Web音遊人(みゅーじん)

舘野泉さん

ピアノを弾いていることが、なにより楽しい/「左手のピアニスト」舘野泉インタビュー

左手だけのピアノと聞いて、多くのクラシック音楽ファンはモーリス・ラヴェルの名作ピアノ協奏曲を思い出すであろうし、その曲を献呈されたパウル・ウィトゲンシュタインという、戦争で右腕を失ったピアニストのことも広く知られてきた。しかし21世紀となった今、左手のピアノといえば多くの人が舘野泉の名前を思い浮かべることだろう。

2002年にステージ上で倒れた舘野が、右手の麻痺によって「左手のピアニスト」となり、復活を果たしたのが2004年のこと。途方に暮れていた中で左手のみで演奏する曲を知り、さらに自ら新曲を依頼するなどして希望をふくらませた。 「最初に書いてくださったのは間宮芳生さんでしたが、とても難しいとおっしゃっていました。やはり左手のみだから制約があるのかと思っていましたが、いまでは多くの作曲家たちが『既存のルールに縛られることなく自由に作曲できるし、両手のための曲はもう書き尽くされているので新しい挑戦ができる』と言ってくれます」

まったく知らない作曲家から突然、「書いてみたので弾いてくれないか」と楽譜が送られてくることも多いらしく、委嘱作も含めて100曲近くの新曲が舘野のもとに集まった。 「池辺晋一郎さんや吉松隆さん、アコーディオン奏者のcobaさんほか、本当にたくさんの方へ新曲をお願いしましたが、ピアノ・ソロの曲だけではなくコンチェルトや室内楽曲まで、バラエティも豊かになりました。一般の方から支援をいただいて委嘱をする『左手の文庫』という基金も大切な存在であり、むこう2年間であと10曲は新作が生まれるでしょう。楽譜もいろいろな曲が出版されていますので、アマチュアのピアニストにも弾いていただけます。いまは演奏することが楽しくて仕方がありません」

舘野泉さん

著書『絶望している暇はない 「左手のピアニスト」の超前向き思考』(小学館・新書)には、「右手を奪われたんじゃない。左手の音楽を与えられたのです」という舘野自身の言葉が記されている。それこそが積極的な活動の原点にして理由であり、現在の偽らざる純粋な気持ちなのだろう。 「ピアノを弾くことが生きがいといいますか、生活そのものですね。必要以上に使命感ももちませんし、無理をせずに演奏活動を楽しんでいるのです。生徒をもつことも40年ほどしていませんし、コンクールの審査員などもしたくありません。自分でピアノを弾いていることが、なにより楽しいのですよ。そういえば高校2年生のとき、それまではアップライトピアノを弾いていましたけれど、ヤマハの小さなグランドピアノを買ってもらったのです。もううれしくてねえ。学校に行っても昼休みには電車で自宅へ戻ってきて、ピアノを弾いていたくらい。『楽しまないと、なんの人生か!』と思いますよ」

多くの曲を初演するだけでなく、繰り返し演奏するケースも増えてきた。それゆえ、コンサートの数も多くなるのだという。ときには息子さんでバイオリニストのヤンネ舘野と、小さなライブハウスでタンゴなどを弾くこともあるとか。 「吉松隆さんの『タピオラ幻景』は、もう200回くらい弾きました。cobaさんの『記憶樹』もかなり多いですね。光永浩一郎さんの『サムライ』という作品も名曲ですし、『オルフェウスの涙』という曲も素敵です。彼のことはまったく知りませんでしたが、楽譜を送ってくれて演奏するようになりました。世界にはきっと彼のような、未知の素晴らしい作曲家がたくさんいらっしゃるに違いありません」

図らずも(と言っていいだろうか)、新しいジャンルの開拓者となってしまった舘野泉。「左手ピアノ」の世界は、まだまだ広がりをみせるはずだ。

■舘野 泉 ピアノ・リサイタル 〜ユヴァル・ゴトリボヴィチを迎えて〜

ビオラ奏者であり作曲家でもあるユヴァル・ゴトリボヴィチをゲストに迎え、彼自身のビオラ・ソナタや、アイスランドの作曲家マグヌッソンの左手ピアノ曲、谷川賢作の新作初演ほか、意欲的なプログラムでリサイタルを行う。

日時:2018年5月24日(木)19:00開演(18:30開場)
場所:ヤマハホール(東京都中央区銀座7-9-14 ヤマハ銀座ビル7F)
料金:6,000円(税込)
曲目:池辺晋一郎/1枚の紙と5本のペン~左手ピアノのために、Y.ゴトリボヴィチ/ビオラと左手のピアノのためのソナタ、谷川賢作/スケッチ・オブ・ジャズ3(ビオラと左手ピアノのために)※委嘱初演 ほか
公演の詳細はこちら

 

特集

Web音遊人_上原ひろみ

今月の音遊人

今月の音遊人:上原ひろみさん「初めてスイングを聴いたときは、音と一緒に心も躍るような感覚でした」

20792views

音楽ライターの眼

連載35[ジャズ事始め]佐藤允彦に音楽の方向を決めさせた1966年の“現代音楽祭”

1052views

CLP-600シリーズ

楽器探訪 Anothertake

強弱も連打も思いのままに、グランドピアノに迫る弾き心地の電子ピアノ クラビノーバ「CLP-600シリーズ」

41344views

金管楽器のパーツごとのお手入れ方法 - Web音遊人

楽器のあれこれQ&A

金管楽器のパーツごとのお手入れ方法

13020views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目のピアノデュオ鍵盤男子の二人がチェロに挑戦!

6556views

オトノ仕事人

ピアノを通じて人と人とがつながる場所をコーディネートする/LovePianoプロジェクト運営の仕事

15284views

サントリーホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

クラシック音楽の殿堂として憧れのホールであり続ける/サントリーホール 大ホール

18911views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

3982views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

18576views

練馬だいこんず

われら音遊人

われら音遊人:好きな音楽を通じて人のためになることをしたい

4857views

山口正介 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

この感覚を体験すると「音楽がやみつきになる」

7115views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

25934views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】注目の若手ピアニスト小林愛実がチェロのレッスンに挑戦!

7860views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

19158views

萩原麻未&ヴォーチェ弦楽四重奏団

音楽ライターの眼

不可思議な靄(もや)のなかを導かれるような時間/萩原麻未&ヴォーチェ弦楽四重奏団スペシャル・コンサート

3498views

オトノ仕事人

子ども向けコンサートを企画し、音楽が好きな子どもを増やす/コンサートプロデューサーの仕事

5114views

スイング・ビーズ・ジャズ・オーケストラのメンバー

われら音遊人

われら音遊人:震災の年に結成したビッグバンド、ボランティア演奏もおまかせあれ!

4350views

Venova(ヴェノーヴァ)

楽器探訪 Anothertake

やさしい指使いと豊かな音色を両立させた、「分岐管」と「蛇行管」

1views

札幌コンサートホールKitara - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

あたたかみのあるデザインと音響を両立した、北海道を代表する音楽の殿堂/札幌コンサートホールKitara 大ホール

15379views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

いまやサクソフォンは趣味となったが、最初は映画音楽だった

5456views

金管楽器のパーツごとのお手入れ方法 - Web音遊人

楽器のあれこれQ&A

金管楽器のパーツごとのお手入れ方法

13020views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

8658views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

7786views