Web音遊人(みゅーじん)

ジャズとデュオの新たな関係性を考える

ジャズとデュオの新たな関係性を考えるvol.3

新たな関係性を考えるために、まず各論から入ってみたい。

前稿で、ボクがデュオを気にするようになったのは「2016年にリリースされたアルバムをまとめているときだった」と書いた。

しかし正確には、その予兆が2015年から現われていたことに、今回の稿を起こすにあたり資料を見返し&聴き返して気づいたので改めたい。

今回からしばらく、そんなボクの目に留まったエポックなデュオ・アルバムの寸評を行なうことで、ここ数年のジャズにおけるデュオの現状を読者と共有したい。

ナッシン・バット・ザ・ベース
『ナッシン・バット・ザ・ベース』櫻井哲夫

日本を代表するフュージョン・ユニット“CASIOPEA”のオリジナル・メンバーとして活躍し、1989年の脱退後は自身のソロ・プロジェクトのみならずJポップ・シーンとの交流も盛んとなり、文字どおりポピュラー・ミュージック・シーンの“ベース=土台”を担ってきたのが櫻井哲夫だ。

彼が2015年5月にリリースしたソロ名義のこのアルバムは、“櫻井哲夫が弾くベース”にフォーカスしたユニークな企画という第一印象を抱いた記憶がある。

基本的に櫻井のベース1本という“縛り”を設け、曲ごとにゲストがちりばめられるという趣向。

なので当時は、“櫻井ヴァーサス”という構図のインパクトが強く、“ジャズ的なデュオ”というイメージをあえて重ね合わせることはなかった。

そうした趣向を設えたのが亀田誠治だったことも影響していたに違いない。亀田は、平井堅やスピッツ、いきものがかり、JUJUといったアーティストたちのプロデュースでも知られる、Jポップの最前線で活躍する“仕掛け人”にしてベーシストである。

ボクが亀田誠治の存在を意識したのは、椎名林檎の「本能」を聴いたときだったから、そのシングルCDがリリースされた1999年10月あたりのことだ。

歪ませたベースとヴォーカルのユニゾンによるサビから始まるメッセージ性の強いこの曲をいま聴き直すと、ファースト・アルバム『無罪モラトリアム』(1999年2月リリース)の成功を受けて、プロデュース役という“影の存在”であることをやめ、自信をもって二人三脚で進もうとしていることを表明しているかのような印象を受ける。

実はこの時期に亀田誠治に関心を抱いた理由は、椎名林檎が打ち出した“新宿系”と呼ばれる新たなスタイルが、彼なくしては成しえなかったこと以外にもあった。

彼の軌跡は、ある人物に重ねて注目していた。

その人の名は、後藤次利。

サディスティック・ミカ・バンド~サディスティックスで1970年代の伝説のベーシストのひとりに名を連ねた彼は、80年代になるとJポップのヒット・チューンの作・編曲を手がけて存在感を増す。

おニャン子クラブなど数々のプロジェクトを成功に導いた功績を背景に、80年代後半はプロデューサーとしてレーベルを任され、名実ともにJポップの一時代を築く存在となった。

後藤次利を亀田誠治に重ね合わせた2000年代初頭の話を、デュオに戻そう。

2003年、後藤はドラマーの山木秀夫とともにユニット“gym(ジム)”を結成して、ライヴ・シーンへの復帰を本格化させた。

このgymというユニット、ベースとドラムだけのデュオだったのだ。

櫻井哲夫の実質デュオ・アルバムをプロデュースした亀田誠治について記憶をさかのぼっていたら、彼が表舞台に出るようになった時期に、ベーシスト&プロデューサーの先輩格である後藤次利がデュオのユニットを組んでいたという偶然に遭遇してしまったので、つい脱線を承知で書き進めてしまった。

ベーシスト&プロデューサーの亀田誠治については、DREAMS COME TRUE(1988年結成)の中村正人との比較論を先行すべきかもしれないが、今回のデュオ論ではそちらには進まないつもりなのであしからず。

余談だけれど、1990年代に流行した3ピース・ユニットの先駆けと言われるドリカムが実質2人体制になったのが2002年。

脱線ついでに、ヴォーカルのShihoとギターの横田明紀男という不世出のコンビネーションで斯界に大きな衝撃を与えたデュオ・ユニット“Fried Pride(フライド・プライド)”のデビューが2001年。

と、ついつい後藤さんやFried Prideのおふたりを取材したときのことを思い出して、書かずにいられなくなってしまったが、2000年代初頭の動きはひとまず置いて、2015年に話を戻そう。

『ナッシング・バット・ザ・ベース』をまとめるまえに、ちょうど同じ時期にリリースされた1枚のアルバムが、対照的なコンセプション(=“ジャズ的なデュオ”というイメージ)で構成されていたので取り上げておきたい。

ある意味で反ジャズの『ナッシング・バット・ザ・ベース』に対して、ジャズ的な伝説をタップリと含んでいるように感じたそのアルバムを俎上に載せれば、デュオの変質が浮き上がるのではないかと考えたのだけれど、ちょっと長くなったので続きは次回。

<続>

ジャズとデュオの新たな関係性を考える<全編>

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

 

特集

辻󠄀井伸行

今月の音遊人

今月の音遊人:辻󠄀井伸行さん「ピアノは身体の一部、大切な友だちのようなものです」

1000views

音楽ライターの眼

世界初演、サクソフォン最前線/須川展也&田中靖人 サクソフォンデュオ・コンサート~ピアニスト、小柳美奈子と共に~

1889views

変えるべきもの、変えざるべきものを見極める

楽器探訪 Anothertake

変えるべきもの、変えざるべきものを見極める

13224views

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

楽器のあれこれQ&A

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

34681views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ギタリスト木村大とピアニスト榊原大がトランペットに挑戦!

5808views

弦楽器の調整や修理をする職人インタビュー(前編)

オトノ仕事人

見えないところこそ気を付けて心を配る/弦楽器の調整や修理をする職人(後編)

7310views

ホール自慢を聞きましょう

歴史ある“不死鳥の街”から新時代の芸術文化を発信/フェニーチェ堺

5905views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

4608views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

8181views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:仕事もバンドも、常に真剣勝負!

8400views

サクソフォン、そろそろ「テイク・ファイブ」に挑戦しようか、なんて思ってはいるのですが

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォンをはじめて10年、目標の「テイク・ファイブ」は近いか、遠いのか……。

6413views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

7811views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ギタリスト木村大とピアニスト榊原大がトランペットに挑戦!

5808views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

12150views

音楽ライターの眼

ジャズにビートルズをもたらしたのは斯界を代表する歌姫たちだった

3463views

出演アーティストの発掘からライブ制作までを一手に担う/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事 (前編)

オトノ仕事人

出演アーティストの発掘からライブ制作までを一手に担う/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事 (前編)

13845views

われら音遊人:1年がかりでビッグバンドを結成、河内からラテンの楽しさを発信!

われら音遊人

われら音遊人:1年がかりでビッグバンドを結成、河内からラテンの楽しさを発信!

8951views

STAGEA(ステージア)ELB-02 - Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

見ているだけでわくわくする!弾きたい気持ちにさせるエレクトーン

6302views

サラマンカホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

まるでヨーロッパの教会にいるような雰囲気に包まれるクラシック音楽専用ホール/サラマンカホール

16699views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は、いつ買うのが正解なのだろうか?

6971views

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンの取り扱いについて

楽器のあれこれQ&A

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンを安心して運ぶには?

89953views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

10592views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

25965views