Web音遊人(みゅーじん)

多彩な活動の源は、音楽に対する尽きることのない探究心/伊藤ゴローインタビュー

多彩な活動の源は、音楽に対する尽きることのない探究心/伊藤ゴロー インタビュー

ギタリスト、作曲家、そしてプロデューサーとして活動する伊藤ゴロー。ボサノヴァ・デュオのnaomi & goroやクラシカルな薫りも漂うソロ・プロジェクト、そして、原田知世をはじめとするアーティストたちへのポップセンスを全開させたプロデュースワーク。そしてテレビ番組や映画への楽曲提供と、多方面で活躍している。

彼が初めてギターを手にしたのは中学生の時で、実は全くの独学なのだという。
「最初は、おじさんからもらったフォークギターを見よう見まねでいじっていました。当時好きだったビートルズとかを弾いてみたいなと思って。父は音楽好きだったけれど、なぜかギターは習わせてもらえなかった。だから最初は何をどうすればいいのか…。自分は左利きなのですがギターは右利き用なので、まずは右手で弦を弾けるようにするところから始めました。そこでいきなり曲も作ってみたんですよ。今から思えばチューニングも自分仕様だったけど、どこかブルージーな曲ができたのを憶えています(笑)」
ギターに関する情報は、友人と交換し合った。特に小学校からの友人がクラシックギターを習っていて、いろいろ教えてもらったとか。「彼はいまもギターを弾いていて、アマチュアのコンクールで入賞もしているんですよ。先日、帰郷した時にすごく久しぶりに会って、一緒に演奏もしました。嬉しかったですね」

小学校時代からの友人の檜山(ひやま)さん。伊藤の家でクラシックギターのレコードを聴いたのがギターを始めたきっかけなのだとか。(写真提供:伊藤ゴローさん)

ボサノヴァは幼い頃から興味を持って聴いていたけれど、ギタリストとして本腰を入れて取り組んだのは20代の後半になってからだという。
「当時はまだYouTubeのようなものもなくて、どうやって弾いているのかも分からない。だからとにかく音源を聴いては音を探っていく。その繰り返しでした。『いまカサって弦がこすれる音がしたから、こんな感じで手が動いているんじゃないか』なんて考えながらやっていましたね」

ブラジルでの録音を体験したのは2009年。naomi & goroでリオに飛んだ。
「現地の人たちが自分の音楽をどう評価するのか知りたかったし、彼らがどうレコーディングをしているのかも興味があって、とにかく行ってみようと思いました」
そこで出会ったのが、チェリストのジャキス・モレレンバウム。アントニオ・カルロス・ジョビン、カエターノ・ヴェローゾや坂本龍一との共演で知られる彼は、同じくレコーディングに参加していた坂本の紹介で伊藤らと共演することになったのだ。「ジャキスはブラジル音楽界のマエストロで、自分もすごく尊敬する音楽家。もう一緒に演奏するだけで感激でした」
その後も2人は2012年に東京の草月会館でデュオコンサートを、2014年8月にはブルーノート東京で、ジャキスの妻でボーカリストのパウラ・モレレンバウムも加えた3人でスペシャルライブを行った。伊藤とモレレンバウムの名義で発表された最新アルバム『ランデヴー・イン・トーキョー』は、そのライブの後、改めてレコーディングされたものである。

多彩な活動の源は、音楽に対する尽きることのない探究心/伊藤ゴロー インタビュー

2015年3月21日(土)にはヤマハ銀座ビルで〈伊藤ゴローBOSSA NOVA ギターワークショップ in GINZA Vol.3〉を開催予定。そして、2015年4月29日(水・祝)(19:30~20:43)に放映されるNHK特集ドラマ『紅雲町珈琲屋こよみ』では劇伴音楽を担当する。と同時に現在、原田知世の新しいアルバムの制作中でもあり、その活動内容は実に多彩だ。
「ボサノヴァは本当に大好きな音楽で、多くのことを教えてもらったけれど、ボサノヴァを弾くことだけが自分の最終形では決してないと思っているんです」
彼の音楽に対する探究心は尽きることがない。
「好きなことはとことん徹底する。自分がいいなと思う方向に全力で取り組むことがいい結果につながると信じてやっています」
これからも伊藤ゴローの創りだす音楽には要注目だ。

■作品紹介

『ランデヴー・イン・トーキョー』
伊藤ゴロー+ジャキス・モレレンバウム
発売元:ユニバーサル ミュージック
価格:3,000円(税抜) 発売中
ランデヴー・イン・トーキョー

■伊藤ゴローBOSSA NOVA ギターワークショップ in GINZA Vol.3

日時:2015年3月21日(土)※時間はコースによって異なります
場所:ヤマハ銀座コンサートサロン(東京都中央区銀座7-9-14 ヤマハ銀座ビル6F)
料金:各3,000円(税込)
受講コース:初級・中級・上級
詳しい内容やお申し込みはこちら


伊藤ゴローボサノヴァギターワークショップ in GINZA Vol.3中級WAVEサンプル

伊藤ゴローボサノヴァギターワークショップ in GINZA Vol.3上級Um Abraço no Bonfáサンプル

■伊藤ゴロー オフィシャルサイト

http://itogoro.jp/

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:石川さゆりさん「誰もが“音遊人”であってほしいですし、音楽を自由に遊べる日々や生活環境であればいいなと思います」

907views

音楽ライターの眼

映画「グリーンブック」で感じた“ジャズ”と“クラシック”の高い壁

1476views

ピアニカ

楽器探訪 Anothertake

ピアニカで音楽好きの子どもを育てる

4821views

日ごろからできるピアノのお手入れ

楽器のあれこれQ&A

日ごろからできるピアノのお手入れ

39507views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目のピアノデュオ鍵盤男子の二人がチェロに挑戦!

3055views

コレペティトゥーアのお仕事

オトノ仕事人

高い演奏技術と幅広い知識で歌手の表現力を引き出す/コレペティトゥーアの仕事(前編)

7431views

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、新時代へ発信する刺激的なコンテンツを/東京芸術劇場 コンサートホール

ホール自慢を聞きましょう

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、刺激的なコンテンツを発信/東京芸術劇場 コンサートホール

6714views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

2719views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

4564views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:音楽は和!ひとつになったときの達成感がいい

2852views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

2508views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

4288views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:和洋折衷のユニット竜馬四重奏がアルトヴェノーヴァのレッスンを初体験!

1172views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

12646views

神保彰 ワンマンオーケストラ - Web音遊人

音楽ライターの眼

たったひとりで聴かせる驚異のオーケストラマジックに、聴衆は釘づけ!/神保彰 ワンマンオーケストラ2017 ~GINZA DE JIMBO~

6453views

弦楽器の調整や修理をする職人インタビュー(前編)

オトノ仕事人

見えないところこそ気を付けて心を配る/弦楽器の調整や修理をする職人(後編)

5383views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブル仲間が集う仲よしサークル

3519views

エレクトーンに新風を吹き込んだ「ステージア」

楽器探訪 Anothertake

エレクトーンに新風を吹き込んだ「ステージア」

13760views

ホール自慢を聞きましょう

歴史ある“不死鳥の街”から新時代の芸術文化を発信/フェニーチェ堺

1565views

山口正介 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

この感覚を体験すると「音楽がやみつきになる」

3488views

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!トランペットをうまく鳴らすコツと練習方法

3606views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

3581views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

15708views