Web音遊人(みゅーじん)

連載12[ジャズ事始め]フィリピンが“ジャズ・ミュージシャン養成所”となったのは大航海時代の植民地支配が関係していた?

大航海時代と呼ばれる16世紀前半、領土拡大政策を採った欧州列強は、西へ東へと艦隊や商船を派遣して、植民地化を進めていくようになる。

東南アジアも、列強の盟主だったスペインやポルトガルによって次々と統治されるようになった。

フィリピンは、1565年にセブ島がスペインの領有となったのを皮切りに、1571年にはルソン島のマニラをはじめ大部分がその支配下に置かれ、以降300年以上にわたりスペインの植民地だった。

東南アジアのヨーロッパ植民地化は、ヨーロッパの文化をこの地域に運んで根付かせるということでもあった。もちろん、音楽も例外ではない。

ジャズ前史時代のフィリピンで、東南アジアの土着音楽だけでなく、南ヨーロッパの音楽が一般的に知られていたことは、この国の出身者にとって後々かなりのアドヴァンテージになったのではないだろうか。

さて、フィリピンの音楽シーンにとってさらなる転機となったのは1898年。パリ条約によって統治権がスペインからアメリカ合衆国に譲渡され、今度はアメリカ文化がなだれ込むことになったのである。

20世紀を迎えるころのアメリカ合衆国では、ご存じのようにジャズが流行し始めていて、フィリピンもジャズのムーヴメントに巻き込まれていく。

もともとスペイン統治時代にヨーロッパ音楽に親しんでいたこともあって、フィリピン人にとって西洋風の音楽は未知のものではなかったのだから、ジャズがなだれ込んできてもすぐに馴染むことができたのは想像に難くない。

ちなみにスペインでは、17世紀ごろから民俗音楽の作風を取り入れた独自様式の国民オペラが流行していた。また、19世紀にはパブロ・デ・サラサーテ作曲のヴァイオリン独奏曲「ツィゴイネルワイゼン」に見られるような、ロマ音楽の影響を受けた室内楽を発展させたことなどからも、ドイツやオーストリア、またはイタリアやフランスといった“クラシック音楽のメインストリーム”とは系統の違う音楽的志向のあった国だと考えられる。

こうした志向性の違いが、植民地のフィリピンでも独特のクラシック音楽観(すなわちアンチ・クラシック音楽至上主義)と教育スタイルを生み、ジャズを受け容れやすい環境にもつながったのだと考えてみると、ジャズとのつながりが強まる感じがして、興味深くなるのではないだろうか。

一方の“ジャズを持ち込んだ”アメリカ合衆国のほうは、統治したフィリピンを足がかりにして、分割が進められていた中国最後の王朝・清の動向に関心をもつようになっていく。

アメリカ合衆国の興味が東へと延びたことで、ジャズ、そしてそれを演奏するフィリピンのジャズ・ミュージシャンも東へと移動することになったのは当然の成り行きだったのだろう。

そこで次回は、その新たな興味の対象となった清(中国)・上海のジャズ事情を取り上げてみたい。

「ジャズ事始め」全編 >

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

特集

今月の音遊人:新妻聖子さん「セリーヌ・ディオンの歌声を聴いたとき、私がなりたいのはこれだ!と確信しました」

今月の音遊人

今月の音遊人:新妻聖子さん「あの歌声を聴いたとき、私がなりたいのはこれだ!と確信しました」

13499views

音楽ライターの眼

2021年はサン=サーンスの没後100年のメモリアルイヤー

882views

ピアニカ

楽器探訪 Anothertake

ピアニカで音楽好きの子どもを育てる

9191views

日ごろからできるピアノのお手入れ

楽器のあれこれQ&A

日ごろからできるピアノのお手入れ

46910views

大人の楽器練習記:バイオリニスト岡部磨知がエレキギターを体験レッスン

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:バイオリニスト岡部磨知がエレキギターを体験レッスン

14472views

楽器博物館の学芸員の仕事 Web音遊人

オトノ仕事人

楽器のデモンストレーション、解説、管理までをこなすマルチプレイヤー/楽器博物館の学芸員の仕事(前編)

6421views

札幌コンサートホールKitara - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

あたたかみのあるデザインと音響を両立した、北海道を代表する音楽の殿堂/札幌コンサートホールKitara 大ホール

12651views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

3820views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

19192views

われら音遊人

われら音遊人:みんなの灯をひとつに集め、大きく照らす

2542views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

あれから40年、おかげさまで「音」をはずさなくなりました

2912views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

5740views

バイオリニスト石田泰尚が アルトサクソフォンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】バイオリニスト石田泰尚がアルトサクソフォンに挑戦!

7969views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

14537views

なぜジャズのハードルは下がらないのか?vol.1

音楽ライターの眼

なぜジャズのハードルは下がらないのか?vol.1

8622views

オトノ仕事人

コンサートの音の責任者/サウンドデザイナーの仕事

6634views

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

われら音遊人

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

6327views

懐かしのピアニカを振り返る

楽器探訪 Anothertake

懐かしのピアニカを振り返る

10038views

ホール自慢を聞きましょう

ウィーンの品格と本格派の音楽を堪能できる大阪の極上空間/いずみホール

2511views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

だから続けられる!サクソフォンレッスン10年目

2698views

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!トランペットをうまく鳴らすコツと練習方法

41572views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

3451views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

19848views