Web音遊人(みゅーじん)

「ショパンを演奏したい」「ショパン通になりたい」人の必携書/『[新装版]フレデリック・ショパン全仕事』

『子犬のワルツ』『革命のエチュード』『幻想即興曲』『英雄ポロネーズ』など、数多くの名曲によって世界中の音楽ファンから愛され続けているポーランドの作曲家、フレデリック・ショパン。クラシックファンならずとも、必ずどこかで美しく印象的なメロディの一節を耳にしているはずだ。
そんなショパンにスポットが当たったのが、生誕200年を迎えた2010年。ショパンをテーマにしたコンサートや出版物が企画されるなか、ショパンの全作品を楽譜つきで解説した「フレデリック・ショパン全仕事」が出版された。そして、日本とポーランドの国交樹立100周年の節目の年にあたる2019年、新装版が刊行され、改めてショパンの魅力が掘り起こされている。

音楽学が専門の著者、小坂裕子が着目したのは、「これほどエピソードが豊富な音楽家はいない」というショパンの人生。「作品ごとに作曲にまつわるエピソードなど、その時代のショパンに注目すると、おのずとショパンの人生がたちあらわれてくるのではないか。そして作品そのものがより深く理解できるのではないか」。そう考えた著者は、作品番号順に作曲の背景や楽曲の構造をまとめていく。ショパン自身によって作品番号がつけられた作品65までの曲のほか、楽譜編集者のフォンタナによってショパンの死後に編集された遺作も含め、ピアノ曲、協奏曲はもちろん、歌曲までの「全仕事」を網羅。譜例と作品解説つきの「ショパン伝」とも言える。

たとえば『革命のエチュード』として広く知られる「12の練習曲」第12番ハ短調『革命』(練習曲作品10-12)。この曲は、「ロシアによるワルシャワ陥落を知り、苦しみと怒りをぶつけて作ったと伝えられているが、(練習曲全体が)まずは4曲、翌年に4曲というように計画的に作られており、決して唐突な創造ではないのは確か」だという。そして、本作品がリストに献呈されたことから、リストとの関係にも触れる。演奏家としても作曲家としても高い評価を得ていたショパンを、リストが嫉妬していたというエピソードからは、当時の楽壇の人間模様までもが見えてくるようだ。
また、フィギュアスケートの音楽としても脚光を浴びた『バラード第1番』は、ショパンが久しぶりに両親と会い、同郷の女性に恋をしていた時期に作曲されたという。祖国の大詩人の詩に影響されたと言われる「バラード」について、著者は「さまざまな音楽要素を取り入れるダイナミックな音楽展開による新しい音響形式を、ショパンは『バラード』と呼ぶことにしたのではないか」と綴っている。ショパンにとっての「バラード」がどのようなものであったかは、演奏するうえで知っておくべき知識と言えるだろう。

作品の全体構造とともにショパンの創造の日々をも知ることができる本書は、「ショパン通になりたい人のための手引書」(本書「はじめに」より)でもある。小坂は「彼の作品のように完璧なほどの音響美学は、創造と生涯の整合性のなかで語られてこそ、はじめて理解できるのではないだろうか」と記している。
ショパンの作品を聴くとき、どの曲を弾こうかと選曲をするとき、本書をかたわらに置いて作品とショパンの生涯を深く紐解けば、ショパンによって生み出されたメロディやハーモニー、リズムが、鮮やかな生命力をもってよりいきいきと感じ取れるに違いない。

■インフォメーション

『[新装版]フレデリック・ショパン全仕事』
著者:小坂裕子
発売元:アルテスパブリッシング
発売日:2019年10月30日
価格:2,800円(税抜)
詳細はこちら

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:石川さゆりさん「誰もが“音遊人”であってほしいですし、音楽を自由に遊べる日々や生活環境であればいいなと思います」

1506views

音楽ライターの眼

指揮界の革命児、クルレンツィスがベートーヴェン・イヤーに放つ衝撃的な「運命」

881views

楽器探訪 - ステージア「ELC-02」

楽器探訪 Anothertake

持ち運び可能なエレクトーン「ELC-02」、自由な発想でカジュアルに遊ぶ

20843views

楽器のあれこれQ&A

ドラムの初心者におすすめの練習方法や手が疲れないコツ

4675views

おとなの楽器練習記:岩崎洵奈

おとなの楽器練習記

【動画公開中】将来を嘱望される実力派ピアニスト、岩崎洵奈がアルトサクソフォンに初挑戦!

6146views

コレペティトゥーアのお仕事

オトノ仕事人

高い演奏技術と幅広い知識で歌手の表現力を引き出す/コレペティトゥーアの仕事(前編)

8535views

紀尾井ホール

ホール自慢を聞きましょう

専属の室内オーケストラをもつ日本屈指の音楽ホール/紀尾井ホール

7338views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

2825views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

7146views

AOSABA

われら音遊人

われら音遊人:大所帯で人も音も自由、そこが面白い!

7091views

山口正介 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

この感覚を体験すると「音楽がやみつきになる」

4053views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

17567views

ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

8849views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

8060views

音楽ライターの眼

連載11[ジャズ事始め]美貌の奇術師率いる天勝一座が運んできたジャズの香りとフィリピン・ルート

495views

誰でも自由に叩けて、皆と一緒に楽しめるのがドラムサークルの良さ/ドラムサークルファシリテーターの仕事(後編)

オトノ仕事人

リズムに乗せ人々を笑顔に導く/ドラムサークルファシリテーターの仕事(後編)

3575views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:人を楽しませたい!それが4人の共通の思い

3075views

楽器探訪 Anothertake

改めて考える エレクトーンってどんな楽器?

80949views

しらかわホール

ホール自慢を聞きましょう

豊潤な響きと贅沢な空間が多くの人を魅了する/三井住友海上しらかわホール

6548views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

2973views

日ごろからできるピアノのお手入れ

楽器のあれこれQ&A

日ごろからできるピアノのお手入れ

42952views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

2552views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

5023views