Web音遊人(みゅーじん)

大西順子さん - Web音遊人

ジャズピアニスト、大西順子の復帰第一作はリズムへのアプローチが新鮮!2017年はライブツアーも満載

ジャズピアニストとしてトップクラスの活躍を続けるも、2012年に突然引退していた大西順子が、再び日本のジャズシーンに帰ってきた。2015年9月に日野皓正の呼びかけにより「東京JAZZ」に出演。そして、2016年6月に復帰後第一作となるアルバム『Tea Times』をリリース。現在は精力的にツアーを行っている。

ニューヨークで活動した後、1993年にデビューアルバム『ワウ WOW』を発表するや、一躍日本のジャズシーンに躍り出た大西。力強いリズムと疾走感、そしてオリジナル曲の洗練されたメロディでジャズファンのみならず人気を博した。日本人の女性ジャズプレイヤーがまだ数少なかった当時、アメリカのブルーノートからのアルバムリリース、ニューヨーク老舗ジャズクラブへの出演など、ワールドワイドな活躍は大きな話題を呼んだ。

これだけの輝かしい実績をもつプレイヤーだけに、彼女の引退は多くのファンに惜しまれた。引退を表明した後のあるライブで、指揮者の小澤征爾が「引退反対!」と声をあげたというエピソードもあるほどだ。
だが、その時間は大西にとって決して無駄ではなかった。復帰後の最新作『Tea Times』は、ジャズミュージシャン・菊地成孔のプロデュースによるもの。これまでのアルバムはすべて自身でプロデュースしてきた大西にとって初めてのチャレンジだった。
「今のジャズがわからなくなったところがあって、勉強したいと思って菊地さんにお願いをしました。以前テレビで拝見して、音楽の好みが合うのではと感じていましたから」
“今のジャズ”とは……?
「最近は純粋な4ビートを耳にすることはほとんどなくなっていて、だいたいがヒップホップのリズムですよね。そこにトライしていくのか、あくまでも4ビートだけを追求していくべきか」と考える中、あえて楽曲もプロデュースも他者に委ねたのが今回の作品だ。1曲目から強烈なビートが刻まれ、さらには変拍子を含め、リズムが変化してゆく。また、ホーンセクションが入ったり、ラップが入ったりする楽曲もある。確かに今までの作品とは趣を異にしてはいる。
「4ビートではないアプローチもありますから、ロックなどを聴いてきた人にも楽しんでもらえると思います。リズムに関しては菊地さんもこだわられていたところで、例えば4拍子と5拍子を混在させるようなリズムは、知ってはいても演奏することがなかったので新鮮でした。やはりヒップホップのリズムはおもしろいですね。純粋な4ビートでヒップホップのようなグルーヴを出していくのはむずかしいことですが、だからこそ、そこ(グルーヴを出すこと)は譲らないでいきたいなともあらためて思えたんです」

新しい経験により音楽に対するスタンスを広げつつ、追求すべき道も見えてきた。加えて、復帰後は人気アニメ映画の音楽にも参加するなどメディアでも活躍。ファンには意外かもしれないが、「呼ばれれば、何でもやりますよ(笑)」と、本人の姿勢はいたって柔軟だ。

最近は自分の中での音楽に対する興味の変化も意識しているという。
「今だと、バラードがイケてるなって。以前はワンセットに1曲は入れなくてはという感じでしたけれど、今は全部バラードでもいいんじゃないっていうくらい(笑)」
さらに今回のアルバムでリズムへのアプローチを徹底したことから「逆にリズムをなくすとどうなるんだろう、という考えが浮かんだりも」と、新しいアイデアもわいてきた。
一つのチャレンジはこのようにまた違う音の扉へとつながってゆくのだろう。
もちろん、大西順子ファンが期待する“弾きっぷり”は健在で「それはもう、隠しても隠しきれないものがありますから」というだけに、ライブでの演奏が楽しみなところ。

