Web音遊人(みゅーじん)

クラシックギタリストという肩書きを超越する異才/鈴木大介インタビュー

クラシックギタリストという肩書きを超越する異才/鈴木大介インタビュー

取材や撮影を行っている間も、手にしたギターからは柔らかな音楽が生まれている。弾いているのは武満徹の作品であり、しかも演奏しながら解説付きというサービスぶりだ。もし読者の皆様が鈴木大介のコンサートに行き、フレンドリーなMCを含む演奏の雰囲気を味わっているのなら「なるほど」と納得していただけるだろう。そういえば数年前までは、FM放送のクラシック音楽番組でメイン・パーソナリティも務めていたのだった。

クラシックギターのレパートリーはもちろん、ジャズ、ボサノヴァ、映画音楽など多彩なレパートリーを弾きこなし、ギターのための楽譜がない曲は自らが編曲する。学生時代から福田進一氏に師事しながら、同時にアマチュアのフュージョン・バンドでエレクトリックギターを弾くなど、好奇心旺盛に音楽活動をしていた。そうしたことで蓄積された音楽性が、晩年の武満徹を刺激したのだろう。会ったことのない鈴木の演奏を聴き「いままでに聴いたことがないようなギタリスト」と評したことは有名だ。

「デビューの時にそういう言葉をいただけて大きな励みになりましたし、武満さんの音楽を紹介していくことが自分の務めでもあります。ギターがお好きな方でしたから、オリジナル曲やギターを加えた室内楽曲などがありますけれど、一方で大変な映画マニアであり、映画音楽もたくさん書いているのです。そうした曲をギターのためにアレンジして演奏してきましたが、ひとつの形になったのが2001年に発売した『どですかでん』というCDでした」
それ以来ずっと映画音楽について、独自に研究をし続けてきたという。「ある時、ご遺族の方から残されている映画音楽の自筆譜をたくさん見せていただき、新しい発見がたくさんあったのです。それにより、武満さんにとっての映画音楽は決して独立した存在ではなく、オリジナルのオーケストラ曲やギター曲などと音楽的なつながりがあることもわかってきました。2016年は没後20年という節目の年ですが、ここから先も自分は彼の音楽にいろいろな方向から光を当て、『武満徹の音楽』とはいったい何だったのかを深めていきたいですね」

クラシックギタリストという肩書きを超越する異才/鈴木大介インタビュー

2016年10月18日(火)にヤマハホールで行われるコンサート「武満徹へのオマージュ ~フィルム・ミュージックと彼が愛した音楽~」も、まさにその一環。ギター・ソロだけではなく、5人編成のジャズ・バンド・スタイルで武満作品を演奏し、さらには武満が好きだったというJ.S.バッハ、ジャズの名曲『ジャンゴ』、そして生前最後に観た映画だという『シンドラーのリスト』ほかの映画音楽も聴かせてくれる。こうした選曲の幅広さもまた「鈴木大介的」だと言えるだろう。

ところで、ギターを演奏される読者も多いと思うが、鈴木のように気負いのない自然体の音楽を奏でるためには、どういったことが大切なのだろうか。 「ギターには『弾いた時間が長いほど上手になる』という、かなり明確な法則があります。僕もよく『どうしたらそんな音が出せますか』と質問を受けますけれど、『一日中ギターを触っているから』というのがその答えですね。ギターは持ち運びもできますし、ずっと手元に置いて、気がついたらパラパラと弾いているくらいがちょうどいい。パコ・デ・ルシアもパット・メセニーも、フラメンコギターのカニサレスも、上手な人はみんな同じことを言っていますから間違いありません。たくさんの時間をギターといっしょに過ごしてください」 

2016年の後半も全国あちこちでのコンサートがあり、CDのリリースも控えている。聴いた途端に魅了されてしまう彼の音色を、ぜひ味わっていただきたい。

■武満徹へのオマージュ ~フィルム・ミュージックと彼が愛した音楽~

日時:2016年10月18日(火)19:00開演(18:30開場)
場所:ヤマハホール(東京都中央区銀座7-9-14 ヤマハ銀座ビル7F)
料金:5,000円(税込)
出演:鈴木大介(ギター)、田口悌治(ギター)、吉野弘志(ベース)、芳垣安洋(ドラム)、北村聡(バンドネオン)
曲目:J.レノン=P.マッカートニー:ヒア・ゼア・アンド・エヴリウェア、ヘイ・ジュード(武満徹編/12の歌より)、A.バリオス:郷愁のショーロ、J.ウィリアムズ:シンドラーのリスト、武満徹:今朝の秋、太平洋ひとりぼっち、伊豆の踊子、狂った果実 ほか
公演の詳細はこちら

 

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:谷村新司さん「音がない世界から新たな作品が生まれる」

1306views

Char

音楽ライターの眼

ロック界のレジェンドCharがアコースティック・ギターで圧倒/Char Acoustic Live

10958views

最新の音響解析技術で低音域のパワフルな音量と響きを実現

楽器探訪 Anothertake

アコースティックギター専用の音響解析技術で低音域のパワフルな音量と響きを実現

4161views

エレクトーンの 取り扱い方法 Web音遊人

楽器のあれこれQ&A

エレクトーンについて、知っておきたいことや気をつけたいこと

11377views

大人の楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

5649views

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

1836views

札幌コンサートホールKitara - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

あたたかみのあるデザインと音響を両立した、北海道を代表する音楽の殿堂/札幌コンサートホールKitara 大ホール

9576views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

2515views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

10638views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブル仲間が集う仲よしサークル

967views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

いまやサクソフォンは趣味となったが、最初は映画音楽だった

1759views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

10851views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若手サクソフォン奏者 住谷美帆がバイオリンに挑戦!

1354views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

4618views

ロック業界は足下を見つめ直してみる必要があるかもしれない

音楽ライターの眼

ロック業界は足下を見つめ直してみる必要があるかもしれない

2473views

オトノ仕事人

音楽フェスのブッキングや制作をディレクションする/イベントディレクターの仕事

4074views

われら音遊人ー021Hアンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:元クラスメイトだけで結成。あのころも今も、同じ思いを共有!

1037views

豊かで自然な音と響きを再現するサイレントバイオリン「YSV104」

楽器探訪 Anothertake

アコースティックの豊かで自然な音色に極限まで迫る、サイレントバイオリン™「YSV104」

4255views

アクトシティ浜松 中ホール

ホール自慢を聞きましょう

生活の中に音楽がある町、浜松市民の音楽拠点となる音楽ホール/アクトシティ浜松 中ホール

5340views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォン教室の新しいクラスメイト、勝手に募集中!

1691views

楽器のあれこれQ&A

モチベーションがアップ!ピアノを楽しく効率的に練習するコツ

3868views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

1188views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

10851views