Web音遊人(みゅーじん)

AIジャズの嚆矢は20年前の東京ザヴィヌルバッハだったんじゃなかろうか?

実は、「NEURAL JAZZ SESSIONS~AI×人間による実験的なジャズセッション~」の動画を観たとき、既視感があった。いや、“既聴感”と言うべきかな。

それは、エレクトロ・ジャズ・ユニット「東京ザヴィヌルバッハ」の作品によって引き起こされたものだった。

東京ザヴィヌルバッハは、坪口昌恭(キーボード)のアイデアを菊地成孔(サックス)がプロデュースするというコンセプションのもと1999年1月に結成されたユニットだ。

このユニットがほかの“クラブ系”のバンドと決定的に違っていたのは、シーケンスソフト“M”を使っていた部分。

“M”は、68k Macの時代(つまり1980年代後半から90年代)に開発されたいわゆるDTMソフトの一種なのだけれど、打ち込んだプログラムどおりの音を再生させるのではないという、“謎”な機能を有していた。

この“M”の印象について坪口は、「『思ったとおりに音楽が作れない』ところに惹かれているんですよ。(中略)DTMソフトだと、横長のタイムラインのトラックウインドウが出て、見た目で『音楽作っている』っていう感じがするみたいで、みんなそれで満足しちゃうみたい(笑)。でも、視覚でイメージを見せられると、作った音楽の真のリズムがつかみにくくなるんです。やはり耳で聞くものは聴覚のみで吟味しないと。音そのものの素顔に近づくことができるのがMというわけなんです」と、パソコン雑誌のインタヴューに答えている(「Mac Fan」2002年5月15日号)。

ボクは東京ザヴィヌルバッハの『クール・クラスター』リリースのタイミングで坪口昌恭と菊地成孔にインタヴューをすることができたのだけれど(2002年4月17日)、そのなかから興味深い部分をピックアップしてみよう。

坪口:Mというソフトを使ったら、リズムを一定のビートじゃなくてランダムに、どこがアタマかわからないんだけれどファンキーだみたいな、そういうのが作れそうだというのが見えてきたんですよ。それで僕がデモを作って(菊地成孔に)聴かせたりして、これでもっとうまいことできないかなぁ、というのが、1999年の年明けぐらいでしたかね。
菊地:最初はドラムンベースをやろうとしてたんですよ。ドラムンベースのトラックを作るノウハウのなかで、試しにいろいろやっていた。Mって、もともとミニマル・ミュージックのためのソフトだったから、それをファンキーなリズムセクション、つまりドラムとベースを担当させるソフトだとは誰も、いまだに誰も思っていなくて……(笑)。高橋悠治さんとか現代音楽のヒトがチャンス・オペレーション(註:ジョン・ケージが1950年代初頭に考案した、偶然を利用してスコアを作成する手法)のときとかに使う、ミニマル・ミュージック用のソフトだったから。それを、ジャズのドラマーがその場でスポンティニアスにどんどんリズムを変えていったりするように、機械が自動的にやるっていうふうにしてみたらどうか、と。でも、僕はまるで機械のことはわからないから坪口にデモ演奏を作ってもらったら、ぜんぜんドラムンベースにならなかった(笑)。
坪口:大失敗だったね(笑)。
菊地:でも、代わりにおもしろいものができたんですよね。いままで聴いたことがない、ね。つまり、そういうことに使ったことがないソフトをそういうふうに使ったわけですからそうなった。で、まったく新しい音楽が生まれたので、「じゃあ、これをやろう!」とバンドを作ることになったというわけ。

 

次回は、“M”と共演した、2000年代初頭の東京ザヴィヌルバッハの作品を再考してみたい。

「AIが拓くジャズの未来」全編 >

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:村治佳織さん「自分が出した音によって聴き手の表情が変わったとき、音楽の不思議な力を感じます」

2858views

ヨーロッパを活動の拠点にしているヴァイオリニスト佐藤俊介、オランダ・バッハ協会の次期音楽監督に決定

音楽ライターの眼

ヨーロッパを活動の拠点にしているヴァイオリニスト佐藤俊介、オランダ・バッハ協会の次期音楽監督に決定

5238views

reface

楽器探訪 Anothertake

個性が異なる4機種の特徴、その楽しみ方とは?

3312views

購入前に知っておきたい!電子ピアノを選ぶときのポイントとおすすめ

楽器のあれこれQ&A

購入前に知っておきたい!電子ピアノを選ぶときのポイントとおすすめ機種

12796views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目のピアノデュオ鍵盤男子の二人がチェロに挑戦!

3084views

オトノ仕事人

音楽フェスのブッキングや制作をディレクションする/イベントディレクターの仕事

5928views

グランツたけた

ホール自慢を聞きましょう

美しい歌声の響くホールで、瀧廉太郎愛にあふれる街が新しい時代を創造/グランツたけた(竹田市総合文化ホール)

2265views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

4359views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

12688views

われら音遊人

われら音遊人:ただ今、バンド活動リハビリ中!

4043views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

あれから40年、おかげさまで「音」をはずさなくなりました

2333views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

15866views

コハーン・イシュトヴァーンさん Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ハンガリー出身のクラリネット奏者コハーン・イシュトヴァーンがバイオリンを体験レッスン!

5285views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

13063views

ジャズとロックの関係性

音楽ライターの眼

ジャズにビートルズを引き寄せた名プロデューサーと名ギタリストの出逢い

1375views

弦楽器の調整や修理をする職人インタビュー(前編)

オトノ仕事人

弦楽器の“健康診断”から“治療”、健康アドバイスまで/弦楽器の調整や修理をする職人(前編)

10411views

われら音遊人:「非日常」の充実感が 活動の原動力!

われら音遊人

われら音遊人:「非日常」の充実感が活動の原動力!

4295views

エレクトーンに新風を吹き込んだ「ステージア」

楽器探訪 Anothertake

エレクトーンに新風を吹き込んだ「ステージア」

13793views

弦楽四重奏を聴くことが人生の糧となるように/第一生命ホール

ホール自慢を聞きましょう

弦楽四重奏を聴くことが人生の糧となるように/第一生命ホール

2908views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は、いつ買うのが正解なのだろうか?

3978views

楽器のあれこれQ&A

きっとためになる!サクソフォンの基礎力と表現力をアップする練習のコツ

3103views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

2360views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

15866views