Web音遊人(みゅーじん)

ジャズ・ピアノ6連弾を振り返りながらジャズとクラシックの“分け目”を考えてみる

ジャズとクラシックをどのように“しっかり分けて”いたのか、“ジャズ・ピアノ6連弾”をもう少し掘り下げてみたい。

このコンサートは前回も記したように、ミューザ川崎シンフォニーホールのアドバイザーに就任していた佐山雅弘によって発案された。

3台以上のピアノを並べてピアニストたちを共演させるという企画は、特に目新しいものではなかった。ジャズ・シーンでは、ジョン・ルイスとハンク・ジョーンズにマリアン・マクパートランドを加えた“ピアノ・プレイハウス”というコンサート・シリーズが1976年に日本でスタートし、これが1990年に100 Gold Fingers(ワンハンドレッド・ゴールド・フィンガーズ)という壮大な企画へと発展している。その名のとおり、ジャズ・ピアノのジャイアントを10人揃えたものだ。

当初、ジャズ・ピアノ6連弾は100 Gold Fingersの日本版ではないかという認識が主流だったように思う。

しかし、数々の革新的なプロジェクトを立ち上げ、ジャズ・シーンに衝撃を与え続けていた佐山雅弘が、“日本版”などという“タダの焼き直し”を手がけるとは思えない。

ボクはその点に関して、本人から「アソコでやれることをやろうと思った」というニュアンスのコメントをもらったことがある。残念ながら、ボク自身の理解が及んでいなかったために、それ以上のコメントを引き出すことができなかった。

いま考えれば、アソコというのはクラシック音楽を上演するために音響が整えられたミューザ川崎シンフォニーホールであり、すなわちクラシックを意識したアプローチの内容を考えたと裏読みできるのだ。“ジャズ・ピアノ”というワードを使うことでそれを隠そうとしたところが、いかにも佐山雅弘らしいのではないだろうか。

では、クラシックを意識したアプローチとはなにかといえば、これがまた彼らしくややこしいものなのだが、クラシックがやっていなかったことをジャズ・プレイヤーならではの方法によって具現してみることで、“ジャズとクラシックの距離を炙り出す”というものだったと思うのだ。

ボクが実際にこのコンサートを観て感じたのは、ピアニストによってピアノの鳴らし方がぜんぜん違うということ。ホールの空間のどこに音を置こうとしてピアノを弾くのかが、6人のミュージシャンそれぞれの考え方をそのまま反映して異なっていたというわけ。

小原孝と山下洋輔を両極端に配置して、器用な佐山雅弘が弾き分けながら両者のピアノの“色の違い”を際立たせようとしていたことに、いまなら気づくことができるかな。そこへ国府弘子がまた別のロック的なベクトルを持ち込み、島健はラテン的なベクトルを持ち込む──という感じだろうか。

印象的だったのが、塩谷哲アレンジによるラヴェルの「ボレロ」。現代音楽で楽器の位置を作品の表現に重ねる方法論は珍しくないが、この曲では譜面に書かれた音譜が花火のようにホールのあちこちへと飛び散っているように思えて、「これはクラシック・ホールでなければできない」と唸ってしまったことを記憶している。

なにに唸ったのか、それがジャズとクラシックを“しっかり分けて”にどう関係するのかは、次回。

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

 

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:マキタスポーツさん「オトネタ作りも、音楽に関わるようになったのも、佐野元春さんに出会ったことから始まっています」

1770views

なぜジャズのハードルは下がらないのか?vol.1

音楽ライターの眼

なぜジャズのハードルは下がらないのか?vol.1

5471views

STAGEA(ステージア)ELB-02 - Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

エレクトーンで初めてオーディオファイル録音機能を装備

5450views

トロンボーン

楽器のあれこれQ&A

初心者なら知っておきたい、トロンボーンの種類や選び方のポイント

3945views

大人の楽器練習機

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:世界的ピアニスト上原彩子がチェロ1日体験レッスン

8765views

コレペティトゥーアのお仕事

オトノ仕事人

高い演奏技術と幅広い知識で歌手の表現力を引き出す/コレペティトゥーアの仕事(前編)

6245views

ホール自慢を聞きましょう

ウィーンの品格と本格派の音楽を堪能できる大阪の極上空間/いずみホール

1027views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

738views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

4064views

われら音遊人

われら音遊人:大学時代の仲間と再結成大人が楽しむカントリー・ポップ

568views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は人前で演奏してこそ、上達していくものなのだろう

3423views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

12026views

【動画公開中】沖縄民謡アーティスト上間綾乃がバイオリンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】沖縄民謡アーティスト上間綾乃がバイオリンに挑戦!

3726views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

5583views

ピョートル・アンデルシェフスキ

音楽ライターの眼

世界的ピアニストの奥深く妙なる響きに包まれて/ピョートル・アンデルシェフスキ ピアノ・リサイタル

1824views

オトノ仕事人

新たな音を生み出して音で空間を表現する/サウンド・スペース・コンポーザーの仕事

876views

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

われら音遊人

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

4806views

練習用のバイオリンとして進化する機能と、守り続けるデザイン

楽器探訪 Anothertake

進化する機能と、守り続けるデザイン

1533views

グランツたけた

ホール自慢を聞きましょう

美しい歌声の響くホールで、瀧廉太郎愛にあふれる街が新しい時代を創造/グランツたけた(竹田市総合文化ホール)

1735views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

もしもあのとき、バイオリンを習っていたら

2263views

楽器のメンテナンス

楽器のあれこれQ&A

大切に長く使うために、屋外で楽器を使うときに気をつけることは?

17711views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

1921views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

12026views