Web音遊人(みゅーじん)

中川英二郎

前代未聞!4本のトロンボーンが奏でる究極のアンサンブル<ツアー&アルバム>/中川英二郎インタビュー

世界的トロンボーン奏者として活躍する中川英二郎。音楽シーンの最前線を走り、現在、日本の映画やTV、CMなどで聴こえるトロンボーンの音の7割以上は、彼のものであるともいわれている。
そんな圧倒的な存在感を放つ中川が、前代未聞のトロンボーンカルテット「SLIDE MONSTERS(スライド・モンスターズ)」を結成し、2018年5月に日本ツアーを行う。

メンバーは中川、そしてニューヨーク・フィルハーモニックの首席でトロンボーン界の神と讃えられるジョセフ・アレッシ。さらにニューヨークのジャズシーンで活躍するマーシャル・ギルクス、オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団のバストロンボーン奏者ブランド・アテマを加えた4人。現代の各ジャンルを代表するトロンボーン界の“モンスターたち”が結集する、奇跡とでも呼ぶべきユニットだ。しかも、そのツアーが日本で実現する。
トロンボーンを愛する人はもちろん、それ以外の人々もツアーに足を運んでくれれば「きっとこの楽器のファンになってくれるはず!」と中川は自信をのぞかせる。

トロンボーン四重奏をやりたい──。それは長年、中川が温めてきた思いだった。トロンボーン4本だけというシンプルかつ究極のアンサンブルの形だ。
「オーケストラなどで耳にしているにもかかわらず、トロンボーンの音をちゃんと聴いたことがないという方がほとんどなんですよね。オーケストラでもビッグバンドでもトロンボーンはサポート役。日の当たらないパートですから(笑)。ふだんサポート役である楽器をそこまでクローズアップするには、パートナーが必要です。そのオファーを僕のアイドルであるジョー(アレッシ)が快諾してくれた。トロンボーンを吹く人ならもちろん知っていると思いますが、ジョーはおそらく地球上で一番有名なトロンボーン奏者です」

そして、そのアレッシが「今、もっとも一緒に演奏したいトロンボーン奏者」として強力に推したのがマーシャル・ギルクスとブランド・アテマだった。
「テナートロンボーンは、男性の声域(テナー)とほぼ同じ音域で演奏します。トロンボーン四重奏は歌詞のないアカペラだと思っていただけるといいかもしれませんね。4人いると相当複雑なハーモニーもできるし、非常に自由な演奏ができる。ツアーではフルパワー、フルサウンドでダイナミックなものから繊細な音色までお聴かせできると思います」
ツアーのテーマは「BEYOND INSPIRED BY NEW YORK」。これまでも多彩なスタイルで自身の音楽を表現し、常に「BEYOND(その先)」を拓いてきた中川だが、今回はジャンルも国籍も違うこのメンバー4人にしかできないアンサンブルで、聴く者を「その先」の世界へと誘う。
「コンサートで一番大切に考えているのはジャズとクラシックを自由に行き来する音楽で、半分以上はオリジナル曲を演奏します。クラシックの場合、作曲家兼プレーヤーというケースは非常に稀ですが、今回は僕とマーシャルが作曲もするので、これまでのトロンボーンアンサンブルやブラスアンサンブルではできなかったことを表現できると思います」
また、メンバーを引き合わせた、ニューヨークからインスピレーションを得た曲も用意されている。

