Web音遊人(みゅーじん)

こだわりの映像と“青春アゲイン”のシューマン、デビュー30年を迎えてますます活動的に/仲道郁代インタビュー

こだわりの映像と“青春アゲイン”のシューマン、デビュー30年を迎えてますます活動的に/仲道郁代インタビュー

デビュー30年のアニバーサリー・シーズンを迎え、2017年も多数のコンサートをはじめとする活動が注目されている仲道郁代。記念リリースのひとつとして2017年3月には、東京のサントリーホールにおけるショパン作品のリサイタルを収録した『ショパン・ライヴ・アット・サントリーホール』(映像DVD、ブルーレイ)を発売した。実はこのリサイタル、ショパンの生誕200年である2010年に収録されていたもので、未発表の映像を蘇らせたのだ。
「私にとっては思い出深いリサイタルで、多くのコンサートを撮影していた小林悟朗さんという名プロデューサーの演出した作品でもありました。小林さんは2012年にお亡くなりになり、そのまま眠っていた映像だったのですが、機会があって見返してみましたら、素晴らしかったのです」

そこに映っていたのは単なるコンサートの記録ではなく、仲道自身がその場で感じ取っていた音楽と見事にリンクし、空気感までを収録したものだった。
「それぞれの曲に対する私の思いも汲んでくださったような映像で、すみずみまで気を配りながら音楽の本質を描き出した作品だと感服しました。私を映し出すアングルや楽器越しの客席、客席からステージにある楽器への視線、曲が終わってステージから去っていくときの見せ方など、すべてが納得できるクオリティだったのです。7年前ですから演奏は変わっていますが、それでもこの素晴らしさは多くの人と共有したいと思い、発売させていただきました」 

このリサイタルでは、現代のコンサートグランドピアノだけではなく、ショパン存命時の1840年に製造されたプレイエル社のヒストリカル・ピアノ(古楽器)も演奏。仲道は2016年9月にも、自身が所有する1842年製のプレイエルを弾いた『永遠のショパン』というアルバムをリリースしている。ヒストリカル・ピアノへの関心が世界的にも高まる中、「当時の楽器や奏法を研究した上で、生きた言葉による現代のショパンを演奏したい」という仲道の姿勢は、ますます注目されることだろう。 「これは私が希望したのですが、コンサート映像が終わった後、映画のエンド・クレジットを思わせるテロップが画面に映し出されますから、ぜひそこまでご覧ください」

こだわりの映像と“青春アゲイン”のシューマン、デビュー30年を迎えてますます活動的に/仲道郁代インタビュー

2017年8月16日には、ショパン、シューマン、そしてブラームスが若い頃に発表した作品を集め、東京オペラシティコンサートホールにおいてコンサートを行う。特にコンサートの後半、松田理奈(バイオリン)、田原綾子(ビオラ)、上村文乃(チェロ)という3人の弦楽器奏者と共演し、20代のブラームスが作曲した『ピアノ四重奏曲第1番』を演奏することに注目が集まるだろう。「若い世代の皆さんと共演して彼女たちのエネルギーを受け止めながら、それぞれの作曲家たちが若い頃に、どういった感情や精神で音楽を作っていったのか。それを探りたいと思います」

さらに2017年の秋以降は、久しぶりにシューマンの曲を演奏する機会が増える。11月5日には、東京文化会館においてオール・シューマン・プログラムによるリサイタルを行い、あわせてシューマンのアルバムもリリース。デビュー30年の記念シーズンを締めくくるのだ。
「以前はよく弾いていたのですが、ベートーヴェンのピアノ・ソナタを集中して弾く時期があり、なかなか頭がシューマンへ戻れないまま時間がたってしまったのです。ですから今回は、私にとって『シューマンふたたび、青春アゲイン!』という気持ち。でも若い頃に感じた未知の世界への不安などを思い出すのではなく、いろいろな経験をした上での青春ですから、これまでの人生がすべて反映されたものになるでしょうね」

