを始める合図として、先端に大きな音の出る矢を放ったことにちなむ。

この背景には、JASSという言葉がフランス語の“jaser”(どうやら“ビンビンだぜ”的なニュアンスの隠語のようです)から転じたものであること、ニューオーリンズはフランス領だからフランス語由来であること、フランスっぽい(=ヨーロッパ大陸の香りがする)音楽であることを“売り”にしようと目論んでいたのではないかということ、そして1910年代にはジャズの消費地がニューオーリンズから(19世紀半ばにはすでに西部最大の都市になっていた)シカゴへ移っていて(フランスのような先進国の)文化に対する注目度が高まっていたこと──などを読み取ることができるだろう。

つまりジャズは、“消費されるべき商品”としてニューオーリンズから原材料を仕入れ、紳士淑女に抵抗がありそうなJASSからJAZZへとソフトなイメチェンのための改名を果たして、戦略的にアメリカの大衆音楽を担うための準備を整えていったことがうかがえるのだ。

ボクはジェリー・ロール・モートンを排除しないし、彼が結成したレッド・ホット・ペッパーズが1926年からビクターというメジャーなレコード会社に音源を残した功績はもちろん、1938年から行なわれた米国議会図書館用のインタヴューを“ジャズの起源を想像するための手がかり”として大きく評価する。

そのうえで、改めて“ジャズがどのように芽生えて育っていったのか”を考察することは、“文化”とはなにかを考えるうえでかなり重要なことではないかと思うようになった。

それは、ジャズが悪所あくしょ(※2)と呼ばれるような狭いエリアで生まれた”ことにフォーカスするのではなく、“なぜ世界に広がっていく音楽ジャンルになったのか”を理解するためのきっかけになると思うから──。
(※2)主に風俗営業に該当する店が集まっているエリア。

アメリカでジャズが発展する要因となった社会情勢との関係性を簡単に振り返ったあとで、日本のみならずアジア全域におけるジャズと社会情勢との関係性を掘り下げていきたいと思っている。
「ジャズ事始め」全編 >

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

特集

今月の音遊人 小沼ようすけ

今月の音遊人

今月の音遊人:小沼ようすけさん「本気で挑まなければ音楽の快感と至福は得られない」

16566views

音楽ライターの眼

KISSが2019年12月に来日。最高最後のロックンロール・パーティーが始まる

6631views

【楽器探訪 Another Take】人気のカスタムサクソフォンが13年ぶりにモデルチェンジ

楽器探訪 Anothertake

人気のカスタムサクソフォンが13年ぶりにモデルチェンジ

7631views

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

楽器のあれこれQ&A

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

30518views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若手サクソフォン奏者 住谷美帆がバイオリンに挑戦!

5003views

オトノ仕事人

オーダーメイドで楽譜を作り、作・編曲家から奏者に楽譜を届ける/プロミュージシャン用の楽譜を制作する仕事

10044views

アクトシティ浜松 中ホール

ホール自慢を聞きましょう

生活の中に音楽がある町、浜松市民の音楽拠点となる音楽ホール/アクトシティ浜松 中ホール

9150views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

3904views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

8235views

スイング・ビーズ・ジャズ・オーケストラのメンバー

われら音遊人

われら音遊人:震災の年に結成したビッグバンド、ボランティア演奏もおまかせあれ!

3163views

サクソフォン、そろそろ「テイク・ファイブ」に挑戦しようか、なんて思ってはいるのですが

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォンをはじめて10年、目標の「テイク・ファイブ」は近いか、遠いのか……。

5098views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

22383views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:独特の世界観を表現する姉妹のピアノ連弾ボーカルユニットKitriがフルートに挑戦!

2264views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

20949views

“ビートルズ嫌い”という思い込みを正すきっかけをつくってくれたジャズ・カヴァーという“遺産”

音楽ライターの眼

“ビートルズ嫌い”という思い込みを正すきっかけをつくってくれたジャズ・カヴァーという“遺産”

34859views

オトノ仕事人

プラスマイナス0.05ヘルツまで調整する熟練の技/音叉を作る仕事

16835views

われら音遊人

われら音遊人:ただ今、バンド活動リハビリ中!

5354views

変えるべきもの、変えざるべきものを見極める

楽器探訪 Anothertake

変えるべきもの、変えざるべきものを見極める

11723views

ザ・シンフォニーホール

ホール自慢を聞きましょう

歴史と伝統、風格を受け継ぐクラシック音楽専用ホール/ザ・シンフォニーホール

13991views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

いまやサクソフォンは趣味となったが、最初は映画音楽だった

4503views

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!バイオリンの購入ポイントと練習のコツ

8939views

こどもと楽しむMusicナビ

1DAYフェスであなたもオルガン博士に/サントリーホールでオルガンZANMAI!

554views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

6364views