中川英二郎

5月のツアーに先立ち、4月20日にアルバム『SLIDE MONSTERS』がリリースされた(2018年1月ニューヨークで初レコーディング)。
「純粋に4人だけの演奏にしたかったので、リズム隊は入れたくなかったんです。だから、曲を聴いたときに頭のなかでリズムが鳴るような音楽を目指しました。仕上がりは相当いいと思いますよ。自分でもとても満足しています」
オリジナルとカバーの全9曲で、中川のセルフカバー『Trisense』ほかオリジナル曲、マーシャル・ギルクス書き下ろしの『Coalescence』など中川の言葉通り「ジャズとクラシックを行き来する」曲が満載だ。
「ぜひCDを聴いていただきたいです。そして、それ以上にツアーで生の音に触れてもらいたいですね。そうしなければ、CDのなかの演奏の本質が伝わりにくいと思うんです。ツアーでは、このアルバムの曲をメインに、プラスαを考えています。だまされたと思って会場に来てください。必ず満足してもらえると僕は信じています」

人が喜んでくれる、何かを感じてくれることが活動の原動力だという中川は、そう力を込めた。トロンボーンの概念を覆す演奏を、みなさんも味わってみてはいかがだろう。

■ SLIDE MONSTERSツアー
「BEYOND INSPIRED BY NEW YORK」

日程:2018年5月4日(金)~13日(日)
東京、神奈川、福岡、大阪、群馬、静岡、福井で開催予定。
詳細はこちら

■ アルバムインフォメーション

『SLIDE MONSTERS』
SLIDE MONSTERS
発売元:EN RECORD
発売日:2018年4月20日
料金:3,240円(税込)
詳細はこちら

 

特集

Chageさん「心から湧き出てくるものを、シンプルに水のように歌いたい」 Web音遊人

今月の音遊人

今月の音遊人:Chageさん「頭ではなく、心から湧き出てくるものを、シンプルに水のように歌いたい」

5232views

音楽ライターの眼

「ゴルトベルク変奏曲」を弦楽器で聴く歓び

1187views

【楽器探訪 Another Take】ベルの彫刻デザインとマウスピースも一新

楽器探訪 Anothertake

ベルの彫刻デザインとマウスピースも一新

3669views

バイオリンを始める時に知っておきたいこと

楽器のあれこれQ&A

バイオリンを始める時に知っておきたいこと

4570views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:独特の世界観を表現する姉妹のピアノ連弾ボーカルユニットKitriがフルートに挑戦!

319views

コレペティトゥーアのお仕事

オトノ仕事人

歌手・演奏者と共に観客を魅了する音楽を作り上げたい/コレペティトゥーアの仕事(後編)

2713views

ホール自慢を聞きましょう

ウィーンの品格と本格派の音楽を堪能できる大阪の極上空間/いずみホール

1333views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

3719views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

10846views

われら音遊人:「非日常」の充実感が 活動の原動力!

われら音遊人

われら音遊人:「非日常」の充実感が活動の原動力!

4156views

山口正介さん

パイドパイパー・ダイアリー

「自転車を漕ぐように」。これが長時間の演奏に耐える秘訣らしい

2604views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

15043views

脱力系(?)リコーダーグループ栗コーダーカルテットがクラリネットの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】脱力系(?)リコーダーグループ栗コーダーカルテットがクラリネットの体験レッスンに挑戦!

5644views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

10846views

斎藤雅広「ナゼルの夜会」

音楽ライターの眼

デビュー40周年を迎えた斎藤雅広が世に送り出す、舞踊の空気ただようアルバム

2483views

オトノ仕事人

音楽フェスのブッキングや制作をディレクションする/イベントディレクターの仕事

5698views

われら音遊人

われら音遊人:オリジナルは30曲以上 大人に向けて奏でるフォークロックバンド

516views

“音を使って音楽を作る”音楽の冒険を「ELC-02」で

楽器探訪 Anothertake

音楽を楽しむ気持ちに届ける「ELC-02」のデザインと機能

4651views

荘銀タクト鶴岡

ホール自慢を聞きましょう

ステージと客席の一体感と、自然で明快な音が味わえるホール/荘銀タクト鶴岡(鶴岡市文化会館)

3284views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

大人の音楽レッスン、わたし、これでも10年つづけています!

3730views

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

楽器のあれこれQ&A

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

12478views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

3719views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

15043views