コンサート活動のみならず、機会があれば古楽器の演奏や奏法の研究にも挑戦してみたいという。その一方で音楽を多くの人に広めるためのアウトリーチやワークショップへの関心も高い。そうしたことすべてが「音楽家・仲道郁代」というキャラクターを形成するための軸となり、ますます多彩な活動を支えていくのだろう。おそらく「30年」は通過点でしかないのだ。

■リリースインフォメーション

『永遠のショパン』(CD+DVD)
永遠のショパン - Web音遊人
発売元:ソニー・ミュージックジャパン インターナショナル
発売日:2016年9月21日
価格:3,000円(税込)
詳細はこちら

『ショパン・ライヴ・アット・サントリーホール』
ショパン・ライヴ・アット・サントリーホール
発売元:ソニー・ミュージックジャパン インターナショナル
発売日:2017年3月29日
価格: 5,000円(DVD)/6,000円(ブルーレイ)※いずれも税込
詳細はこちら

■ライブインフォメーション

「青春の輝き」~若き女神たちとともに~
日時:2017年8月16日(水)13:30開演(13:00開場 )
場所:東京オペラシティコンサートホール
料金:4,800円(税込)
曲目:ショパン:『革命のエチュード』『別れの曲』/シューマン:『トロイメライ』『交響的練習曲』/ブラームス:『ピアノ四重奏曲第1番』ほか
詳細はこちら

 

特集

Chageさん「心から湧き出てくるものを、シンプルに水のように歌いたい」 Web音遊人

今月の音遊人

今月の音遊人:Chageさん「頭ではなく、心から湧き出てくるものを、シンプルに水のように歌いたい」

5105views

音楽ライターの眼

映画「グリーンブック」で感じた“ジャズ”と“クラシック”の高い壁

1042views

マーチングドラム

楽器探訪 Anothertake

これからのマーチングドラム ~楽器の進化の可能性~

4988views

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

楽器のあれこれQ&A

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

31852views

コハーン・イシュトヴァーンさん Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ハンガリー出身のクラリネット奏者コハーン・イシュトヴァーンがバイオリンを体験レッスン!

4900views

オトノ仕事人

新たな音を生み出して音で空間を表現する/サウンド・スペース・コンポーザーの仕事

1052views

ホール自慢を聞きましょう

地域に愛される豊かな音楽体験の場として京葉エリアに誕生した室内楽ホール/浦安音楽ホール

2524views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

1985views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

6822views

われら音遊人ー021Hアンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:元クラスメイトだけで結成。あのころも今も、同じ思いを共有!

1563views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は人前で演奏してこそ、上達していくものなのだろう

3561views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

3744views

ホルンの精鋭、福川伸陽が アコースティックギターの 体験レッスンに挑戦! Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ホルンの精鋭、福川伸陽がアコースティックギターの体験レッスンに挑戦!

4861views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

12063views

沖仁フラメンコギターコンサート

音楽ライターの眼

フラメンコの魂を伝える、深く豊かなギターの調べ /沖仁フラメンコギターコンサート

1954views

コレペティトゥーアのお仕事

オトノ仕事人

歌手・演奏者と共に観客を魅了する音楽を作り上げたい/コレペティトゥーアの仕事(後編)

2488views

われら音遊人

われら音遊人:大学時代の仲間と再結成大人が楽しむカントリー・ポップ

714views

CLP-600シリーズ

楽器探訪 Anothertake

強弱も連打も思いのままに、グランドピアノに迫る弾き心地の電子ピアノ クラビノーバ「CLP-600シリーズ」

27700views

弦楽四重奏を聴くことが人生の糧となるように/第一生命ホール

ホール自慢を聞きましょう

弦楽四重奏を聴くことが人生の糧となるように/第一生命ホール

2491views

山口正介 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

この感覚を体験すると「音楽がやみつきになる」

3094views

楽器のメンテナンス

楽器のあれこれQ&A

大切に長く使うために、屋外で楽器を使うときに気をつけることは?

18144views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

2923views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

3744views