Web音遊人(みゅーじん)

連載24[ジャズ事始め]1950年代中頃に穐吉敏子を失望させた日本のジャズ・シーンの風潮とはなんだったのか?

前稿で、穐吉敏子が「日本のジャズに対する反応に失望した」と書いた。

穐吉敏子が渡米した前後=1950年代中頃および1960年代初頭の日本でジャズが受け容れられていなかったのであれば、彼女の失望についてもあまり深く考えずに済んだかもしれない。

ところが、1950年代中頃も1960年代初頭もともに、日本ではジャズが熱狂的に受け容れられていたことが記録として残されている。

つまり、穐吉敏子は単純に「日本でジャズを生業としていても仕方がない」と、マーケットの薄さに失望して渡米したのではないということだ。

彼女の失望はそれぞれ、1950年代中頃はスタイルの違い、1960年代初頭は日本人がジャズを演奏することに対する認識の低さ──と、原因が異なっていた。

1950年代中頃の日本のジャズ・ブームは、1945年の終戦と同時にアメリカからの音楽輸入が解禁となったことに起因している。

そのため、お手本は1940年代のヒット・チャートを飾っていたスタイルであり、具体的にはスウィングと呼ばれるものだった──と思っていた。

ボクはこのあたりのジャズの線引きについて、それまで書かれたものを鵜呑みにして漠然と「そういうものだ」と理解したつもりでいたのだけれど、いわゆるスウィングの代表的なベニー・グッドマン、デューク・エリントン、カウント・ベイシー、グレン・ミラーといったアーティストたちが遺した音源を聴くと、ビバップに匹敵する芸術性があって、穐吉がこれを追求に値せずと打ち捨てたことはなんだかしっくりこなかったのだ。

それが最近、野川香文『ジャズ音楽の鑑賞』(シンコーミュージック・エンタテイメント刊)という、1948年に出版された“日本初のジャズ評論集”の復刻版を読んでいて、そのモヤモヤを晴らしてくれるかもしれないキーワードを見つけることができた。

“スウィート・ジャズ”というサブ・ジャンルがそれだ。

1920年代中頃に注目されるようになったスウィート・ジャズは、ラジオの普及とあいまって全米へ広まり、この後のおよそ10年にわたって“黄金期”と呼ばれるほどの隆盛を極めることになった。ポール・ホワイトマンを代表格とするそのスタイルは、スウィングが台頭する1930年代半ばあたりから勢いを失っていったが、いわゆる“わかりやすく大衆受けのいい音楽”として、アメリカ文化を象徴するものであったことは想像に難くない。

戦後、日本人が“アメリカのジャズ”として親しんだのは、戦前の面影を遺したこのスウィート・ジャズのほうであり、日本のミュージシャンはそれをお手本にすることで、ムーヴメントを巻き起こすことができたのではないだろうか。

それはつまり、日本のミュージシャンたちは生活の糧とするために、スウィングやビバップのような芸術性よりも大衆受けする音楽を優先したことを意味し、それが穐吉敏子の失望につながっていたと考えれば腑に落ちる。

穐吉敏子は“生活の糧”ではなく“芸術性”を選ぶために渡米した。ところが、凱旋した彼女を新たな失望が襲うことになる。その“原因”については次回。

「ジャズ事始め」全編 >

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:村治佳織さん「自分が出した音によって聴き手の表情が変わったとき、音楽の不思議な力を感じます」

8348views

音楽ライターの眼

ロイクソップ『プロファウンド・ミステリーズ』三部作がいざなう時空を超えたタイム・ワープ

1533views

楽器探訪 Anothertake

目指したのは大編成のなかで際立つ音と響き「チャイム YCHシリーズ」

9901views

フルート

楽器のあれこれQ&A

初心者にもよくわかる!フルートの種類と選び方

20710views

コハーン・イシュトヴァーンさん Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ハンガリー出身のクラリネット奏者コハーン・イシュトヴァーンがバイオリンを体験レッスン!

9852views

オトノ仕事人

深く豊かなクラシックの世界への入り口を作る/音楽ジャーナリストの仕事

4212views

グランツたけた

ホール自慢を聞きましょう

美しい歌声の響くホールで、瀧廉太郎愛にあふれる街が新しい時代を創造/グランツたけた(竹田市総合文化ホール)

6797views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

8903views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

21733views

われら音遊人

われら音遊人:大学時代の仲間と再結成大人が楽しむカントリー・ポップ

4202views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

あれから40年、おかげさまで「音」をはずさなくなりました

4418views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24700views

大人の楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

11112views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

23383views

2017年ゴールデンウィーク直前を彩った日本武道館3連戦/ポール・マッカートニー、ドゥービー・ブラザーズ、サンタナ

音楽ライターの眼

2017年ゴールデンウィーク直前を彩った日本武道館3連戦/ポール・マッカートニー、ドゥービー・ブラザーズ、サンタナ

4989views

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

5824views

スイング・ビーズ・ジャズ・オーケストラのメンバー

われら音遊人

われら音遊人:震災の年に結成したビッグバンド、ボランティア演奏もおまかせあれ!

5509views

P-515

楽器探訪 Anothertake

ポータブルタイプの電子ピアノ「Pシリーズ」に、リアルなタッチ感が得られる木製鍵盤を搭載したモデルが登場!

32441views

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、新時代へ発信する刺激的なコンテンツを/東京芸術劇場 コンサートホール

ホール自慢を聞きましょう

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、刺激的なコンテンツを発信/東京芸術劇場 コンサートホール

12096views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.8 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

初心者も経験者も関係ない、みんなで音を出しているだけで楽しいんです!

5043views

暖房

楽器のあれこれQ&A

ピアノを最適な状態に保つには?暖房を入れた室内での注意点や対策

54558views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

7175views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9585views