大西順子さん - Web音遊人

2017年2月17日にヤマハ銀座ビルで開催されたトークショー「ジャズピアニスト大西順子が語る~Tea Times~」での一枚(左:小川隆夫/右:大西順子)

2017年は復帰後、一緒にツアーを行っている、井上陽介(ベース)、山田玲(ドラムス)とのトリオで全国各地を回る予定だ。
「井上陽介さんは私よりちょっと年上で頼りになるベーシスト。山田玲君は1年間一緒にツアーをしてきて、どんどん演奏も変わってきているので、いろいろなことを試したいと思っています」
これまで以上に活躍が楽しみな大西順子の生音を、ぜひ堪能してほしい。

■アルバムインフォメーション

『Tea Times』
Tea Times
発売元:TABOO
発売日:2016年6月22日
価格:3,100円(税込)
詳細はこちら

■公演インフォメーション

大西順子トリオ・ツアー/大西順子トリオ・クラブツアー2017
詳細はこちら

 

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:山田和樹さん「エルヴィス・プレスリーのクリスマスソングから『8割の美学』というものを学びました」

2715views

音楽ライターの眼

連載10[多様性とジャズ]1960年代の公民権運動で結ばれたジャズと多様性の強い絆

2103views

82Z

楽器探訪 Anothertake

アンバー仕上げが生む新感覚のヴィンテージ/カスタムサクソフォン「82Z」

2147views

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!トランペットをうまく鳴らすコツと練習方法

114650views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目のピアノデュオ鍵盤男子の二人がチェロに挑戦!

8057views

オトノ仕事人 ボイストレーナー

オトノ仕事人

歌うときは、体全部が楽器となるように/ボイストレーナーの仕事(前編)

23949views

武満徹の思い「未来への窓」をコンセプトに個性的な公演を/東京オペラシティ コンサートホール:タケミツメモリアル

ホール自慢を聞きましょう

武満徹の思い「未来への窓」をコンセプトに個性的な公演を/東京オペラシティ コンサートホール:タケミツ メモリアル

13663views

日生劇場ファミリーフェスティヴァル

こどもと楽しむMusicナビ

夏休みは、ダンス×人形劇やミュージカルなど心躍る舞台にドキドキ、ワクワクしよう!/日生劇場ファミリーフェスティヴァル2022

2711views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

21754views

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

われら音遊人

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

10223views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

だから続けられる!サクソフォンレッスン10年目

4673views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9600views

ホルンの精鋭、福川伸陽が アコースティックギターの 体験レッスンに挑戦! Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ホルンの精鋭、福川伸陽がアコースティックギターの体験レッスンに挑戦!

10499views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

10966views

徳永二男(ヴァイオリン)、堤剛(チェロ)、練木繁夫(ピアノ)

音楽ライターの眼

名手3人が醸し出す、音の会話の楽しさ奥深さ/徳永二男、堤剛、練木繁夫による珠玉のピアノトリオ・コンサートVol.4

4310views

テレビや映画の映像を音楽の力で何倍にも輝かせ、人の心を揺さぶる/劇伴作家の仕事

オトノ仕事人

【サインCDプレゼント】テレビや映画の映像を音楽の力で何倍にも輝かせ、人の心を揺さぶる/劇伴作家の仕事

14917views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:仕事もバンドも、常に真剣勝負!

9408views

豊かで自然な音と響きを再現するサイレントバイオリン「YSV104」

楽器探訪 Anothertake

アコースティックの豊かで自然な音色に極限まで迫る、サイレントバイオリン™「YSV104」

11585views

ホール自慢を聞きましょう

ウィーンの品格と本格派の音楽を堪能できる大阪の極上空間/いずみホール

6400views

パイドパイパー・ダイアリー

こうしてわたしは「演奏が楽しくてしょうがない」 という心境になりました

8290views

日ごろからできるピアノのお手入れ

楽器のあれこれQ&A

日ごろからできるピアノのお手入れ

63582views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

8344views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

28978views