Web音遊人(みゅーじん)

今月の音遊人:挾間美帆さん「私は音で遊ぶ人のために作品を作っているのかもしれません」

2012年、『ジャーニー・トゥ・ジャーニー』をリリースして“ジャズ作曲家”として世界デビューを果たした挾間美帆さん。2016年には米ダウンビート誌の「未来を担う25人のジャズアーティスト」にアジア人でただ一人選出され、2019年にはニューズウィーク日本版「世界が尊敬する日本人100」にも選ばれました。さらに3作目のアルバム『ダンサー・イン・ノーホエア』は、グラミー賞「ラージ・ジャズ・アンサンブル・アルバム」部門ノミネートを果たしています。世界的なアーティストとして力強く歩み続ける一方、風のように軽やかな存在感を放つ挾間さん。彼女にとっての音楽についてお聞きしました。

Q1.これまでの人生の中で一番多く聴いた曲は何ですか?

これだ、というものを二つ挙げさせていただきます。まずは、アース・ウィンド・アンド・ファイアーの『レッツ・グルーヴ』という曲です。10歳のころ、ヤマハ音楽教室の発表会の一環でこの曲を知り、夢中になりました。
もともと父がビートルズ、母がディスコやソウルミュージックが好きで、いろいろなジャンルの音楽が家の中に流れていたのですが、この曲を一度聴いたら忘れられなくなってしまいました。おこづかいを握りしめてCD屋へ行き、アース・ウィンド・アンド・ファイアーのベストアルバムを買ったのですが、これが人生で初めて買ったCDでした。何度も何度も、CDが擦り切れるほど聴いていますよ。気分を上げたいときやホームパーティのBGMなどにもしていますね。あとは車などでの移動中。とにかく海外は移動時間が長いので。
もう一つはレスピーギの『ローマの松』です。これは自分にとってのバイブルのようなものですね。いまでも数か月に一回は聴かないと気が済まないです。初めて聴いたのは10歳のころ。ヤマハのエレクトーンのコンクールで『ローマの祭り』を弾いたことがきっかけで『ローマの松』も聴くようになって魅了されたのですが、大きくなってからスコアをじっくりと眺めたら、その内容のすごさに圧倒されてしまって。レスピーギは私がオーケストラ作品を書くうえで、ものすごく影響を受けています。とても音数が多いのですが、一つでも欠けると何かが違ってしまう。それぞれの音が役割を果たしているのです。私もそういう作品を書くように心がけています。

Q2.挾間さんにとって「音」や「音楽」とは?

なければ私でなくなってしまうものだと思っています。そもそも私は常に耳でいろいろな情報を得て生活しているところがあるのです。歩いている時に、どこから車が来ているかとか、あそこに子どもがいるな、など、そういうこともすべて音で把握しているくらい。見ることよりも聞くことのほうが私にとって情報量が多いのです。それと関係しているかはわかりませんが……、実は、アコースティックのピアノでないと作曲ができないのです。聞こえてくる倍音から、たくさん情報をもらっているからだと思います。それをもとに、次にどんな響きや展開が訪れるかを掴もうとしているのです。音楽を生業にしていることもあるけれど、やはり私にとって音や音楽は生きていく上での支えであり、なくてはならないものです。

Q3.「音で遊ぶ人」と聞いてどんな人を想像しますか?

これまで、たくさん「音で遊ぶ人」に出会ってきたと思います。演奏する際の即興性などを含め、音で会話できる人でしょうか。そういった点で憧れているのがハービー・ハンコックです。音色もさることながら、耳や目が違うところについているんじゃないかと思うくらい、あらゆることをキャッチする能力がすごいのです。相手の演奏に反応して出てくる音やフレーズ、和音の作り方……神がかっていますよね。ああやって演奏できたら楽しいだろうなと思います。私のことを「音で遊ぶ人」とおっしゃってくださる方もいるのですが、私は自分を「音を操る人」だと思っています。私は音で遊ぶ人のために作品を作っているのかもしれません。作品は、演奏者が楽しんでくれることでその魅力がお客様に伝わりますから。それができるよう、これからも作品を届けたいですね。

挾間美帆〔はざま・みほ〕
国立音楽大学およびマンハッタン音楽院大学院卒業。これまでに山下洋輔、東京フィルハーモニー交響楽団、ヤマハ吹奏楽団、NHKドラマ「ランチのアッコちゃん」などに作曲作品を提供。また、坂本龍一、鷺巣詩郎、NHK交響楽団、テレビ朝日「題名のない音楽会」などへ多岐にわたり編曲作品を提供する。New York Jazzharmonic (アメリカ)、Metropole Orkest (オランダ)、Danish Radio Big Band (デンマーク)、WDR Big Band(ドイツ)等からの招聘を受け、作編曲家としてだけでなくディレクターとしても国内外を問わず幅広く活動している。 2017年シエナ・ウインド・オーケストラのコンポーザー・イン・レジデンスに、2018〜19年オーケストラ・アンサンブル金沢のコンポーザー・オブ・ザ・イヤー、さらに2019年シーズンからデンマークラジオ・ビッグバンドの首席指揮者に就任。 オフィシャルサイト
オフィシャルサイトはこちら

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:下野竜也さん「自分を楽しく表現できれば、誰でも『音で遊ぶ人』になれると思います」

2549views

音楽ライターの眼

連載2[多様性とジャズ]マスク着用率が高い日本で“音楽と個人主義”が語れるのかを考えてみた

1933views

“音を使って音楽を作る”音楽の冒険を「ELC-02」で

楽器探訪 Anothertake

音楽を楽しむ気持ちに届ける「ELC-02」のデザインと機能

8374views

楽器のあれこれQ&A

ドの音が出ない!?リコーダーを上手に吹くためのアドバイスとお手入れ方法

176859views

桑原あい

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若きジャズピアニスト桑原あいがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

15108views

トーマス・ルービッツ

オトノ仕事人

アーティストに寄り添い、ともに楽器の開発やカスタマイズを行うスペシャリスト/金管楽器マイスターの仕事

1212views

アクトシティ浜松 中ホール

ホール自慢を聞きましょう

生活の中に音楽がある町、浜松市民の音楽拠点となる音楽ホール/アクトシティ浜松 中ホール

14060views

こどもと楽しむMusicナビ

1DAYフェスであなたもオルガン博士に/サントリーホールでオルガンZANMAI!

2923views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

9867views

みどりの森保育園ママさんブラス

われら音遊人

われら音遊人:子育て中のママさんたちの 音楽活動を応援!

6650views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

5353views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9714views

大人の楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

11225views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

11067views

音楽ライターの眼

ピンク・フロイド関連映像作品3タイトルがリリース。ステイ・ホームなんて怖くない

2582views

誰でも自由に叩けて、皆と一緒に楽しめるのがドラムサークルの良さ/ドラムサークルファシリテーターの仕事(後編)

オトノ仕事人

リズムに乗せ人々を笑顔に導く/ドラムサークルファシリテーターの仕事(後編)

6703views

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

われら音遊人

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

6912views

楽器探訪 Anothertake

【モニター募集】37鍵ピアニカに30年ぶりの新モデルが登場!メロウな音色×おしゃれなデザインの「大人のピアニカ」

25449views

グランツたけた

ホール自慢を聞きましょう

美しい歌声の響くホールで、瀧廉太郎愛にあふれる街が新しい時代を創造/グランツたけた(竹田市総合文化ホール)

6907views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

あれから40年、おかげさまで「音」をはずさなくなりました

4465views

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

楽器のあれこれQ&A

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

37955views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

6708views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

29240views