Web音遊人(みゅーじん)

作曲家たちの創造精神はとてつもなく大きく、弾くたびに胸ぐらをつかまれるよう/五嶋龍インタビュー

ひとつのコンサート、音楽、演奏がとても大切なものに思えてくる2020年。秋以降にはその機会が少しでも多いことを願うばかりだが、それは聴き手だけではなく送り手である音楽家も同様だろう。

ニューヨーク在住のバイオリニストである五嶋龍は、日本でのコンサートツアーを行う中で常に新しい曲へと挑み、新鮮でライブ感のある演奏を聴かせてくれている。特に2020年は、7歳のときに札幌での「パシフィック・ミュージック・フェスティバル」においてコンサート・デビューを果たしてから、25周年となるアニバーサリー・イヤー。本来なら5月にフィンランド放送交響楽団の日本ツアーに同行するはずだったのだが、ツアー自体が中止になってしまったため、ますます11~12月のツアーが貴重なものとなった。

「COVID-19(新型コロナウイルス)の猛威に対峙して、音楽や音楽家のできることは述べるに足らないものだと思いますが、医療関係者やワクチン・薬の発明に従事する研究者の方たちがホッとする時間を過ごすとき、脳裏に浮かぶ音楽を提供した音楽家は報われたでしょうね。どのような場合でも体力と精神力による免疫力を高めるため、ストレスを一蹴する手段として音楽が存在するのは確かです」

ウイルスの猛威にさらされたニューヨークで生活する上で、音楽の社会的な存在意義についてはそれぞれの立場からさまざまな考えがあるだろう。五嶋龍はそうした中で「健康で、なるべく他人に心配や迷惑をかけずに生活をすること」に努めたという。

そうした五嶋が、共演歴も長く強い信頼関係で結ばれたマイケル・ドゥセク(ピアノ)と行う日本でのコンサートツアーは、2020年7月の時点で2つの作品が演奏予定曲としてアナウンスされている。1曲は数多くの映画やテレビ・ドラマ等の音楽で観る者に深い感動を与えてきた作曲家、岩代太郎による映画『Fukushima50』からの音楽。そしてもう1曲は、ブラームスが50代の時の充実作であるバイオリン・ソナタ第3番だ。

岩代作品は、彼が音楽を手掛けた映画『Fukushima50』(2020年公開。東日本大震災と福島第一原発を題材にした作品)のサウンドトラックに五嶋が参加しているという縁もあり、独特の深みをもった“岩代サウンド”による音楽が期待できる。

「映画は5回観ましたが、何度観ても感動的ですし、登場人物たちの命をかけて信念を貫く姿勢は勇気というより神々しさを感じます。岩代先生の音楽は言うまでもなくこの映画のために書かれましたが、COVID-19のもたらしている現在の状況を思うとき、この音楽がバックグラウンドに流れます。そのたびに、哀愁の中に秘められた平和への願いは世界共通だと再認識しますね。映画はドキュメンタリーとしての要素も強い内容ですから、サウンドトラックでの演奏ではあくまでも冷静に、淡々と弾くことを心がけました。でもコンサートでは、お客様の一人一人が音楽を聴きながらそれぞれの映像を心に描きあげてもらうことになるでしょうから、ドラマティックな弾き方になるかもしれませんね」

一方のブラームスは哀愁を帯びたニ短調の響きに始まり、全4楽章の中でピアノとの濃密な対話が繰り広げられる音楽。演奏する立場としては、どういった部分に注目し、完成時(1888年)は55歳だったブラームスの心情などに思いを馳せるのかなども気になる。

「作曲者の人柄などについては、あまり考えません。ブラームスのバイオリン協奏曲もすばらしいと思いますし、ベートーヴェン、モーツァルト、イザイの作品もいい。ただ、ずいぶん以前に生きた作曲家たちの作品ですから、彼らが思い描いていたものと現代に生きる僕との感覚のずれはあるでしょう。でも、それぞれの曲にある創造の精神はとてつもなく大きなもので、弾くたび、そして聴くたびに胸ぐらをつかまれるような思いがするのです」

