Web音遊人(みゅーじん)

ピアニストとして30年を迎えあらためて思う、曲の本質に迫るために必要なこと/小川典子インタビュー

ピアニストとして30年を迎えあらためて思う、曲の本質に迫るために必要なこと/小川典子インタビュー

イギリスのロンドンを拠点に、欧米やアジア諸国も含めた各国で演奏活動を行うピアニスト・小川典子。1987年、権威ある「リーズ国際ピアノコンクール」で第3位を獲得し、国際的なピアニストとして活動を始めてから2017年でちょうど30年。コンサートを行うのはもちろん、ギルドホール音楽院(ロンドン)や東京音楽大学で多くの生徒たちを教えている。また2018年に開催される「第10回浜松国際ピアノコンクール」では審査委員長を務めることが決定しており、その実力はもちろん人気も相まって、高い信頼を獲得しているピアニストだ。
「これまで自分の中に蓄積されてきたことを生徒たちに伝えていますが、音楽をより深く読み込む姿勢や能力が大切だということを、あらためて実感しています。曲の本質に迫るためには、自分が得た作曲家や曲についての知識も含め、すべてを音楽にして表現しなくてはなりません。自分の中にあるものを出し切るため演奏のテクニックを磨く必要もありますし、そうしたすべてのことを常に忘れないこと、それがプロとしてのあるべき姿だと思います」

こうした心得が根底にあるからこそ、多彩なレパートリーを有し、幅広く活動をする上でもブレがないのだろう。小川の評価はCDにおいても高く、日本でも多くの聴き手が注目してきたスウェーデンのレコードレーベル「BISレコード」からは、ドビュッシーのピアノ曲全集やラフマニノフのピアノ協奏曲集、武満徹といった日本人作曲家の作品など、30枚以上がリリースされている。最近では、エラール社製のヒストリカル・ピアノで弾いたエリック・サティの作品集が、高い評価を得た。
「サティの作品集も1枚目の評判が良かったので、2枚目以降も安心してリリースできますし、私が希望した菅野由弘さんの作品集なども発売することができました。いろいろな作品を録音させていただく機会があるのは、大変にありがたいことだと思っています」

ピアニストとして30年を迎えあらためて思う、曲の本質に迫るために必要なこと/小川典子インタビュー

さらにもうひとつ、小川にとって大切な活動となっている「ジェイミーのコンサート」も紹介しておこう。これは、かつて出会った自閉症児〔ジェイミー君〕と彼の家族の存在が発端となり、「気軽にコンサートへ出かけることができない家族や周囲の人たちに、音楽でひとときの安らぎを」という気遣いからスタートしたもの。
「日本では2004年に始まり、2017年で15回目を迎えました。イギリスでは『ジェイミーのコンサート』が私の代名詞になっているほど注目されていて、社会活動としての発展が期待されています」

多忙を極める小川だが、自身も楽しみにしていると語るのは、2017年7月7日に銀座のヤマハホールで行われるリサイタルだ。実は旧ヤマハホールには忘れがたい思い出があるという。
「小学1年生から、桐朋学園の『子供のための音楽教室』に通っていましたが、そこでは小学3年生以上の優秀な人だけが選ばれ、ヤマハホールで演奏をすることができたのです。ですから私にとっては憧れのステージであり、育ててもらった場所でした。幸運にも試験やコンクールなどで何度か演奏する機会に恵まれましたので、記憶が鮮明に残っています。新しいホールは以前より響きが豊かになりましたので、演奏当日が待ち遠しいですね」

ピアニストとして30年を迎えあらためて思う、曲の本質に迫るために必要なこと/小川典子インタビュー

旧ヤマハホール

リサイタルでは、思い出の曲であるモーツァルトのピアノ・ソナタ第3番とリストの『ラ・カンパネラ』を筆頭に、モーツァルトの『トルコ行進曲付き』ソナタやブラームスの『間奏曲』(作品118の2)、そして久しぶりに弾くというシューマンの『幻想曲』をプログラミング。豪快な和音から繊細な節回しまで、小川ならではの多彩なピアニズムを333席の贅沢な空間で堪能できるだろう。

■小川典子 ピアノ・リサイタル

日時:2017年7月7日(金)19:00開演(18:30開場)
場所:ヤマハホール(東京都中央区銀座7-9-14 ヤマハ銀座ビル7F)
料金:5,000円(税込)
曲目:W.A.モーツァルト/ピアノ・ソナタ 第3番 変ロ長調 K.281、W.A.モーツァルト/ピアノ・ソナタ 第11番 イ長調 「トルコ行進曲付き」 K.331、F.リスト/パガニーニ大練習曲 第3番 嬰ト短調 「ラ・カンパネッラ(鐘)」 S.141/R.3b、J.ブラームス/6つの小品 第2番 間奏曲 イ長調 Op.118、R.シューマン/幻想曲 ハ長調 Op.17

公演の詳細はこちら

 

特集

古澤巌さん

今月の音遊人

今月の音遊人:古澤巌さん「ジャンルを問わず、父が聴かせてくれた音楽が今僕の血肉になっています」

4814views

ジャズとデュオの新たな関係性を考える

音楽ライターの眼

ジャズとデュオの新たな関係性を考えるvol.13

1028views

楽器探訪 - ステージア「ELC-02」

楽器探訪 Anothertake

持ち運び可能なエレクトーン「ELC-02」、自由な発想でカジュアルに遊ぶ

18962views

金管楽器のパーツごとのお手入れ方法 - Web音遊人

楽器のあれこれQ&A

金管楽器のパーツごとのお手入れ方法

8531views

桑原あい

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若きジャズピアニスト桑原あいがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

9387views

重田克美

オトノ仕事人

スポーツやイベントの会場で、選手やお客様のためにいい音環境を作る/音響エンジニアの仕事

2761views

サラマンカホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

まるでヨーロッパの教会にいるような雰囲気に包まれるクラシック音楽専用ホール/サラマンカホール

9345views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

2239views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

6641views

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

われら音遊人

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

4835views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

贅沢な、サクソフォン初期設定講習会

2923views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

13920views

大人の楽器練習機

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:世界的ピアニスト上原彩子がチェロ1日体験レッスン

8784views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

5631views

ジャズが“距離感”を重視すべき音楽であることを考えさせたあるデュオのトラウマ

音楽ライターの眼

ジャズが“距離感”を重視すべき音楽であることを考えさせたあるデュオのトラウマ

1517views

ステージマネージャーの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

オーケストラのステージの“演奏以外のすべて”を支える/オーケストラのステージマネージャーの仕事(前編)

29110views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブルを大切に奏でる皆が歌って踊れるハードロック!

876views

マーチングドラムの必須条件とは?

楽器探訪 Anothertake

マーチングドラムの必須条件とは?

5275views

アクトシティ浜松 中ホール

ホール自慢を聞きましょう

生活の中に音楽がある町、浜松市民の音楽拠点となる音楽ホール/アクトシティ浜松 中ホール

6237views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

2127views

楽器のあれこれQ&A

モチベーションがアップ!ピアノを楽しく効率的に練習するコツ

7588views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

1557views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

3568views