Web音遊人(みゅーじん)

ずっと弾いていたいと思う音色と弾き心地!新世代のサイレントベース「SLB300」

2000年に初代モデルを発売して以来、多くのプレイヤーの支持を得てきたヤマハのサイレントベース™。2020年1月に発売された「SLB300」は、サイレントベースの機能性はそのままに、音や響き、演奏性がアコースティックベースにより近づいたモデルとなっています。
「開発にあたって設定したゴールは、手に取ってみたい、そしてずっと弾いていたいと思える楽器にすることです。そのために“見た目の美しさ”“サウンド”“弾き心地”にこだわって開発を進めました」と、開発設計を担当したヤマハ株式会社B&O事業部の田村晋也さん。

まず、“見た目の美しさ”から見ていきましょう。天然の木材を使ったボディとフレームは、アンティーク調の木目塗装を施すことで、木材の質感を際立たせた外観に。サイレントベースならではのシャープさと、木材のアコースティック感が融合したデザインは、手に取ってみたいと思わせます。

“サウンド”については、ボディ内部の空洞を広げたり、スリット(切れ目)の長さを変えたりすることで、楽器本体からの生音がより豊かな響きに。また幅広の駒を採用することで、低音域がより太く、迫力のあるサウンドになっています。
また最大のポイントが、音に自然な胴共鳴を付加するデジタル技術「SRT(Studio Response Technology)パワードシステム」を搭載していること。
「高品位なマイクでスタジオ録音した音をこの楽器から出せないかと考え、エレクトリックアコースティックギターに採用されていたSRT技術を応用して生まれたのが『SRTパワードシステム』です。これはサンプリング音源を鳴らすのではなく、楽器本体に搭載されたピックアップからのアナログ出力に響きを加えることで、奏者なりの表現を再現するものです。開発ではトライ&エラーを延々と繰り返し、試作品でも小さいジャズクラブでドラム、ピアノ、管楽器などの生音と合わせてみたり、大きめの会場でPAを通して演奏してみたりといろいろ試し、音を完成させました」

SRTパワードシステムの概念説明のためのイメージ図で、実際の周波数特性とは異なります。

さらにSRTパワードシステムで生まれた響きや音質は、3種類のマイクタイプの選択と、本体のピックアップからの信号とマイク信号のブレンドの調整、「SLB300」に特化した周波数特性をもつイコライザー(バス・トレブル)のコントロールによって、奏者の思い通りの音づくりをすることができます。

“弾き心地”については、楽器本体の音質・響きがより自然に、豊かになったことで、奏者の手に返ってくるフィードバックがアコースティックベースに近づきました。また楽器が回転しにくい重心設定や、駒、指板、ネックなどのパーツをアコースティックベースと同じ位置に配置した構造は、前モデルからそのまま引き継がれています。

加えて、サイレントベースならではの可動性に優れたコンパクトボディや、楽器に最適なピックアップシステム&プリアンプを搭載し、ライブハウスやスタジオで細かい調整なく機材に接続できるところは奏者にとって嬉しいポイント。
「練習用の楽器として使っていただくのも嬉しいですが、ライブステージや、宅録も含めた音楽制作などにもぜひ使ってほしいですね」と田村さん。

音質や演奏性の向上で、ピチカート奏法はもちろん、弓弾きでも奏者のイメージする表現に応えてくれる「SLB300」。ジャズ奏者の方はもちろん、クラシック奏者の方も一度手に取ってみてはいかがでしょうか。

(写真左)ネックが手に馴染みやすいよう、背面は塗膜の薄いオイルフィニッシュ調仕上げになっています。(写真右)持ち運びに便利なソフトケースが付属しています。


世界的なベーシストたちが語る ヤマハサイレントベース「SLB300」

■サイレントベース「SLB300」

自然な音と響きを実現した、全く新しいタイプのエレクトリックアップライトベース。

詳細はこちら

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:藤田真央さん「底辺にある和音の上に内声が乗り、そこにポーンとひとつの音を出す。その響きの融合が理想の音です」

7472views

音楽ライターの眼

『ヤマハのオト〜奏でる匠のオト〜Ⅲ』アルバムレヴュー

1601views

ピアニカ

楽器探訪 Anothertake

ピアニカで音楽好きの子どもを育てる

10102views

バイオリンを始める時に知っておきたいこと

楽器のあれこれQ&A

バイオリンを始める時に知っておきたいこと

5986views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:独特の世界観を表現する姉妹のピアノ連弾ボーカルユニットKitriがフルートに挑戦!

2028views

オトノ仕事人

アーティストの個性を生かす演出で、音楽の魅力を視聴者に伝える/テレビの音楽番組をプロデュースする仕事

529views

ザ・シンフォニーホール

ホール自慢を聞きましょう

歴史と伝統、風格を受け継ぐクラシック音楽専用ホール/ザ・シンフォニーホール

13382views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

4021views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

7983views

スイング・ビーズ・ジャズ・オーケストラのメンバー

われら音遊人

われら音遊人:震災の年に結成したビッグバンド、ボランティア演奏もおまかせあれ!

2956views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

いまやサクソフォンは趣味となったが、最初は映画音楽だった

4323views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

21129views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若手サクソフォン奏者 住谷美帆がバイオリンに挑戦!

4680views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

8581views

音楽ライターの眼

連載7[ジャズ事始め]民間初の常設舞踏場が担った日本のジャズ文化発信

1335views

音楽市場を広げたい、そのために今すべきこと/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽市場を広げたい、そのために今すべきこと/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事(後編)

5098views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブル仲間が集う仲よしサークル

5417views

【楽器探訪 Another Take】人気のカスタムサクソフォンが13年ぶりにモデルチェンジ

楽器探訪 Anothertake

人気のカスタムサクソフォンが13年ぶりにモデルチェンジ

7308views

アクトシティ浜松 中ホール

ホール自慢を聞きましょう

生活の中に音楽がある町、浜松市民の音楽拠点となる音楽ホール/アクトシティ浜松 中ホール

8773views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

贅沢な、サクソフォン初期設定講習会

3894views

楽器のあれこれQ&A

モチベーションがアップ!ピアノを楽しく効率的に練習するコツ

30163views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

7406views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

17700views