コンサートホールの客席に座る私たちには、2人の音楽家がその場、その時に創造する世界を心から慈しみ、大切な時間を過ごすという楽しみが待っている。「五嶋さんにとって理想的なバイオリンの音はどういうものか?」という質問を投げかけてみたのだが、その答えは「自分が文句なしに好きな音」というシンプルなものだった。つまり今回のコンサートは「五嶋龍の好きな音」を共有できる空間、そして時間となるのだろう。

■インフォメーション

KADOKAWA presents 五嶋龍 デビュー25周年リサイタル・ツアー

2020年
11月21日(土)函館市芸術ホール(北海道)
11月22日(日)福島市音楽堂(福島県)
11月23日(月・祝)山形テルサ(山形県)
11月25日(水)アイム・ユニバース てだこホール(沖縄県)
11月27日(金)ところざわサクラタウン ジャパンパビリオン(埼玉県)
11月28日(土)宇部市渡辺翁記念会館(山口県)
11月29日(日)三原市芸術文化センター ポポロ(広島県)
11月30日(月)アクトシティ浜松(静岡県)
12月2日(水)YCC県民文化ホール(山梨県立県民文化ホール)(山梨県)
12月3日(木)サラマンカホール(岐阜県)
12月6日(日)リンクモア平安閣市民ホール(青森市民ホール)(青森県)
12月7日(月)サントリーホール(東京都)

出演:五嶋龍(バイオリン)、マイケル・ドゥセク(ピアノ)
曲目:岩代太郎/「Fukushima 50」楽曲より、ブラームス/ヴァイオリンとピアノのためのソナタ第3番 ニ短調Op.108 ほか(予定)

最新の公演情報やチケット販売についてはオフィシャルサイトでご確認ください。
オフィシャルサイトはこちら

特集

今月の音遊人 押尾コータロー

今月の音遊人

今月の音遊人:押尾コータローさん「人は誰もが“音で遊ぶ人”、すなわち“音遊人”なんです」

16368views

なぜジャズのハードルは下がらないのか?vol.5

音楽ライターの眼

なぜジャズのハードルは下がらないのか?vol.7

4603views

マーチングドラム

楽器探訪 Anothertake

これからのマーチングドラム ~楽器の進化の可能性~

11902views

楽器のあれこれQ&A

目的別に選ぼう電子ピアノ「クラビノーバ」3シリーズ

2718views

コハーン・イシュトヴァーンさん Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ハンガリー出身のクラリネット奏者コハーン・イシュトヴァーンがバイオリンを体験レッスン!

10072views

オトノ仕事人

音楽フェスのブッキングや制作をディレクションする/イベントディレクターの仕事

12834views

しらかわホール

ホール自慢を聞きましょう

豊潤な響きと贅沢な空間が多くの人を魅了する/三井住友海上しらかわホール

13529views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

13641views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

30423views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:仕事もバンドも、常に真剣勝負!

9548views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.8 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

初心者も経験者も関係ない、みんなで音を出しているだけで楽しいんです!

5165views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

25035views

今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

8580views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

13745views

マリア・カラス

音楽ライターの眼

『マリア・カラス 伝説の東京コンサート1974』が映像アップコンバート&最新リマスター音源で登場

6394views

江藤裕平

オトノ仕事人

音楽ゲームの要となるリズムノーツをつくる専門家/『太鼓の達人』の譜面制作の仕事

8101views

われら音遊人 リコーダー・アンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:お茶を楽しむ主婦仲間が 音楽を愛するリコーダー仲間に

7799views

P-515

楽器探訪 Anothertake

ポータブルタイプの電子ピアノ「Pシリーズ」に、リアルなタッチ感が得られる木製鍵盤を搭載したモデルが登場!

32899views

アクトシティ浜松 中ホール

ホール自慢を聞きましょう

生活の中に音楽がある町、浜松市民の音楽拠点となる音楽ホール/アクトシティ浜松 中ホール

14254views

山口正介 Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

マウスピースの抵抗?音切れ?まだまだ知りたいことが出てくる、そこが面白い

5749views

楽器のあれこれQ&A

目指せ上達!アコースティックギター初心者の練習方法とお悩み解決

98113views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

7384views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

29615views