Web音遊人(みゅーじん)

バイカウント

天上の響きを自宅で楽しめるとしたら!?進化するオルガンの魅力を掘り起こす/大木麻理インタビュー

荘厳な響きと圧倒的な表現力で世界中の人々を魅了するパイプオルガン。多数のパイプを要するとても大きな楽器のため、教会やコンサートホールなどで目にすることが多い。一方で、近年では個人でオルガンを楽しむ人が増えているという。それはいったいどういうことだろう。

まずはこちらの演奏動画で、話題のオルガンの音色を味わってほしい。


バイカウント社『Chorum 90』。ブクステフーデのコラール「甘き喜びのうちに」を北ドイツスタイルの音色で演奏

 

深い余韻が石造りの大聖堂や古い教会を思い起こさせ、風格ある美しい響きが魅力的だ。しかし、「パイプはどこにあるの?」「野外で演奏?」と不思議に思った方も多いはず。実はこの楽器、風が生み出す自然で豊かなパイプオルガンの響きを最新テクノロジーで再現した電子楽器、イタリア・バイカウント社のオルガンなのだ。

心の奥底まで染み入る圧倒的な響きは、パイプオルガンの構造やパイプを抜ける音の共鳴、倍音などのデータを1音1音、解析することによって生み出されたもの。鍵盤にも、空気圧で音を出すしっかりしたタッチがリアルに再現されている。東京都中央区にあるショールームを訪ね、動画の演奏者でオルガニストの大木麻理さんにお話をうかがった。

大木麻里さん

オルガニスト 大木麻理さん

「アンサンブルから室内楽、シンフォニーのような大曲まで一人で演奏できること、指揮者のように作品を深く研究し演奏することがオルガニストの醍醐味」と語る大木さん。そんなオルガニストにとってバイカウント社のオルガンは「作曲家が想像したであろう音色を再現しやすい楽器」だという。教会やホールなどの建造物と一体となって設置されるパイプオルガンは、まさに1台ごとの特注品。それだけに、楽器それぞれの個性も豊かで、音色を決めるストップ(ボタン)を作曲家の指定通りに設定したとしても、必ずしも一定の音色が作れるとは限らないのだという。
「ですから、オルガン奏者は常に作曲家の求めた音を研究し、どの音色をどう組み合わせたら理想の音色が作れるかを工夫しています。また、パイプオルガンは造られた時代や国によって様式や音色が異なります。そうした背景も考えた上で、作品にふさわしい音色を決め、演奏前の準備(レジストレーション)をします。その点バイカウント社のオルガンは、時代や様式の異なるオルガンの音色を理想的に作り出すことができ、しかもそれをボタンひとつで切り替えることができます。時代や国を超えた自由なプログラムを組むなど、生の楽器では不可能なことを可能にしてくれる点にも、大きな魅力と可能性を感じています」

天上の響きを自宅で楽しめるとしたら!?進化するオルガンの魅力を掘り起こす

4つの時代様式をボタンひとつで切り替えることができる。左より、バロックスタイル、北ドイツバロックスタイル、ロマンティックスタイル、シンフォニックスタイル。

もうひとつの特徴は、どこにでも設置できるということ。そのため最近では、教会や結婚式場をはじめ、プロ奏者やオルガンを学ぶ学生の練習用として、またピアノ指導者のレッスン室にも置かれるようになってきたという。オルガンが習える大人のための教室が増えたことも、オルガンを楽しむアマチュア演奏家の輪を広げているようだ。
大木さんもご自身が教えるレッスンで、近年のオルガン熱の高まりを実感しているという。
「一般の愛好家の中にはとてもオルガンに詳しいかたもおられ、こちらが驚かされるほどです。また、コンサートなどでオルガンの音色を聴き、いつか弾いてみたいと憧れていたという方が習い始める例もありますね。そうした方たちにとってこのオルガンは、気軽に演奏が楽しめる最適な楽器だと思います」

歴史を感じさせる風格と優美で豊かな音色を聴かせるバイカウント社のオルガン。伝統の重みと最新技術の融合によって誕生したこの楽器が、“オルガンの世界”をぐっと身近な存在にしてくれたといえるだろう。
実際に楽器に触れてみたくなったら、試奏もできるオルガンショールーム、もしくは展示のある楽器店へ!

天上の響きを自宅で楽しめるとしたら!?進化するオルガンの魅力を掘り起こす

(写真左)朗々と低音を奏でる足鍵盤の音色も魅力のひとつ。ベース音だけでなくメロディも演奏するところがオルガンならでは。(写真右)ストップ(音色や音の高さを変える)操作にサポートが付くことも。

天上の響きを自宅で楽しめるとしたら!?進化するオルガンの魅力を掘り起こす

風によって生み出される自然な響きを身近に楽しめる。写真は2017年9月発売の「Chorum S40」

■バイカウント クラシックオルガン

クラシックオルガンは、パイプオルガンの音色を電子で再現する楽器です。バイカウント社(イタリア)は、50年以上の実績があるクラシックオルガンの代表的なメーカーで、欧米、アジア、アフリカなど世界各国で高い評価を得ています。
製品の詳細はこちら

■オルガンショールーム

バイカウント社のオルガンを展示、試奏も可能(要予約)
詳細はこちら

■楽器解体全書

パイプオルガンのしくみや弾き方、マメ知識を紹介
詳細はこちら

特集

今月の音遊人 小沼ようすけ

今月の音遊人

今月の音遊人:小沼ようすけさん「本気で挑まなければ音楽の快感と至福は得られない」

14471views

ジャズとデュオの新たな関係性を考える

音楽ライターの眼

ジャズとデュオの新たな関係性を考えるvol.11

1977views

豊かで自然な音と響きを再現するサイレントバイオリン「YSV104」

楽器探訪 Anothertake

アコースティックの豊かで自然な音色に極限まで迫る、サイレントバイオリン™「YSV104」

6407views

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!トランペットをうまく鳴らすコツと練習方法

17455views

大人の楽器練習機

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:世界的ピアニスト上原彩子がチェロ1日体験レッスン

10180views

オトノ仕事人

コンサートの音の責任者/サウンドデザイナーの仕事

5778views

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、新時代へ発信する刺激的なコンテンツを/東京芸術劇場 コンサートホール

ホール自慢を聞きましょう

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、刺激的なコンテンツを発信/東京芸術劇場 コンサートホール

7256views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

2825views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

13413views

われら音遊人ー021Hアンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:元クラスメイトだけで結成。あのころも今も、同じ思いを共有!

2173views

山口正介 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

この感覚を体験すると「音楽がやみつきになる」

4053views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

17567views

大人の楽器練習機

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:世界的ピアニスト上原彩子がチェロ1日体験レッスン

10180views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

16263views

斎藤雅広「ナゼルの夜会」

音楽ライターの眼

デビュー40周年を迎えた斎藤雅広が世に送り出す、舞踊の空気ただようアルバム

2860views

オトノ仕事人

プラスマイナス0.05ヘルツまで調整する熟練の技/音叉を作る仕事

10238views

われら音遊人

われら音遊人:みんなの灯をひとつに集め、大きく照らす

2097views

ピアニカ

楽器探訪 Anothertake

ピアニカで音楽好きの子どもを育てる

5383views

紀尾井ホール

ホール自慢を聞きましょう

専属の室内オーケストラをもつ日本屈指の音楽ホール/紀尾井ホール

7338views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォン教室の新しいクラスメイト、勝手に募集中!

2624views

楽器のメンテナンス

楽器のあれこれQ&A

大切に長く使うために、屋外で楽器を使うときに気をつけることは?

24006views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

4999views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

14812views