Web音遊人(みゅーじん)

クラシックギタリストという肩書きを超越する異才/鈴木大介インタビュー

クラシックギタリストという肩書きを超越する異才/鈴木大介インタビュー

取材や撮影を行っている間も、手にしたギターからは柔らかな音楽が生まれている。弾いているのは武満徹の作品であり、しかも演奏しながら解説付きというサービスぶりだ。もし読者の皆様が鈴木大介のコンサートに行き、フレンドリーなMCを含む演奏の雰囲気を味わっているのなら「なるほど」と納得していただけるだろう。そういえば数年前までは、FM放送のクラシック音楽番組でメイン・パーソナリティも務めていたのだった。

クラシックギターのレパートリーはもちろん、ジャズ、ボサノヴァ、映画音楽など多彩なレパートリーを弾きこなし、ギターのための楽譜がない曲は自らが編曲する。学生時代から福田進一氏に師事しながら、同時にアマチュアのフュージョン・バンドでエレクトリックギターを弾くなど、好奇心旺盛に音楽活動をしていた。そうしたことで蓄積された音楽性が、晩年の武満徹を刺激したのだろう。会ったことのない鈴木の演奏を聴き「いままでに聴いたことがないようなギタリスト」と評したことは有名だ。

「デビューの時にそういう言葉をいただけて大きな励みになりましたし、武満さんの音楽を紹介していくことが自分の務めでもあります。ギターがお好きな方でしたから、オリジナル曲やギターを加えた室内楽曲などがありますけれど、一方で大変な映画マニアであり、映画音楽もたくさん書いているのです。そうした曲をギターのためにアレンジして演奏してきましたが、ひとつの形になったのが2001年に発売した『どですかでん』というCDでした」
それ以来ずっと映画音楽について、独自に研究をし続けてきたという。「ある時、ご遺族の方から残されている映画音楽の自筆譜をたくさん見せていただき、新しい発見がたくさんあったのです。それにより、武満さんにとっての映画音楽は決して独立した存在ではなく、オリジナルのオーケストラ曲やギター曲などと音楽的なつながりがあることもわかってきました。2016年は没後20年という節目の年ですが、ここから先も自分は彼の音楽にいろいろな方向から光を当て、『武満徹の音楽』とはいったい何だったのかを深めていきたいですね」

クラシックギタリストという肩書きを超越する異才/鈴木大介インタビュー

2016年10月18日(火)にヤマハホールで行われるコンサート「武満徹へのオマージュ ~フィルム・ミュージックと彼が愛した音楽~」も、まさにその一環。ギター・ソロだけではなく、5人編成のジャズ・バンド・スタイルで武満作品を演奏し、さらには武満が好きだったというJ.S.バッハ、ジャズの名曲『ジャンゴ』、そして生前最後に観た映画だという『シンドラーのリスト』ほかの映画音楽も聴かせてくれる。こうした選曲の幅広さもまた「鈴木大介的」だと言えるだろう。

ところで、ギターを演奏される読者も多いと思うが、鈴木のように気負いのない自然体の音楽を奏でるためには、どういったことが大切なのだろうか。 「ギターには『弾いた時間が長いほど上手になる』という、かなり明確な法則があります。僕もよく『どうしたらそんな音が出せますか』と質問を受けますけれど、『一日中ギターを触っているから』というのがその答えですね。ギターは持ち運びもできますし、ずっと手元に置いて、気がついたらパラパラと弾いているくらいがちょうどいい。パコ・デ・ルシアもパット・メセニーも、フラメンコギターのカニサレスも、上手な人はみんな同じことを言っていますから間違いありません。たくさんの時間をギターといっしょに過ごしてください」 

2016年の後半も全国あちこちでのコンサートがあり、CDのリリースも控えている。聴いた途端に魅了されてしまう彼の音色を、ぜひ味わっていただきたい。

■武満徹へのオマージュ ~フィルム・ミュージックと彼が愛した音楽~

日時:2016年10月18日(火)19:00開演(18:30開場)
場所:ヤマハホール(東京都中央区銀座7-9-14 ヤマハ銀座ビル7F)
料金:5,000円(税込)
出演:鈴木大介(ギター)、田口悌治(ギター)、吉野弘志(ベース)、芳垣安洋(ドラム)、北村聡(バンドネオン)
曲目:J.レノン=P.マッカートニー:ヒア・ゼア・アンド・エヴリウェア、ヘイ・ジュード(武満徹編/12の歌より)、A.バリオス:郷愁のショーロ、J.ウィリアムズ:シンドラーのリスト、武満徹:今朝の秋、太平洋ひとりぼっち、伊豆の踊子、狂った果実 ほか
公演の詳細はこちら

 

特集

今月の音遊人:葉加瀬太郎さん

今月の音遊人

今月の音遊人:葉加瀬太郎さん「音楽は自分にとって《究極のひまつぶし》。それは、この世の中でいちばん面白いことだから」

3738views

音楽ライターの眼

2本のギターが運ぶ、未体験の楽しさ/GORO ITO meets KAORI MURAJI BOSSA NOVA Special Night

702views

楽器探訪 Anothertake

改めて考える エレクトーンってどんな楽器?

67254views

ピアニカ

楽器のあれこれQ&A

いつも清潔にしておきたい!ピアニカのお手入れ、お掃除方法

25935views

世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

2786views

ホールのクラシック公演を企画して地域の文化に貢献する/音楽学芸員の仕事

オトノ仕事人

アーティストとお客様とをマッチングさせ、コンサートという形で幸福な時間を演出する/音楽学芸員の仕事

5684views

しらかわホール

ホール自慢を聞きましょう

豊潤な響きと贅沢な空間が多くの人を魅了する/三井住友海上しらかわホール

4810views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

1683views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

11290views

われら音遊人:Kakky(カッキー)

われら音遊人

われら音遊人:オカリナの豊かな表現力で聴いている人たちを笑顔に!

2217views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

あれから40年、おかげさまで「音」をはずさなくなりました

1755views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

10851views

大人の楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

5840views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

5530views

ジャズとデュオの新たな関係性を考える

音楽ライターの眼

ジャズとデュオの新たな関係性を考えるvol.6

2926views

オトノ仕事人

プラスマイナス0.05ヘルツまで調整する熟練の技/音叉を作る仕事

1424views

われら音遊人:「非日常」の充実感が 活動の原動力!

われら音遊人

われら音遊人:「非日常」の充実感が活動の原動力!

3622views

STAGEA(ステージア)ELB-02 - Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

見ているだけでわくわくする!弾きたい気持ちにさせるエレクトーン

3322views

荘銀タクト鶴岡

ホール自慢を聞きましょう

ステージと客席の一体感と、自然で明快な音が味わえるホール/荘銀タクト鶴岡(鶴岡市文化会館)

2482views

サクソフォン、そろそろ「テイク・ファイブ」に挑戦しようか、なんて思ってはいるのですが

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォンをはじめて10年、目標の「テイク・ファイブ」は近いか、遠いのか……。

2114views

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

13381views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

1807views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

10851views