Web音遊人(みゅーじん)

ジャズ・ピアノ6連弾を振り返りながらジャズとクラシックの“分け目”を考えてみる

ジャズとクラシックをどのように“しっかり分けて”いたのか、“ジャズ・ピアノ6連弾”をもう少し掘り下げてみたい。

このコンサートは前回も記したように、ミューザ川崎シンフォニーホールのアドバイザーに就任していた佐山雅弘によって発案された。

3台以上のピアノを並べてピアニストたちを共演させるという企画は、特に目新しいものではなかった。ジャズ・シーンでは、ジョン・ルイスとハンク・ジョーンズにマリアン・マクパートランドを加えた“ピアノ・プレイハウス”というコンサート・シリーズが1976年に日本でスタートし、これが1990年に100 Gold Fingers(ワンハンドレッド・ゴールド・フィンガーズ)という壮大な企画へと発展している。その名のとおり、ジャズ・ピアノのジャイアントを10人揃えたものだ。

当初、ジャズ・ピアノ6連弾は100 Gold Fingersの日本版ではないかという認識が主流だったように思う。

しかし、数々の革新的なプロジェクトを立ち上げ、ジャズ・シーンに衝撃を与え続けていた佐山雅弘が、“日本版”などという“タダの焼き直し”を手がけるとは思えない。

ボクはその点に関して、本人から「アソコでやれることをやろうと思った」というニュアンスのコメントをもらったことがある。残念ながら、ボク自身の理解が及んでいなかったために、それ以上のコメントを引き出すことができなかった。

いま考えれば、アソコというのはクラシック音楽を上演するために音響が整えられたミューザ川崎シンフォニーホールであり、すなわちクラシックを意識したアプローチの内容を考えたと裏読みできるのだ。“ジャズ・ピアノ”というワードを使うことでそれを隠そうとしたところが、いかにも佐山雅弘らしいのではないだろうか。

では、クラシックを意識したアプローチとはなにかといえば、これがまた彼らしくややこしいものなのだが、クラシックがやっていなかったことをジャズ・プレイヤーならではの方法によって具現してみることで、“ジャズとクラシックの距離を炙り出す”というものだったと思うのだ。

ボクが実際にこのコンサートを観て感じたのは、ピアニストによってピアノの鳴らし方がぜんぜん違うということ。ホールの空間のどこに音を置こうとしてピアノを弾くのかが、6人のミュージシャンそれぞれの考え方をそのまま反映して異なっていたというわけ。

小原孝と山下洋輔を両極端に配置して、器用な佐山雅弘が弾き分けながら両者のピアノの“色の違い”を際立たせようとしていたことに、いまなら気づくことができるかな。そこへ国府弘子がまた別のロック的なベクトルを持ち込み、島健はラテン的なベクトルを持ち込む──という感じだろうか。

印象的だったのが、塩谷哲アレンジによるラヴェルの「ボレロ」。現代音楽で楽器の位置を作品の表現に重ねる方法論は珍しくないが、この曲では譜面に書かれた音譜が花火のようにホールのあちこちへと飛び散っているように思えて、「これはクラシック・ホールでなければできない」と唸ってしまったことを記憶している。

なにに唸ったのか、それがジャズとクラシックを“しっかり分けて”にどう関係するのかは、次回。

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

 

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:松居慶子さん「音楽は生きとし生けるものにとって栄養のようなもの」

698views

萩原麻未&ヴォーチェ弦楽四重奏団

音楽ライターの眼

不可思議な靄(もや)のなかを導かれるような時間/萩原麻未&ヴォーチェ弦楽四重奏団スペシャル・コンサート

606views

エレクトーンに新風を吹き込んだ「ステージア」

楽器探訪 Anothertake

エレクトーンに新風を吹き込んだ「ステージア」

12820views

フルート

楽器のあれこれQ&A

初心者にもよくわかる!フルートの種類と選び方

9095views

おとなの 楽器練習記 須藤千晴さん

おとなの楽器練習記

【動画公開中】国内外で演奏活動を展開するピアニスト須藤千晴が初めてのギターに挑戦!

1659views

オペラ劇場の音楽スタッフの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

舞台上の小さなボックスから指揮者や歌手に大きな安心を届ける/オペラ劇場の音楽スタッフの仕事(後編)

5001views

サラマンカホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

まるでヨーロッパの教会にいるような雰囲気に包まれるクラシック音楽専用ホール/サラマンカホール

8372views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

1188views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

2820views

われら音遊人:1年がかりでビッグバンドを結成、河内からラテンの楽しさを発信!

われら音遊人

われら音遊人:1年がかりでビッグバンドを結成、河内からラテンの楽しさを発信!

4213views

パイドパイパー・ダイアリー

こうしてわたしは「演奏が楽しくてしょうがない」 という心境になりました

2744views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

10851views

コハーン・イシュトヴァーンさん Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ハンガリー出身のクラリネット奏者コハーン・イシュトヴァーンがバイオリンを体験レッスン!

4222views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

5216views

いい音楽に巡り会えたら、自然に言葉があふれ出す―珠玉のエッセイ集『音のかなたへ』

音楽ライターの眼

いい音楽に巡り会えたら、自然に言葉があふれ出す―珠玉のエッセイ集『音のかなたへ』

1988views

マイク1本から吟味して求められる音に近づける/レコーディングエンジニアの仕事(前編)

オトノ仕事人

マイク1本から吟味して求められる音に近づける/レコーディングエンジニアの仕事(前編)

5122views

われら音遊人:「非日常」の充実感が 活動の原動力!

われら音遊人

われら音遊人:「非日常」の充実感が活動の原動力!

3457views

Venova(ヴェノーヴァ)

楽器探訪 Anothertake

スタイリッシュで斬新なデザイン。思わず吹いてみたくなるカジュアル管楽器「Venova(ヴェノーヴァ)」の誕生

3584views

武満徹の思い「未来への窓」をコンセプトに個性的な公演を/東京オペラシティ コンサートホール:タケミツメモリアル

ホール自慢を聞きましょう

武満徹の思い「未来への窓」をコンセプトに個性的な公演を/東京オペラシティ コンサートホール:タケミツ メモリアル

3512views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォン教室の新しいクラスメイト、勝手に募集中!

1691views

金管楽器のパーツごとのお手入れ方法 - Web音遊人

楽器のあれこれQ&A

金管楽器のパーツごとのお手入れ方法

7472views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

2057views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

10248views