Web音遊人(みゅーじん)

母親になった目線で歌いたい世界がある『虫のつぶやき』/荻野目洋子インタビュー

荻野目洋子自らが作詞作曲を手がけた新曲『虫のつぶやき』。2020年8月~9月に「NHKみんなのうた」で放送されるとともに、配信シングルがリリースされて話題を呼んでいる。
『ダンシング・ヒーロー』のリバイバルヒットでも、変わらぬ高い歌唱力とキレのあるダンスを見せてくれた荻野目だが、今回の楽曲はほのぼのとしていてキュート。新たな魅力を存分に感じさせてくれる。

虫の目線で描いたユーモラスで深い作品

『虫のつぶやき』は、虫の生態を虫の視点から描いたユーモラスな作品だ。軽快なウクレレの音色にのせた歌詞とメロディー。すっと耳になじみ、明るく楽しい気分にさせてくれる。しかし、そこには命の輝きとともに儚さや切なさも宿る。だから、心に響くのだろう。

荻野目の歌が「NHKみんなのうた」で放送されるのは、1988年の『ジャングル・ダンス』(作詞:森正和/作曲:小室哲哉)以来、32年ぶり。今回オファーがあった際に確定していたのは荻野目が歌うということのみであり、まっさらな状態からのスタートだった。
「最初の打ち合わせが終わったあと、アイデアがどんどんわいてきて。前回とはまったく違う、母親になった目線で歌いたい世界があります、と自分からプレゼンしたんです」
数時間で曲ができたと荻野目は笑う。それにしても、なぜ虫?
「幼いころから、虫の観察が好きだったんです。本も読んだりして、虫の世界の厳しさや長い年月をかけて進化してきた生き様にロマンを感じていました。子どもながらに、生きるということをたくさん教えてもらいました」
母親になってからは、娘たちとバッタやトンボを捕まえては一緒に観察。しかし最近では子どもばかりか親までも“虫離れ”しているという話を耳にして、何とも切ない気持ちに。
「子どものころに自分が虫を見ながら感じていたことを、今なら歌詞やメロディーにできると思いました」
唯一無二の世界観を紡ぐ歌詞のなかでも、とくにお気に入りのフレーズは「この世で一番美しいのは 新しい朝を生きることさ」だとか。
「私はずっと第一線で活動し続けてきたわけではないのに、再びスポットライトを浴びさせてもらっていて、そこには何らかの意味があるはずだと思ったんです。生きているものは必ず死ぬわけですが、死ぬまでにどんなふうに生きていきたいのか。子どものころからそんなことを考えていました。この歌を通して、そうしたことを伝えるのが自分の役割のような気がしています」

ウクレレとの出合いで音楽に対する考え方にも変化が

『虫のつぶやき』は、ウクレレ弾き語りであることも魅力のひとつだ。ウクレレ歴約15年の荻野目はライブでウクレレを披露したり、ウクレレ雑誌の表紙を飾ったりとウクレレ奏者としても注目される。
「20代でギターを始めたのですが、コードを押さえるのが難しくて挫折してしまいました。3人の子育て中に 短い時間で気分転換したり、自分を癒したりできる楽器をやろうと思ったんです。ウクレレは大きさも手ごろで、音もすぐに出せますし」
ウクレレを始めたことで、音楽に対する考えも変わっていったという。
「弾き語りができるようになったことが一番大きかったと思います。それまでの私は歌うことばかり考えていたのですが、楽器が奏でるリズムやメロディーとかみ合ってこそ歌が生きてくることを再発見しましたね」
今回の弾き語りで使っているのは、アメリカのブランド「ロメロ・クリエイションズ」のウクレレだ。
「ライブツアーでは、 ずっとロメロを愛用しています。音がまろやかで深く、包み込んでくれるような温かさを感じます。いまは特別にペイントした 世界でたった1台のウクレレを使っていて、すごく気に入っています」

ウクレレは楽曲づくりでも大活躍。曲づくりは、はかどっているそう 。
「これからも自然体で、自分の言葉で作品を出していきたいと思っています」
コロナ禍でライブ活動がままならない今、SNSなどでも積極的に発信している。YouTubeでは、弾き語り完奏への道の動画も公開されているので、こちらも要チェック!


荻野目洋子「虫のつぶやき」ウクレレ完奏への道

■インフォメーション

『虫のつぶやき』(配信限定)

配信元:ビクターエンタテインメント
発売日:2020年8月5日
詳細はこちら
オフィシャルサイトはこちら

オフィシャルFacebook YouTube公式チャンネル オフィシャルTwitter オフィシャルInstagram

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:小曽根真さん「音楽は世界共通語。生きる喜びを人とシェアできるのが音楽の素晴らしさ」

16476views

音楽ライターの眼

KISSが2019年12月に来日。最高最後のロックンロール・パーティーが始まる

6207views

エレクトーンに新風を吹き込んだ「ステージア」

楽器探訪 Anothertake

エレクトーンに新風を吹き込んだ「ステージア」

16715views

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!トランペットをうまく鳴らすコツと練習方法

54331views

今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

5471views

マイク1本から吟味して求められる音に近づける/レコーディングエンジニアの仕事(前編)

オトノ仕事人

マイク1本から吟味して求められる音に近づける/レコーディングエンジニアの仕事(前編)

9788views

ホール自慢を聞きましょう

地域に愛される豊かな音楽体験の場として京葉エリアに誕生した室内楽ホール/浦安音楽ホール

4448views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

3634views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

8815views

スイング・ビーズ・ジャズ・オーケストラのメンバー

われら音遊人

われら音遊人:震災の年に結成したビッグバンド、ボランティア演奏もおまかせあれ!

2953views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォン教室の新しいクラスメイト、勝手に募集中!

3036views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

5990views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:若き天才ドラマー川口千里がエレキギターに挑戦!

6471views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

19965views

2019年4月、エリック・クラプトン来日。アメリカからイギリス、そして日本に流れ込むブルースの潮流

音楽ライターの眼

2019年4月、エリック・クラプトン来日。アメリカからイギリス、そして日本に流れ込むブルースの潮流

7535views

誰でも自由に叩けて、皆と一緒に楽しめるのがドラムサークルの良さ/ドラムサークルファシリテーターの仕事(後編)

オトノ仕事人

リズムに乗せ人々を笑顔に導く/ドラムサークルファシリテーターの仕事(後編)

4261views

われら音遊人:年齢も職業も超えた仲間が集う 結成30年のビッグバンド

われら音遊人

われら音遊人:年齢も職業も超えた仲間が集う、結成30年のビッグバンド

5266views

楽器探訪 Anothertake

ピアノならではのシンプルで美しいデザインと、最新のデジタル技術を両立

4810views

人が集まり発信する交流の場として、地域活性化の原動力に/いわき芸術文化交流館アリオス

ホール自慢を聞きましょう

おでかけ?たんけん?ホール独自のプランで人々の厚い信頼を獲得/いわき芸術文化交流館アリオス

4142views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

音楽知識ゼロ&50代半ばからスタートしたサクソフォンのレッスン

4334views

楽器のあれこれQ&A

いまさら聞けない!?エレクトーン初心者が知っておきたいこと

4682views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

2709views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

21107views